ログイン
2018年11月27日 12時20分
特集

「人工知能」の存在感高まる、政府がAIの7原則もとに法整備<注目テーマ>

★人気テーマ・ベスト10

1 大阪万博

2 キャッシュレス決済 

3 カジノ関連

4 インバウンド

5 人工知能

6 全固体電池

7 5G

8 サイバーセキュリティ

9 セルフレジ

10 バイオテクノロジー関連

みんなの株式と株探が集計する「人気テーマランキング」で、「人工知能」が5位にランキングされている。

ビッグデータの普及を背景としたディープラーニングという技術革新が、人工知能(AI)の進化を加速させたことはあまねく知られている。自動運転車やドローンといった次世代産業やフィンテックなど金融業界の新潮流、さらにゲノム編集などバイオテクノロジー分野で、AIはその革命的前進を担う原動力となる。

AIが人類の英知の総和を超えるというシンギュラリティに向け時計の針は確実に進んでいるが、ひとつの問題点としては、AIの思考プロセスが人間には見えないブラックボックスであることが挙げられる。ディープラーニングは人間の脳の仕組みを模した「ニューラルネットワーク」を活用したものだが、我々の思考のレベルの延長線上で結論が導かれるとは限らない。AI全盛時代突入を示唆したグーグルの「アルファ碁」が世界最強囲碁棋士・柯潔を3番棒に負かした時も、その結果以上に随所にわたり人知を超えた打ち筋に対して棋界は震撼した。

そうしたなか、AIの普及に際してはその技術的発展の加速に合わせ、倫理的な原則の取り決めも必要との認識が深まった。日本や欧州では倫理指針の策定に国を挙げて取り組んでおり、AIを使う政府や企業の責任をどう明確化するかが課題となっている。日本政府は今年に入り有識者による会合でAI開発・活用の際に考慮すべき倫理的な原則などについて協議してきたが、直近、「AIは人間の基本的人権を侵さない」「AI教育の充実」など政府が策定したAIの7原則が明らかとなった。

こうした倫理面を重視したうえで法整備が進む方向となれば、当然AI関連銘柄に対する株式市場における注目度も高まっていくことが想定される。

関連ではALBERT<3906>、RPAホールディングス<6572>、フォーカスシステムズ<4662>、Ubicomホールディングス<3937>、メタップス<6172>、データセクション<3905>、チェンジ<3962>、日本サード・パーティ<2488>、ホットリンク<3680>、システムインテグレータ<3826>、FRONTEO<2158>などがマークされる。

出所:みんなの株式(minkabu PRESS)

関連記事・情報

  1. 【緊急特集】2025年「大阪万博」開催決定! ドリームアイランド夢洲に乗る関連.. (11/24)
  2. 「カジノ関連」へ注目度急上昇、大阪万博決定で誘致期待高まる<注目テーマ> (11/26)
  3. 【人工知能】関連の銘柄一覧
  4. 【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ ゴーン逮捕の衝撃、“カリスマ”去りし後 (11/25)
  5. 【杉村富生の短期相場観測】 ─ 材料はあとから貨物列車に乗ってやってくる! (11/25)
  6. 株探|無料会員向け【お気に入り銘柄】登録機能をリリース! (11/20)
  7. すご腕投資家さんに聞く「銘柄選び」の技 土志田剛志さんの場合-3 (11/21)
  8. 桂畑誠治氏【日経平均戻り足、年末相場で投資家は報われるか】(1) <相場観特集> (11/26)
  9. 検証・ロシア関連株、プーチン「平和条約」発言で日ロ関係は動くか <株探トッ.. (11/26)
  10. 18年7-9月期【利益倍増】企業はこれだ!〔第2弾〕 25社選出 <成長株特集> (11/25)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    今朝の注目ニュース! ★SLD、霞ヶ関C、エルテスなどに注目! 注目
  2. 2
    材料株“百花繚乱”、上昇メガトレンドに乗る「選ばれし中低位7銘柄」 <株探トップ特集> 特集
  3. 3
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (10月11日発表分) 注目
  4. 4
    伊藤智洋が読む「日経平均株価・短期シナリオ」 (10月15日記) 市況
  5. 5
    本日注目すべき【好決算】銘柄 テラスカイ、ディップ、インターアク (11日大引け後 発表分) 注目
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.