ログイン
2019年11月7日 12時21分
特集

「セルロースナノファイバー」が10位にランク、自動車分野での事業化が視野に<注目テーマ>

★人気テーマ・ベスト10

1 5G 

2 全固体電池 

3 半導体

4 量子コンピューター 

5 半導体製造装置 

6 リチウムイオン電池 

7 人工知能 

8 TOPIXコア30 

9 国土強靱化 

10 セルロースナノファイバー

みんなの株式と株探が集計する「人気テーマランキング」で、「セルロースナノファイバー」が10位となっている。

これまで化粧品や食品などでの応用開発が進んでいた「セルロースナノファイバー(CNF)」の適用範囲が広がり始めている。環境省は10月24日~11月4日にかけて開催された東京モーターショーに、CNFを用いた各種部品を搭載したコンセプトカー「Nano Cellulose Vehicle(NCV)」を出展。CNFは自動車軽量化の大本命と目されており、いよいよ事業化段階に入ったとして注目されている。

CNFは木材から化学的・機械的処理により取り出したナノサイズの繊維状物質で、軽さや強度(鋼鉄の5分の1の軽さで5倍の強度)、耐膨張性(ガラスの50分の1程度)などに優れているのが特徴。NCVではドアトリムやボンネット、ルーフパネルなどに活用され、車体全体で1割以上、部品単体では最大5割程度の軽量化を実現した。今後、ガソリン車への使用が広がれば二酸化炭素の排出量削減が期待できるほか、電気自動車(EV)では航続距離の延長につながることから各社で社会実装を見据えた取り組みが活発化している。

NCVプロジェクトにはトヨタ紡織<3116>、宇部興産<4208>、ダイキョーニシカワ<4246>、マクセルホールディングス<6810>、デンソー<6902>、アイシン精機<7259>が参加。日本製紙<3863>はCNF強化樹脂をサンプル提供した。

自動車分野への適応拡大を進めている企業は他にも、トヨタ自動車<7203>子会社のトヨタ自動車東日本が東京モーターショーに出展した「CNFを複合した樹脂ガラス」に技術提供した王子ホールディングス<3861>、6月に開催された米国のカーレース「パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライム」に出場した日本チーム「SAMURAI SPEED」(東京都港区)にCNFを使用したシート成形体「ELLEX-M」を軽量化ボディパネル製作用に提供した実績を持つ大王製紙<3880>などが挙げられる。

出所:MINKABU PRESS

関連記事・情報

  1. MaaS時代のラストワンマイル、「超小型EV」が描く未来図と関連株 <株探トップ.. (11/06)
  2. 電力自由化に“新たなる潮流”、「卒FIT」で狙える7銘柄はこれだ <株探トップ.. (11/05)
  3. 【セルロースナノファイバー】関連の銘柄一覧
  4. 復活の第1章突入へ、大駆け低位株「変身前夜の5銘柄」 <株探トップ特集> (11/02)
  5. 「カジノ関連」が23位にランクイン、海外大手が日本のIR参入に意欲と報じら.. (11/06)
  6. 「防災」が14位にランク、甚大な台風被害で関心高まる<注目テーマ> (11/05)
  7. 逆風下でも高成長! 7-9月期【増収増益】リスト <成長株特集> 11月6日版
  8. 利益成長【青天井】銘柄リスト 〔第1弾〕 32社選出 <成長株特集> (11/05)
  9. 【高配当利回り銘柄】ベスト30 <割安株特集> 11月6日版
  10. 【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ 好悪の材料セットが演出する株高! (11/03)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    今週の【早わかり株式市況】大幅反発、週前半は米株高と買い戻しで急上昇も後半失速 市況
  2. 2
    決算プラス・インパクト銘柄 【東証1部】 … スズキ、ZHD、丸紅 (7月31日~8月6日発表分) 特集
  3. 3
    アンジェス---新型コロナウイルス感染症向けDNAワクチンの大量生産に向けてKaneka Eurogentecが参画 材料
  4. 4
    今週の【話題株ダイジェスト】 ディーエヌエ、ベガコーポ、クレオス (8月3日~7日) 注目
  5. 5
    10万円以下で買える、高ROE&好業績 19社【東証1部】編 <割安株特集> 特集
人気ニュースベスト30を見る
ログイン プレミアム会員登録
PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.