ログイン
2018年1月15日 18時30分
特集

太田千尋氏【再上昇気配漂う日経平均、急騰一服後の針路は】(1) <相場観特集>

―押し目買い意欲旺盛で、世界株高の流れに死角なし?―

15日の東京株式市場は、目先筋の売り物をこなし切り日経平均株価が4日ぶりに反発。年初に日経平均が記録的な急騰をみせた反動もあって、前週後半は調整を入れたものの、下値では押し目買い意欲の強さを反映している。足もと進むドル安・円高などが重荷となってはいるものの、米国を中心とする世界株高の流れが心理的に強い味方となっている。当面の株式市場の上値をどうみるか。また下値リスクは。第一線で活躍するマーケット関係者に今後の見通しを聞いた。

●「当面は2万4300円メドも長期上昇波の踊り場」

太田千尋氏(SMBC日興証券 投資情報部部長)

東京株式市場は良好な環境にあり、目先的に日経平均は年初に値を飛ばした反動も意識されがちだが、強調展開のなか下値切り上げトレンドは続きそうだ。好調な企業業績をベースに上値指向の強い地合いに変化はない。米国にとどまらず、新興国を含め世界的な景気の拡大が見込まれる点で、足もとの円高の逆風を考慮したにせよ日経平均に影響力の大きい輸出セクターに吹く追い風は強いと判断される。

当面の日経平均の上値は2万4300円前後を上限ラインとみており、下値は3月期末までのタームで場合によって2万2000円台(2万3000円台を割り込む水準)まで下押す場面も考えられる。しかし、基本はボックス圏のなか強含みもち合いとみている。

また、ここでのボックス圏往来は長期上昇トレンドの踊り場であって、その後は徐々に上値余地が広がってくるだろう。4月新年度入りからゴールデンウイークにかけて、上値追い態勢を強め2万5000円ラインに近づいていく展開を想定している。

東京市場は世界景気の拡大を背景に輸出株に優位性があり、とりわけトヨタ自動車 <7203> などの自動車株の一角や三菱電機 <6503> 、SMC <6273> などの設備投資関連が有力視される。一方、内需セクターは脱デフレの流れが顕在化するなかで、新しい環境に適応できる企業とそうでない企業の収益に差が生じ、株価にもそれが表れてくるのではないかとみている。また、相場のステージが変わる過程で、株主還元姿勢を高めることに前向きな企業が、株価的にも評価されるようになっていくと考えている。

(聞き手・中村潤一)

<プロフィール>(おおた・ちひろ)

1985年日興証券入社。投資情報部、金融法人営業部、日興ソロモン・スミス・バーニー証券(現シティグループ証券)出向(リサーチ部門)、エクイティマーケティング部、株式アドバイスセンター、機関投資家営業部を経て、2013年10月より現職。日本証券アナリスト協会検定会員。

株探ニュース

関連記事・情報

  1. 高橋春樹氏【再上昇気配漂う日経平均、急騰一服後の針路は】(2) <相場観特集> (01/15)
  2. 【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ 先取り! 不祥事銘柄“復活の果実” (01/14)
  3. 【植木靖男の相場展望】 ─ 資源素材など物色範囲広がる (01/14)
  4. 「武者陵司×南川明 2018年を読む!(武者氏講演 前編)」 (01/15)
  5. 「武者陵司×南川明 2018年を読む!(南川氏講演 前編)」 (01/14)
  6. 輝ける高収益の中小型株、営業利益率“25%超”リスト[非製造業編] <成長株特集> (01/14)
  7. 5万円以下で買える、増収増益&低PER「お宝候補」19社【2部・新興】編 <割安株.. (01/14)
  8. 1月に配当取りを狙える【高利回り】ベスト30 <割安株特集> (01/13)
  9. 【高配当利回り株】ベスト50 <割安株特集> (1月12日現在)
  10. 実用放送カウントダウン「4K・8K」、関連株トップランナーを追う <株探トップ特集> (01/13)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (11月30日発表分) 注目
  2. 2
    明日の株式相場に向けて=師走相場の急所を見極める週に 市況
  3. 3
    増益予想に大転換! 株高期待の「上方修正予備軍」6銘柄リストアップ <株探トップ特集> 特集
  4. 4
    ★本日の【サプライズ決算】速報 (11月30日) 注目
  5. 5
    話題株ピックアップ【夕刊】(2):SBG、ANA、不二精機 注目
人気ニュースベスト30を見る
ログイン プレミアム会員登録
PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.