ログイン
米国株
2021年8月21日 8時00分
市況

【植木靖男の相場展望】 ─信用買い残の減少待ちか

「信用買い残の減少待ちか」

●再確認したいテーパリングの中身

日経平均株価は7月中旬から8月上旬での中段の保ち合いを下に放れてきた。これで20年3月から本年2月まで騰げに騰げた上昇相場が終焉したことが確定的となった。

本年1月からの買い玉が統計的にはすべて損になったのである。

確かに市場環境からいえば苦しい状況が続く。いま3つの変数が顕在化している。1つはコロナワクチンの接種率の上昇だ。市場では欧米の例にならって1回目の接種率が60%になればノーマスク、つまりコロナ禍での経済正常化になるとみていたが、変異株の感染拡大で70%以上に変わったとの見方である。線引きはともかく接種率の上昇は株価にとってプラス材料だ。一方、ここへきて感染者数の爆発的な増加が続いている。これは先行きの景気に影響を与えよう。株価にはマイナス材料である。

いまはこのプラス、マイナス材料のせめぎ合いだが、印象では感染者の増加の方がスピードで勝っているようだ。

となると、3つめの変数である米国株。米国市場はいまだに崩れていない。ただ、この先さらに史上最高値の更新を続けられるのかどうか。世界の株価はもとより日本株にも大きな影響をもたらすだけに注視したい。目下、テーパリング(量的金融緩和の段階的縮小)への警戒感があるが、再確認しておきたいのはその中身だ。「テーパリング=金融引き締め」ではない。いまの月額1200億ドルの債券購入をどのくらい減らすかであり、テーパリング後でも余剰資金は積み上がっていくのである。

さて、需給面で触れなければならないのは、信用買い残の動向である。20年3月の大暴落では僅か2カ月で30%も信用買い残が減少した。それだけにその後、株価は急反発している。しかし、今回はたった6%しか減少していない。つまり、遅々として信用買い残の整理は進んでいないのだ。先行きのためにも、どうしても買い残の急減が待たれるところだ。

●第一三共を軸に医薬品株に注目

では、当面の株価はどう動くのか。米国株については、やはり8月26~28日のジャクソンホールでのFRB議長の発言、テーパリングの具体論に注目が集まろう。日本株にとって米国株動向が最大のカギとなる。ジャクソンホールを経て、米国市場はより厳しい局面を迎えるのか。あるいはホッとして一段高となるのか。

いずれにしても、東京市場は中段の保ち合いを下に切った以上、もう一段の下げは十分に考えられるところだ。値幅よりも日柄に注目したい。年末から年始にかけて目標を定めるのであれば、ここで焦る必要はないだろう。

さて、物色の方向であるが、7月以降活躍した海運鉄鋼自動車などの主力どころは、概ね高値をつけて3日続落しているところをみると、休養に入ったとみられる。ここからは下手に近づかないことだ。

代わって主導権を握ったのが医薬品株だ。牽引役の第一三共 <4568> にはまだ乱れはみられない。どこまで仲間を引っ張るか。テルモ <4543> 、タカラバイオ <4974> 、ライオン <4912> 、メドピア <6095> などに注目したい。1つの上昇相場が終焉した後は、医薬品株が台頭するのは市場の習性でもある。おそらく先行き景気に不安があっても、“薬(くすり)九層倍”ではないが、医薬品企業は常に高収益を保つ傾向があるからだろう。

このほか、小型株ではLink-U <4446> 、ライフコーポレーション <8194> 、FRONTEO <2158> [東証M]、浜松ホトニクス <6965> などから出世株が出るのかどうか。また、往年の仕手株、平和不動産 <8803> が動意含みだ。 

2021年8月20日 記

株探ニュース

関連記事・情報

  1. 富田隆弥の【CHART CLUB】 「厳しいところだが、逆張りも」 (08/21)
  2. 来週の相場で注目すべき3つのポイント:ジャクソンホール会議、IPO2社、米.. (08/21)
  3. 今週の【早わかり株式市況】年初来安値、コロナ感染者急増やトヨタ減産など悪材.. (08/21)
  4. 今週の【話題株ダイジェスト】 インテM、オプティマス、くふう (8月16日~20日)
  5. 【今週読まれた記事】“青天井”“3倍増”の業績絶好調銘柄群! (08/21)
  6. 4-6月期【利益3倍増】企業はこれだ!〔第1弾〕 33社選出 <成長株特集> (08/19)
  7. コロナ逆風相場を突き破る! 生命力満点の「DX関連好望株」5連弾 <株探トップ.. (08/21)
  8. 加速する「5G基地局投資」、高速通信インフラで商機拡大の有望株 <株探トップ.. (08/19)
  9. 10万円以下で買える、大幅増収増益&低PBR 20社 【東証1部】編 <割安株特集> (08/20)
  10. レーティング週報【最上位を継続+目標株価を増額】(2) (8月16日-20日)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (10月4日発表分) 注目
  2. 2
    明日の株式相場に向けて=目先底入れ、ディープバリュー株に照準 市況
  3. 3
    決算発表シーズン目前! 好決算&増額実績で探る「上方修正予備軍」6銘柄精選 <株探トップ特集> 特集
  4. 4
    ★本日の【サプライズ決算】速報 (10月04日) 注目
  5. 5
    話題株ピックアップ【夕刊】(1):クスリアオキ、伊藤忠、KeePer 注目
人気ニュースベスト30を見る
ログイン プレミアム会員登録
PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘または投資に関する助言をすることを目的としておりません。
投資の決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、JPX総研、China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
株探に掲載される株価チャートは、その銘柄の過去の株価推移を確認する用途で掲載しているものであり、その銘柄の将来の価値の動向を示唆あるいは保証するものではなく、また、売買を推奨するものではありません。
決算を扱う記事における「サプライズ決算」とは、決算情報として注目に値するかという観点から、発表された決算のサプライズ度(当該会社の本決算か各四半期であるか、業績予想の修正か配当予想の修正であるか、及びそこで発表された決算結果ならびに当該会社が過去に公表した業績予想・配当予想との比較及び過去の決算との比較を数値化し判定)が高い銘柄であり、また「サプライズ順」はサプライズ度に基づいた順番で決算情報を掲載しているものであり、記事に掲載されている各銘柄の将来の価値の動向を示唆あるいは保証するものではなく、また、売買を推奨するものではありません。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.