ログイン
米国株
2021年10月25日 15時13分
注目

話題株ピックアップ【夕刊】(1):東京製鉄、中外薬、フェローテク

■東京製鐵 <5423>  1,302円  +179 円 (+15.9%)  本日終値  東証1部 上昇率2位

東京製鐵<5423>は急伸。22日の取引終了後、22年3月期の単独業績予想について、売上高を2440億円から2740億円(前期比93.7%増)へ、営業利益を220億円から310億円(同7.8倍)へ、純利益を190億円から280億円(同4.8倍)へ上方修正した。海外の鋼材需給の引き締まりが継続するほか、国内も大型建築物件の出件があるなど、鋼材需要の堅調推移が期待される状況にあることが要因。同社は今年7月に続き、今回は2度目の上方修正となる。また、業績予想の修正に伴い中間・期末各8円の年16円を予定していた配当予想を中間10円・期末15円の年25円に引き上げると発表。前期実績に対しては9円の増配となる予定だ。なお、同時に発表した第2四半期累計(4~9月)決算は、売上高1161億1100万円(前年同期比72.4%増)、営業利益110億1400万円(同3.4倍)、純利益104億2800万円(同3.1倍)だった。

■中外製薬 <4519>  4,246円  +405 円 (+10.5%)  本日終値  東証1部 上昇率3位

中外製薬<4519>が全体相場に逆行し4日ぶりに急反発、株価は前週末に3827円まで売り込まれ年初来安値を更新したが、きょうは満を持して大きく切り返してきた。同社が前週末22日取引終了後に発表した21年12月期第3四半期(21年1~9月期)の決算は営業利益が前年同期比24%増の2828億3500万円と大幅に伸長し、特に直近四半期である7~9月期は41%増益という高変化率だった。新型コロナウイルスの治療薬が収益に貢献する形で、足もとでは会社側想定を上回る業績の伸びを示している。これを受けて21年12月期業績予想も従来予想を上方修正、営業利益は3200億円から4000億円(前期は3012億3000万円)に大幅増額している。これを好感する買いが集中した。

■フェローテク <6890>  3,680円  +350 円 (+10.5%)  本日終値

フェローテックホールディングス<6890>が全般下げ相場に逆行して大幅続伸、5日移動平均線を上放れつつある。半導体製造装置向け部品を提供するが、半導体設備で必須となる真空シールが絶好調に推移、世界シェア約6割という圧倒的シェアで、今後も台湾の受託製造大手TSMC<TSM>や韓国サムスン電子などの高水準の半導体設備投資需要を取り込むことが予想される。22年3月期営業利益が前期比倍増となる200億円を計画するが、なお上振れ余地が指摘されている。

■日本板硝子 <5202>  658円  +22 円 (+3.5%)  本日終値

日本板硝子<5202>が3日続伸。同社はきょう、英国のコーダ・デザイン社(ゲーツヘッド市)と共同で、各種電子機器にワイヤレスで送電するガラスアプリケーションを製作したと発表。このアプリケーションは、日本板硝子の透明導電膜付きガラスとコーダ社のワイヤレスパワー技術を組み合わせることにより、ワイヤーの役割を果たすガラスの透明導電膜を通じて、ワイヤレスで電気やデータをあらゆる電子機器に送ることができる。複数の透明導電付きガラスで中間膜を挟み込んで正(プラス)と負(マイナス)の電荷に分かれた2つの電流層を作り、外部からの電流を流す。ガラスの表面にその2層をつなぐタップ(接続点)を配置することにより、タップに置かれた電子機器に電気を供給できるとしている。

■日本製鉄 <5401>  2,007円  +66.5 円 (+3.4%)  本日終値

日本製鉄<5401>、神戸製鋼所<5406>、ジェイ エフ イー ホールディングス<5411>など大手をはじめ鉄鋼株が軒並み高に買われた。業種別値上がり率は断トツの状況。前週末の米国株市場では景気回復期待を背景に景気敏感株が買われ、NYダウは過去最高値を更新した。新型コロナウイルスの感染状況は世界的に見れば楽観はできないものの、ワクチン普及や経口薬開発期待などから、“ウィズコロナ”の環境でも経済活動の正常化に向けた動きに変化はない。加えて、米バイデン政権などが打ち出す巨額のインフラ投資政策などを背景に鉄鋼需要は今後高まることが予想され、市況高に連動した製品値上げの動きもポジティブ材料となっている。きょうは東京製鐵<5423>が今期業績予想の上方修正を発表したことも鉄鋼セクター全体の株価刺激材料となっている。

■旭ダイヤモンド工業 <6140>  697円  +22 円 (+3.3%)  本日終値

旭ダイヤモンド工業<6140>が地合い悪に抗して上値を指向。売上高の100%をダイヤモンド工具で占める文字通りの専業メーカーで、半導体シリコンウエハー向け研削工具などで受注を伸ばしている。22年3月期はトップラインが2ケタ増収を見込み、営業損益も前期の7億3200万円の赤字から11億9000万円の黒字に急改善が見込まれている。業績回復を背景に株主還元にも余念がなく、今期の年間配当は前期実績の6円から倍増の12円を計画。

■SHIFT <3697>  24,540円  +770 円 (+3.2%)  本日終値

SHIFT<3697>が4日ぶりに反発。水戸証券が22日付で、投資判断「B+」を継続しつつ、目標株価を2万5200円から2万8500円へ引き上げた。同証券によると、22年8月期会社計画は売上高630億円、営業利益57億円で、単体オーガニック成長と、グループ会社のPMI(統合プロセス)による増収分のみを考慮し、M&Aは考慮しない計画。これに対して同証券予想は会社計画並みとするが、重点施策であるM&Aの状況によっては会社計画を超過することも可能と見込む。また、グループ会社とミッション・ビジョン・コアバリューを共有し、PMIを推進することによる高い成長率を実現できている点は事業継承先としての訴求力向上に貢献しているほか、M&Aの環境も良好としており、来23年8月期は売上高860億円、営業利益77億円を見込むとしている。

■東邦亜鉛 <5707>  3,295円  +100 円 (+3.1%)  本日終値

東邦亜鉛<5707>が高い。足もとの亜鉛など非鉄市況の上昇に伴う業績拡大への期待が膨らんでいる。同社は亜鉛や鉛の製錬大手だが、オーストラリアに亜鉛鉱山などを保有するCBH社を保有するなど鉱山ビジネスをグローバルに展開している。市況上昇などを背景に、8月に今期業績予想を増額修正したが、亜鉛の今期想定価格はLMEベースで1トン当たり2679ドルに対して、足もとでは3400ドル前後で推移しており、業績の再増額修正に向けた期待も膨らんでいる。

■山陰合同銀行 <8381>  577円  +16 円 (+2.9%)  本日終値

山陰合同銀行<8381>が続伸。前週末22日の取引終了後、22年3月期上期(4~9月)業績予想について、経常収益を441億円から461億円(前年同期比7.1%増)、純利益を60億円から83億円(同56.4%増)へ引き上げており、これを好感した買いが入ったようだ。主に与信費用が当初予想を下回る見込みとなったことが要因。なお、通期の業績予想について会社側では、今後の経済情勢や市場動向などを検討の上、11月の第2四半期決算発表時に公表する予定としている。

■立花エレテック <8159>  1,560円  +36 円 (+2.4%)  本日終値

立花エレテック<8159>が高い。午前11時30分ごろ、22年3月期の連結業績予想について、売上高を1750億円から1830億円(前期比13.4%増)へ、営業利益を46億円から52億5000万円(同30.2%増)へ、純利益を33億円から40億円(同15.7%増)へ上方修正し、あわせて20円を予定していた期末配当予想を28円に引き上げたことが好感された。上期において、半導体製造装置や物流、空調機器などの分野を中心に好調に推移し、国内・海外ともに、従来計画を上回ったことが要因としている。なお、年間配当は58円(前期37円)となる予定だ。

株探ニュース

関連記事・情報

  1. 話題株ピックアップ【夕刊】(2):ソニーG、イーレックス、ニトリHD (10/25)
  2. 話題株ピックアップ【夕刊】(3):日本郵政、ファストリ、島精機 (10/25)
  3. ★本日の【サプライズ決算】続報 (10月25日)
  4. 本日の【ストップ高/ストップ安】 引け  S高= 7 銘柄  S安= 2 銘柄 (10月25日)
  5. 【↓】日経平均 大引け| 反落、米ハイテク株安で半導体関連を中心に売り優勢 (10月25日)
  6. 【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─乱高下相場における勝利の法則とは? (10/24)
  7. 【杉村富生の短期相場観測】 ─東京市場には極端(異常)な数値が出現! (10/24)
  8. 空前の爆需第2幕へ、半導体株最強シナリオ「覚醒する10銘柄」を追え <株探トッ.. (10/23)
  9. 利益成長【青天井】銘柄リスト〔6-8月期〕 17社選出 <成長株特集> (10/24)
  10. 明日の決算発表予定 日電産、キヤノンなど37社 (10月25日)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    今週の【話題株ダイジェスト】 アミタHD、サイエンスA、ドリームI (11月29日~12月3日) 注目
  2. 2
    【今週読まれた記事】波乱相場にチャンスを窺う! 大注目のEV関連 特集
  3. 3
    富田隆弥の【CHART CLUB】 「年末相場に冷や水を浴びせたオミクロン」 市況
  4. 4
    上方修正“先回り”、22年3月期【業績上振れ】候補〔第1弾〕 <成長株特集> 特集
  5. 5
    レーティング週報【最上位を継続+目標株価を増額】(2) (11月29日-12月3日) 特集
人気ニュースベスト30を見る
ログイン プレミアム会員登録
PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.