ログイン
2019年11月28日 12時22分
特集

「eスポーツ」が18位にランク、成長市場との見方は不変<注目テーマ>

★人気テーマ・ベスト10

1 5G 

2 セルロースナノファイバー 

3 量子コンピューター 

4 人工知能 

5 全固体電池 

6 半導体

7 クラウドゲーム 

8 クラウドコンピューティング 

9 国土強靱化 

10 半導体製造装置

みんなの株式と株探が集計する「人気テーマランキング」で、「eスポーツ」が18位となっている。

幕張メッセで23日、サイバーエージェント<4751>子会社のCyberZとエイベックス<7860>グループのエイベックス・エンタテインメント、テレビ朝日ホールディングス<9409>傘下のテレビ朝日が共催する国内最大級のeスポーツイベント「RAGE」が行われた。約6000人が参加した予選を勝ち上がった8人がGRAND FINALSに進出し、優勝者は賞金400万円と世界大会「Shadowverse World Grand Prix 2019」(優勝賞金1億1000万円)への出場権を獲得した。

eスポーツとはエレクトロニック・スポーツの略で、広義には電子機器を用いて行う娯楽、競技、スポーツ全般を指す言葉であり、コンピューターゲーム、ビデオゲームを使った対戦をスポーツ競技として捉える際の名称。世界各国で盛り上がりをみせ、その流れは国内にも波及しており、コンテンツ市場での今後の成長分野として期待は高い。KADOKAWA<9468>子会社のGzブレイン(現KADOKAWA Game Linkage)の調査によると、スポンサー料や放映権、チケット販売などゲーム産業としての市場規模は、2018年時点で約48億円と推計され、22年には約100億円に達すると予測されている。こうしたなか、経済産業省は9月から、日本eスポーツ連合(JeSU)とともに「eスポーツを活性化させるための方策に関する検討会」を数回開催し、更なる発展に向けて後押しする構えをみせている。

関連銘柄としては、ゲームソフトを提供するスクウェア・エニックス・ホールディングス<9684>、カプコン<9697>、コナミホールディングス<9766>のほか、イベント演出と配信を一気通貫したプロデュースを実現する専門チームを設立したテー・オー・ダブリュー<4767>、eスポーツイベント企画運営受託事業を開始したピアズ<7066>などが挙げられる。

出所:MINKABU PRESS

関連記事・情報

  1. スマホ革命の裾野広がる、「電子チケット関連」熱視線浴びるプレミアな株.. (11/27)
  2. 「株探」の歩き方 ― (9)市場の評価をチャートで確認しよう (11/28)
  3. これから化ける「スイートスポット中小型株」を狙え (11/27)
  4. 【eスポーツ】関連の銘柄一覧
  5. 「5G」関連がランキング首位、“IoT社会の進化系”と融合へ<注目テーマ> (11/26)
  6. 「カーボンナノチューブ」が15位にランクイン、半導体代替に再び脚光と報じられ.. (11/27)
  7. 【高配当利回り銘柄】ベスト30 <割安株特集> 11月27日版
  8. 史上最大のIPO「サウジアラムコ」降臨、燃え上がる思惑と周辺銘柄.. (11/26)
  9. 五輪特需で「イベント関連株」全面開花の予兆、ニューヒーロー輩出へ.. (11/25)
  10. すご腕投資家さんに聞く「銘柄選び」の技 towaさんの場合<第2回> (11/22)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    10万円以下で買える、高ROE&低PBR 22社【東証1部】編 <割安株特集> 特集
  2. 2
    【植木靖男の相場展望】 ─ 一発逆転に望みを託す 市況
  3. 3
    【今週読まれた記事】3月相場“大波乱”を制する“処方箋” 特集
  4. 4
    CAICAについて、Invesco Capital Management LLCは保有割合が増加したと報告 [変更報告書No.2] 5%
  5. 5
    今週の【話題株ダイジェスト】 リコー、JVCケンウ、日立造 (3月1日~5日) 注目
人気ニュースベスト30を見る
ログイン プレミアム会員登録
PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.