【ブロックチェーン】テーマ

 テーマについて
銘柄
▽▲
1400(JG)
1928(東1)
2307(東1)
2315(JQ)
2335(東1)
2375(東2)
2412(東1)
2428(東1)
2437(JQ)
2743(JQ)
株価
▽△
前日比
▽△
PER
▽△
PBR
▽△
利回り
▽△
358 -7
-1.92%
27.5倍 1.82倍 ー%
1,638.0 +5.0
+0.31%
8.87倍 0.95倍 4.82%
1,032 +18
+1.78%
18.8倍 2.54倍 1.94%
28 0
0.00%
19.1倍 1.39倍 ー%
841 +8
+0.96%
17.8倍 2.11倍 1.90%
936 -3
-0.32%
16.6倍 2.22倍 1.07%
4,260 +35
+0.83%
68.4倍 18.9倍 1.17%
1,088 -4
-0.37%
ー倍 2.84倍 4.60%
282 +6
+2.17%
37.2倍 0.96倍 2.55%
199 -3
-1.49%
ー倍 6.93倍 ー%

次へ

アイコンの説明
…現値ストップ高
…現値ストップ安
…特別買い気配
…特別売り気配

【関連記事・情報】

ブロックチェーンについて

ブロックチェーンとは、取引などの記録をコンピューターのネットワーク上で管理する技術の一つで、インターネット上の複数のコンピューターで多数の参加者が取引記録を共有し、互いに監視しながら正しい情報を鎖(チェーン)のようにつないで蓄積する仕組み。暗号技術を組み合わせることで、改ざんが極めて難しい分散処理・管理を実現でき、従来の集中処理型のインフラと比較して、管理コストが削減でき、安全性も担保されるといったメリットがある。

ブロックチェーンは、多数の参加者における取引記録のリコンサイル(照合・残高照会)や所有権管理といったプロセスに適しており、金融以外でもさまざまな分野での応用が期待されている。例えば、よりスマートでより効率的なサプライ・チェーン・システムの実現や、IoT(モノのインターネット)ネットワーク、ゲーム、マルチメディア著作権管理、レンタカー、政府が作成する身分証明書や免許、保険記録の管理での活用などが想定される。経済産業省が16年4月に公表したブロックチェーンの調査報告書では、潜在的な市場規模を67兆円と試算。今後は非金融分野での利活用が進むとみられ、市場の拡大ペースが加速しそうだ。