ログイン
2019年4月18日 10時32分
経済

先週は上昇の南アランド円相場、今週は? サンワード貿易の陳氏(三井智映子)

皆さん、こんにちは。フィスコマーケットレポーター三井智映子の気になるレポートです。今週は、高金利通貨、南アフリカの通貨であるランドについてのレポートをご紹介します。

先週の南アランド円は上昇しましたね。テクニカルマイスターでは、『格付け会社ムーディーズが格付けの発表を見送ったことが好感されて南アランドは買戻しが継続した。2月鉱業生産は前年比7.5%減少し、製造業生産の伸びは0.6%にとどまった』と伝えています。

今週の南アランド円の動向については、『底堅く推移しそうだ』と結論付けており、その背景について、『格付け会社S&Pは南アフリカに対して、今の経済状況では、ジャンク級の格付けからの脱出は厳しいとの見解を示した。ただ、総選挙で与党・アフリカ民族会議(ANC)が勝利し、このまま改革が進めば、南アフリカへの投資増加が見込まれるとしている』と説明しています。『5月8日の総選挙でラマポーザ現政権が勝利となれば、格上げへの見込みが強まりそうだ』との見解です。

南アフリカ経済にとって国営電力会社エスコムの債務問題が重しとなっているほか、IMFの世界成長見通し鈍化も『南アランドの上値を圧迫しそうだ』と考察しています。

参考にしてみてくださいね。

上記の詳細コメントは、ブログ「テクニカルマイスター」の4月15日付「南アランド円相場、先週の動き・今週の予想」にまとめられていますので、ご興味があればご覧ください。

フィスコマーケットレポーター 三井智映子

《HH》

提供:フィスコ

関連記事・情報

  1. 沸騰ニッポン! 新時代の波に乗る「デジタルサイネージ関連」主役株 <株探.. (04/17)
  2. 絶好調の20年2月期【最高益更新】リスト 33社選出 <成長株特集> (04/14)
  3. 武者陵司 「中国・米国の株価急騰、その要因と持続性」 (04/16)
  4. 外国人投資家の買い攻勢始まる、動き出した「物言う株主」 <株探トップ特集> (04/16)
  5. 新生「半導体関連」の覚醒、小型株“究極の5銘柄”疾風の上げ相場へ <株探.. (04/13)
  6. 「5G」関連がランキング1位、商用化秒読みで47兆円の経済効果に期待<注目.. (04/16)
  7. 2月決算の“選ばれし株”、大幅増益予想で上昇機運に乗る「勝ち組銘柄リスト」.. (04/15)
  8. 【高配当利回り銘柄】ベスト30 <割安株特集> 4月17日版
  9. 【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ 重荷となる期日接近、活路を開く個別物色 (04/14)
  10. 桂畑誠治氏【遂に日経平均2万2000円突破、強気相場の行方は】(1) <相場観.. (04/15)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (5月17日発表分) 注目
  2. 2
    令和相場“反撃のシナリオ”、爆速上昇!「AI」隠れ有望株5銘柄 <株探トップ特集> 特集
  3. 3
    20年3月期【最高益】銘柄リスト〔第2弾〕 42社選出 <成長株特集> 特集
  4. 4
    【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ リバウンド狙い!米中懸念を織り込み相場反転へ 市況
  5. 5
    【高配当利回り株】ベスト50 <割安株特集> (5月17日現在) 特集
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.