ログイン
米国株
2022年11月20日 9時15分
市況

【杉村富生の短期相場観測】 ─物色の中核は半導体関連セクター!

「物色の中核は半導体関連セクター!」

●全般相場はやや高値波乱の様相だが……

10月以降、順調に上値を追ってきた世界の株式市場だが、ここにきてにわかに高値波乱の様相をみせている。急騰の反動に加え、FRB(米連邦準備制度理事会)高官の発言に振り回されているのは確かだろう。ちなみに、NYダウは10月13日の2万8660ドルを安値に、一気に2割弱の急騰劇を演じた。この調整は当然の動きと判断する。

それに、エネルギー関連セクターが「臨時増税」を背景に売り込まれているほか、米半導体大手のマイクロン・テクノロジー<MU>の減産発表をきっかけに、日米両市場ともに半導体株が利食い急ぎの展開となった。しかし、エヌビディア<NVDA>の値動きはしっかりだし、東京エレクトロン <8035> [東証P]は業績の下方修正後、急騰している。

マーケットは売りのタイミング、材料を探していたのではないか。FRB高官の発言は金利担当のウォラー理事が「利上げの道のりは長い、そして遠い」とタカ派だった半面、ブレイナード副議長は「間もなく利上げペース減速が適切」と言及するなど、混乱している。どちらを信用するのか。基本的には“上司”だろう。

アメリカの中間選挙は上院の過半数を与党(民主党)が確保したものの、下院は共和党が多数派を奪回し、ねじれ議会となった。これによって、2023年招集の新議会ではバイデン政権が課題として積み残している歳出拡大、増税はほぼ困難だろう。むしろ、予算審議、債務上限引き上げ問題がクローズアップされる可能性がある。

ちなみに、大統領(与党)、上下院(野党)のケース(分割政府)では政治の混乱は逆に少ない。与党は政策遂行の遅れ(停滞)を野党に押しつけることができる。しかし、上院(与党)、下院(野党)の場合、過去には「財政政策不確実性指数」が急騰している。したがって、新議会が始まる来年1~2月は“要警戒”となろう。

●ティアンドエス、テセックなどに妙味!

いずれにせよ、個別物色機運は極めて旺盛だ。この局面は月並みな表現だが、森を見ず、木を見よ、の投資戦術が求められる。すなわち、各論(銘柄)勝負である。テーマ的にはやはり、好業績の 半導体関連は外せない。SOX(半導体株)指数は底打ち、反騰態勢を鮮明にしている。先日、マイクロン・テクノロジーの広島工場の最先端ラインが稼働した。

半導体受託製造最大手の台湾積体電路製造(TSMC)<TSM>は1.2兆円を投じ、熊本工場を建設中だ。このプロジェクトにはソニーグループ <6758> [東証P]、デンソー <6902> [東証P]が参加している。さらに、政府の支援を受けたスーパーコンピューター、人工知能(AI)などに使う次世代半導体の国産化計画(日本企業8社が出資)が始動している。

この計画の中核企業はソニーG、デンソー、NEC <6701> [東証P]、キオクシアホールディングスなどだ。小物では、ティアンドエス <4055> [東証G]は生産現場(特に、半導体工場に強み)のシステム管理をメーンとする。主力ユーザーはキオクシアホールディングス、NECだ。今後、思惑を呼ぶことになろう。

アバールデータ <6918> [東証S]の2023年3月期の1株利益は663.8円(前期は243.2円)と激増し、配当は234円(同83円)とする。 半導体製造装置向けの制御機器、車載用の画像処理モジュールが好調という。大株主にレーザーテック <6920> [東証P]がいる。これも思惑を呼んでいる。

岡本工作機械製作所 <6125> [東証S]は本業の平面研削盤(国内トップ)のほか、ウェハー加工用のポリッシュ装置、ラップ盤が絶好調だ。現在、3年分の受注残を抱えているという。いまや、売上高3割の半導体事業が利益の7割近くを稼ぐ構図になっている。2023年3月期の1株利益は696円の予想だ。配当は20円増の160円とする。

さらに、テセック <6337> [東証S]は割安だ。IPOのソシオネクスト <6526> [東証P]、 パワー半導体製造装置の高田工業所 <1966> [東証S]も抜群に強い。パワー半導体は口径200ミリ→300ミリ、素材がSi(シリコン)→SiC(炭化ケイ素)に切り替わっている。高田工業所の業績はダブルの特需を享受できる状況にある。

2022年11月18日 記

株探ニュース

関連記事・情報

  1. 突き抜ける好業績!「中低位材料株スペシャル」騰勢前夜の6銘柄 <株探トップ.. (11/19)
  2. 7-9月期【利益倍増】企業はこれだ!〔第1弾〕 38社選出 <成長株特集> (11/20)
  3. 【村瀬智一が斬る!深層マーケット】米感謝祭後の消費動向に注目、過熱を冷まし.. (11/19)
  4. 主役交代! もう無視できない個人好みの銘柄~中間決算明けの投資戦略 ★第2回 (11/18)
  5. 【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─衰えぬバフェット氏の"凄み"をTSMC投資に見.. (11/20)
  6. 今週の「妙味株」一本釣り! ─ IDEC (11/20)
  7. 【高配当利回り株】ベスト50 <割安株特集> (11月18日現在)
  8. 今週の決算発表予定 ETS・HD、大和コン、タカショーなど (11月21日~25日)
  9. 伊藤智洋が読むマーケット・シナリオ【週間展望】 11月20日版
  10. 来週の相場で注目すべき3つのポイント:米FOMC議事録、IPO2社、米耐久財受注 (11/19)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (2月8日発表分) 注目
  2. 2
    ★本日の【サプライズ決算】続報 (02月08日) 注目
  3. 3
    逆風下の成長株を探す! 10-12月期【増収増益】リスト <成長株特集> 2月8日版 特集
  4. 4
    明日の株式相場に向けて=FRBパウエル「ハト派傾斜」の真意 市況
  5. 5
    ★本日の【イチオシ決算】 芝浦、住友鉱、ユニチャーム (2月8日) 注目
人気ニュースベスト30を見る
ログイン プレミアム会員登録
PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘または投資に関する助言をすることを目的としておりません。
投資の決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、JPX総研、China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
株探に掲載される株価チャートは、その銘柄の過去の株価推移を確認する用途で掲載しているものであり、その銘柄の将来の価値の動向を示唆あるいは保証するものではなく、また、売買を推奨するものではありません。
決算を扱う記事における「サプライズ決算」とは、決算情報として注目に値するかという観点から、発表された決算のサプライズ度(当該会社の本決算か各四半期であるか、業績予想の修正か配当予想の修正であるか、及びそこで発表された決算結果ならびに当該会社が過去に公表した業績予想・配当予想との比較及び過去の決算との比較を数値化し判定)が高い銘柄であり、また「サプライズ順」はサプライズ度に基づいた順番で決算情報を掲載しているものであり、記事に掲載されている各銘柄の将来の価値の動向を示唆あるいは保証するものではなく、また、売買を推奨するものではありません。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.