ログイン
2018年11月4日 9時15分
市況

【植木靖男の相場展望】 ─ 二番天井に向け刺激的な反発も

「二番天井に向け刺激的な反発も」

●“市場人気”こそが天底を決める

株価はようやく落ち着きを取り戻したようだ。市場にも久々に安堵感が漂う。

NYダウ平均は11月1日に底入れしたかにみえる。日経平均株価も11月2日の556円高で底入れしたのではないか。週明け5日にも上昇すればパーフェクトだ。

ところで、多くの投資家は、なぜ10月2日に高値をつけたのか、またここ10月29日に安値(終値ベース)をつけたのか、判然としない心境ではないだろうか。

ほとんどの市場関係者は、米中貿易摩擦の激化とか欧州でのイタリアの財政問題、あるいは中東における政治リスクを指摘する。だが、こうした材料の多くは以前から市場で語られていたものばかりである。10月2日が高値になった理由にはなり難い。

いつもそうだが、材料は後からついてくるものなのだ。下落したところで不安材料が顕在化して、投資家心理が悪化したところで売る。売ると下げるため、一段と不安が増幅して売る。すると、また下げる。この繰り返しなのである。

つまり、市場関係者の多くが材料を並び立てるのは、あくまでも後追いに過ぎない。

では、10月2日が高値と決めたのは誰か。確信犯は市場人気である。底をつけるのも市場人気である。

この不確かな市場人気を具現化したものが罫線(チャート)である。わが国では昔から“罫線引き引き足を出し”などと揶揄されるが、罫線ほどもっとも早く天底を知り得るものはない。今回、その威力が発揮された。

●来年以降の金上昇を先取り

さて、当面の株価をどうみるか。底入れした以上、戻りをみせることになるが、多くの市場関係者が投資家心理としては上昇時に大きな壁となった、2万3000円処を目安にしていることは言うまでもない。ただ、2万2500円から一気に休むことなく高値まで走った前回の経験からすれば、仮に二番天井を目指すにしても、かなり刺激的な上昇をみせることになりそうだ。

当分は、カラ売りの買い戻しが中心(ここ連日、カラ売り比率は40%強が続いている)となろう。悪材料の相次ぐ顕在化から一般投資家でも売りたくなる時。それでカラ売りが増えたようだ。値を構わず、買い戻しを強いられることになろう。

ところで、今後の物色対象はどうなるのか。昨年から今年にかけて大きく上昇した日本版GAFA的ハイテク株は、すでに株価は腐りかけている。腐りきればまた動意をみせるだろうが、いまは残滓に過ぎない。カラ売りの買い戻しで一時的に急反発しても近寄り難い存在であろう。

といっても、まだ新しい柱は芽を出しておらず、見つけ難いことも事実。ここはとりあえずは、それなりに反発し体幹を鍛えつつある銘柄を小当たりに摘まんでみるのも一興だ。

金融株の中で独自の動きを見せるソニーフィナンシャルホールディングス <8729>中国関連のコマツ <6301> 。それに、2019年、20年と価格上昇が続くとみられるは新しい出番を迎えよう。わが国唯一の産金株である住友金属鉱山 <5713> の先物買いはどうであろうか。

2018年11月2日 記

株探ニュース

植木靖男

相場展望
▶︎著者ページ一覧

関連記事・情報

  1. 今週の上方修正【大予想】 32社選出 <成長株特集> (11/04)
  2. 高成長企業を追う! 7-9月期【増収増益】リスト <成長株特集> 11月2日版
  3. すご腕投資家さんに聞く「銘柄選び」の技 土志田剛志さんの場合-1 (11/02)
  4. 【高配当利回り株】ベスト50 <割安株特集> (11月2日現在)
  5. 【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ 悪材織り込み、潮目が変化 (11/04)
  6. もう待てない人手不足、「外国人労働者」派遣“スペシャル選抜”銘柄リスト.. (11/03)
  7. 今週の「妙味株」一本釣り! ─ ジェイテック (11/04)
  8. 富田隆弥の【CHART CLUB】 「反転信号が灯る、半値戻しが目先目標」 (11/03)
  9. 来週の決算発表予定 トヨタ、NTT、ソフトバンクなど (11月5日~9日)
  10. 来週の相場で注目すべき3つのポイント:米中間選挙、FOMC、トヨタ決算 (11/03)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    【今週読まれた記事】材料株は“百花繚乱”、相場に実需の火はつくか 特集
  2. 2
    今週の【話題株ダイジェスト】 霞ヶ関C、upr、シスロケ (10月15日~18日) 注目
  3. 3
    個人投資家・有限亭玉介:上昇期待の個別銘柄をザックリとご紹介【FISCOソーシャルレポーター】 特集
  4. 4
    【植木靖男の相場展望】 ─ 2万3000円大台への過程 市況
  5. 5
    来週の株式相場戦略=堅調地合い継続も、「5G」関連の物色を注視 市況
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.