ログイン
米国株
2022年6月28日 20時00分
注目

【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (6月28日発表分)

【好材料】  ――――――――――――

■クロスキャット <2307> [東証P]

DX推進支援フレームワーク「CC-Dash」のブランドサイトを開設。

■出前館 <2484> [東証S]

22年8月期第4四半期に連結子会社の一部事業譲渡益1.4億円を特別利益に計上する。

■アスクル <2678> [東証P]

6月単体売上高は前年同月比6.6%増。

■ハローズ <2742> [東証P]

3-5月期(1Q)経常は9%増益で着地。

■パレモ・ホールディングス <2778> [東証S]

3-5月期(1Q)経常は黒字浮上で着地。株主優待制度を一時休止する。

■ワイエスフード <3358> [東証S]

23年3月期に固定資産売却益1700万円を特別利益に計上する。

■三菱総合研究所 <3636> [東証P]

持ち分法適用関連会社である日本ビジネスシステムのスタンダード市場への新規上場が承認。

■メディカルネット <3645> [東証G]

リグア <7090> [東証G]グループのFPデザインと業務提携し、歯科クリニック向けの財務コンサルティングや歯科医師個人の資産設計サービスを提供開始。

■ブレインパッド <3655> [東証P]

LINE特化型のマーケティングオートメーションを開発・運営するTimeTechnologiesの全株式を取得し子会社化する。

■セレス <3696> [東証P]

子会社マーキュリーが運営する暗号資産販売所「CoinTrade」で新たにパレットトークン、アイオーエスティー、エイダコインの取り扱いを開始する。

■アドバンスト・メディア <3773> [東証G]

発行済み株式数(自社株を除く)の16.31%にあたる300万株(金額で30億円)を上限に自社株買いを実施する。買い付け期間は6月30日から23年6月29日まで。うち50万株を6月30日朝の東証の自己株式立会外買付取引「ToSTNeT-3」で取得する。

■サイバーステップ <3810> [東証S]

東証が29日売買分から信用取引の臨時措置を解除する。日証金も増担保金徴収措置を解除。

■アイル <3854> [東証P]

複数ネットショップ一元管理クラウドサービス「CROSS MALL」がECプラットフォーム「Cafe24」と注文・在庫情報を連携。

■モバイルファクトリー <3912> [東証P]

Skyland Venturesが設立したSV4号ファンドを通じてWeb3に特化した企業へ出資。

■パイプドHD <3919> [東証S]

MBO(経営陣が参加する買収)による株式の非公開化を目指す。アドバンテッジパートナーズ傘下のミライサイテキグループがTOB(株式公開買い付け)を実施する。TOB価格は1株2800円で28日終値を0.3%上回る水準。買い付け期間は6月29日から8月9日まで。

■ENECHANGE <4169> [東証G]

三菱オートリースとエネチェンジEV充電サービスの販売パートナー契約を締結。

■ソレイジア・ファーマ <4597> [東証G]

日本化薬 <4272> [東証P]と資本業務提携、協力関係を強化する。日化薬を割当先とする1200万株の第三者割当増資を実施。発行価格は85円。

■アイサンテクノロジー <4667> [東証S]

東海理化電機製作所 <6995> [東証P]と自動運転車両の遠隔監視および操作システムで共同開発契約を締結。

■エックスネット <4762> [東証S]

株主優待制度を新設。毎年9月末と3月末時点で100株以上を保有する株主を対象に、それぞれクオカード500円分を贈呈する。中期経営計画の期間(22年4月~26年3月)に合わせて実施する。

■リプロセル <4978> [東証G]

22年度も引き続き、再生医療製品ステムカイマルの開発費用に対する希少疾病用再生医療等製品試験研究助成金の交付を受けることが決定。

■パンチ工業 <6165> [東証P]

北海道立工業技術センターとプラスチック成型金型用の高機能な粉末合金の開発に関する共同研究契約を締結。

■バーチャレクス・ホールディングス <6193> [東証G]

LIXIL <5938> [東証P]に顧客対応業務支援のためのCRMソフト「inspirX」を導入。

■ミダックホールディングス <6564> [東証P]

長期ビジョンおよび中期経営計画を策定。27年3月期に経常利益50億円(22年3月期は21.8億円)、32年3月期に経常利益120億円を目指す。

■ネクスグループ <6634> [東証S]

22年11月期第3四半期に投資有価証券売却益9900万円を特別利益に計上する。

■フレアス <7062> [東証G]

新たに終末期ケアサービスを展開するホスピス事業を開始。

■東京通信 <7359> [東証G]

Arithmer、NSCホールディングスとメタバース事業創出を目的とした合弁会社を設立する。

■ヒマラヤ <7514> [東証P]

9-5月期(3Q累計)経常は7%増益で着地。また、特別株主優待を実施。22年8月末時点で100株以上を保有する株主を対象に、保有株数200株未満で20%割引券1枚、200株以上保有で同2枚を贈呈する。

■東京センチュリー <8439> [東証P]

JFEエンジニアリングとスタートアップ技術を組み合わせた診断ソリューションを提供する事業会社「SecondSight」を設立。

■インテリックス <8940> [東証P]

前期経常を6%上方修正。

■東陽倉庫 <9306> [東証S]

発行済み株式数(自社株を除く)の1.82%にあたる70万株(金額で2億0790万円)を上限に、6月29日朝の東証の自己株式立会外買付取引「ToSTNeT-3」で自社株買いを実施する。

【悪材料】  ――――――――――――

■ピックルスコーポレーション <2925> [東証P]

3-5月期(1Q)経常は49%減益で着地。

■銚子丸 <3075> [東証S]

今期経常は77%減益へ。

■LeTech <3497> [東証G]

今期最終を赤字拡大に下方修正、対純資産で85%の赤字。また、エルティーを割当先とする132万2752株の第三者割当増資を実施する。発行価格は756円。

■ダブル・スコープ <6619> [東証P]

東証と日証金が29日売買分から信用取引に関する臨時措置を実施する。

■NaITO <7624> [東証S]

3-5月期(1Q)経常は39%減益で着地。

【好悪材料が混在】 ―――――――――

■スギホールディングス <7649> [東証P]

3-5月期(1Q)経常は10%減益で着地。一方、発行済み株式数(自社株を除く)の2.43%にあたる150万株(金額で100億円)を上限に自社株買いを実施する。

※6月28日大引け後の発表分を一部抜粋。一部プレスリリースなど含む

[2022年6月28日]

株探ニュース

関連記事・情報

  1. 明日の株式相場に向けて=「不動産&メタバース」の材料株繚乱へ (06/28)
  2. 新ステージ突入「不動産株」、インフレ耐性評価で本格浮上機運 <株探トップ.. (06/28)
  3. 賢明なる勝負師、「王道&投機心」で資産テンバガーの80代現役投資家 (06/28)
  4. 武者陵司「円キャリーではない、バフェットキャリーだ」 (06/28)
  5. 話題株ピックアップ【夕刊】(1):ロードスター、チェンジ、しまむら (06/28)
  6. ★本日の【サプライズ決算】速報 (06月28日)
  7. 夏相場を駆ける! 12月期決算「上方修正有力」選りすぐり6銘柄 <株探トップ.. (06/27)
  8. レーティング日報【最上位を継続+目標株価を増額】 (6月28日)
  9. 明日の決算発表予定 アクシージア、ナガイレーベ (6月28日)
  10. 【↑】日経平均 大引け| 4日続伸、円安や中国株高で2万7000円台を回復 (6月28日)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    利益成長【青天井】銘柄リスト〔第3弾〕31社選出 <成長株特集> 特集
  2. 2
    【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─東京市場は水準訂正へ!ここで狙うは"10万円で買える"株 市況
  3. 3
    今朝の注目ニュース! ★リブセンス、EDP、トレンダなどに注目! 注目
  4. 4
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (8月12日発表分) 注目
  5. 5
    本日注目すべき【好決算】銘柄 トレンダ、フェローテク、シチズン (12日大引け後 発表分) 注目
人気ニュースベスト30を見る
ログイン プレミアム会員登録
PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘または投資に関する助言をすることを目的としておりません。
投資の決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、JPX総研、China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
株探に掲載される株価チャートは、その銘柄の過去の株価推移を確認する用途で掲載しているものであり、その銘柄の将来の価値の動向を示唆あるいは保証するものではなく、また、売買を推奨するものではありません。
決算を扱う記事における「サプライズ決算」とは、決算情報として注目に値するかという観点から、発表された決算のサプライズ度(当該会社の本決算か各四半期であるか、業績予想の修正か配当予想の修正であるか、及びそこで発表された決算結果ならびに当該会社が過去に公表した業績予想・配当予想との比較及び過去の決算との比較を数値化し判定)が高い銘柄であり、また「サプライズ順」はサプライズ度に基づいた順番で決算情報を掲載しているものであり、記事に掲載されている各銘柄の将来の価値の動向を示唆あるいは保証するものではなく、また、売買を推奨するものではありません。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.