【ゲリラ豪雨】テーマ

 テーマについて
銘柄
▽▲
1813(東1)
1822(東1)
1914(東1)
1926(東1)
1929(東1)
2325(東1)
3751(東1)
4825(東1)
5262(東1)
5287(東2)
株価
▽△
前日比
▽△
PER
▽△
PBR
▽△
利回り
▽△
1,494 +7
+0.47%
10.3倍 0.95倍 3.35%
2,973 +38
+1.29%
9.38倍 0.85倍 2.52%
374 0
0.00%
83.9倍 0.44倍 2.14%
1,435 +4
+0.28%
11.5倍 1.21倍 2.65%
573 -5
-0.87%
10.7倍 1.01倍 4.89%
1,494 +6
+0.40%
10.0倍 0.80倍 3.35%
335 +6
+1.82%
ー倍 0.36倍 2.99%
3,210 +70
+2.23%
25.0倍 2.60倍 3.12%
781 +11
+1.43%
11.3倍 0.61倍 2.30%
687 -10
-1.43%
25.6倍 0.66倍 1.16%

次へ

アイコンの説明
…現値ストップ高
…現値ストップ安
…特別買い気配
…特別売り気配

【関連記事・情報】

ゲリラ豪雨について

「ゲリラ豪雨」は、短時間に狭い地域で大量に降る雨について、奇襲を行うゲリラにたとえた用語。夏場の猛暑と並んで被害をもたらしているのが落雷を伴うゲリラ豪雨だ。1時間に100ミリといった猛烈な降雨も記録され、全国各地で家屋の浸水などが相次いでいる。
この猛暑やゲリラ豪雨の多発を加速しているのがヒートアイランド現象。都市部の気温がその周辺の非都市部に比べて異常な高温を示す現象で、都市部が島状に高温になることから、ヒートアイランド(熱の島)と呼ばれる。
アスファルト道路は昼間の太陽光熱射で深層まで高温となり、夜間には蓄積された熱が放出され気温が下がらない。樹木は大量の水を空気中に吐き出しているが、緑地面積が小さくなると植物や地表からの水分の蒸発量が減少し、熱がとどまりやすくなる。都市への人口集中により、エアコン、自動車など各種エネルギーの使用量が増え、排熱量も増加する。これらが悪循環となり、都市の気温は年々上がり続ける。30年後の東京では気温が40度を超える日も珍しくなくなるとの予測もある。