ログイン
2019年2月8日 12時21分
特集

「創薬」関連は16位にランクイン、業績面でのマイナスイメージから脱却へ<注目テーマ>

1 5G

2 キャッシュレス決済

3 サイバーセキュリティ

4 人工知能

5 バイオテクノロジー関連

6 全固体電池

7 国土強靱化

8 TOPIXコア30

9 半導体

10 量子コンピューター

みんなの株式と株探が集計する「人気テーマランキング」で、「創薬」関連が16位と話題を集めている。

創薬とは薬剤を製品にするまでのプロセスのこと。ひとつの薬を作るまでに数多くの候補物質のなかから選定するためのスクリーニングを行い、その後も臨床試験などの過程に進んでいく。新薬を作りだすには10年以上にわたる長期の時間が必要と言われている。

過去には、医薬品開発のための投資が先行することから、赤字体質から抜け出せない企業が多いといったマイナスイメージを持たれがちだったものの、近年は黒字への浮上や高成長軌道に乗るケースも珍しくなくなってきた。

創薬ベンンチャーのサンバイオ<4592>が1月29日の取引終了後、同社と大日本住友製薬<4506>が、慢性期脳梗塞を対象として米国で共同開発中の再生細胞医薬品「SB623」のフェーズ2b臨床試験について、主要評価項目を達成できなかったという解析結果の速報を得たと発表した。これを嫌気してサンバイオの株価は、1月29日終値で1万1710円だったものが、2月5日終値では2620円へと5日間で80%近くの急落となった。これ受けて、創薬関連や再生医療関連の一部の銘柄に連動安するケースが目立った。ただ、サンバイオの株価は7日にストップ高、8日前場も小幅続伸となるなど、やや落ち着きをみせている。

創薬関連銘柄としては、ゲノム解析に強みを持ち、特発性肺線維症薬で中国での地域展開が進捗しているジーエヌアイグループ<2160>、創薬用マウス作製技術で先行するトランスジェニック<2342>、がん治療用ワクチン開発を手掛けるオンコセラピー・サイエンス<4564>、国際的なバイオベンチャー企業を目指しグローバルに研究開発を展開するそーせいグループ<4565>がある。

更に、抗がん剤開発に特化した創薬ベンチャーのキャンバス<4575>、眼病治療薬開発に特色のあるデ・ウエスタン・セラピテクス研究所<4576>、北大発創薬ベンチャーでノーリツ鋼機<7744>グループ傘下ジーンテクノサイエンス<4584>、米国MIT(マサチューセッツ工科大学)から取得した技術を応用した医療製品の開発を手掛けるスリー・ディー・マトリックス<7777>、独自の抗体作製技術を持ち医薬品候補抗体導出と技術供与を収益源とするカイオム・バイオサイエンス<4583>にも注目したい。

出所:みんなの株式(minkabu PRESS)

関連記事・情報

  1. 「5G」がランキング第1位、ファーウェイ製品排除で新たな思惑<注目テーマ> (02/05)
  2. 【創薬】関連の銘柄一覧
  3. 安倍政権の本気、「国土強靱化」総事業費7兆円で燃え上がる株<株探トップ特集> (02/02)
  4. 「元号関連」が17位と根強い人気、4月1日の新元号発表控え関心高まる<注目テーマ>
  5. 「IoT」が16位にランク、総務省は機器の脆弱性調査を開始へ<注目テーマ> (02/07)
  6. 船舶燃料のSOx規制で商機到来、急浮上する脱硫装置関連株<株探トップ特集> (02/07)
  7. 逆風下でも成長堅持!10-12月期【増収増益】リスト <成長株特集> 2月7日版
  8. 【高配当利回り銘柄】ベスト30 <割安株特集> 2月6日版
  9. 利益成長【青天井】銘柄リスト 〔第1弾〕 24社選出 <成長株特集> (02/03)
  10. 個人投資家・有限亭玉介:強力トレンドを秘める銘柄をチェック【FISCOソーシャル (02/02)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (8月16日発表分) 注目
  2. 2
    急騰前夜、“電子書籍ルネサンス” 新章突入で「大化け期待の5銘柄」 <株探トップ特集> 特集
  3. 3
    4-6月期【利益倍増】企業はこれだ!〔第2弾〕 29社選出 <成長株特集> 特集
  4. 4
    【杉村富生の短期相場観測】 ─ 意外に打たれ強い日本の株式市場! 市況
  5. 5
    【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ 悪材一色の市場、芽吹く逆転の好材料 市況
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.