ログイン
2020年4月4日 10時00分
市況

富田隆弥の【CHART CLUB】 「目先はデイトレで小まめに対応」

◆サクラがきれいに咲き誇っているが、東京、ニューヨークともに新型コロナウイルスの感染者拡大が止まらず、いまは各自が自粛要請を真摯に受け止めて行動すべきときだろう。

◆日本では4月に緊急事態宣言の発令やロックダウン(都市封鎖)が行われるといった噂(チェーンメール)が広まり、都内のスーパーには慌てて日常品を買い求める人が押し寄せた。マスクはもちろんのこと、トイレットペーパーは再び品切れ状態になっている。仮に緊急事態が宣言されても必要品の買い物はできるはずだが、それが分かっていても多くの人が「もしも…」と不安に駆られて同じ行動をとってしまう。その気持ちは分からないでもないが、こうした心理の広がりや狼狽ぶりはどこかで見たような気もする。

◆トイレットペーパーも食料品も在庫は豊富というから品切れは直に解消されよう。ただ、新型コロナの終息には時間がかかることを覚悟すべきだ。外出の自粛といってもやはり疲れはたまるものなので、自宅ではラジオ体操など体のケアに気を配りたい。

◆頭の体操ならばデイトレがうってつけ。ボラティリティ(変動率)が高止まりしており、上がるにも下がるにも大きく振れやすく値幅取りにはおもしろい局面といえる。デイトレには手数料の安いネット証券がお勧め。個別株もよいが、日経平均先物ミニなら少ない資金で手軽に売買できるのでこの際「先物」を試されてはどうだろうか。

◆さて、日経平均株価だが、3月25日に1万9564円まで勢いよく戻したものの、その後は軟調で4月2日時点で1万7818円と4日続落。3月期末を意識したドレッシング(お化粧買い)も終わり、再び新型コロナの拡大に懸念を強める雰囲気だ。確かに先行きに楽観は禁物だが、株価の上方を推移する25日移動平均線(1万9000円処)に迫って一服という流れはチャートのセオリーでもある。3月19日の彼岸底(1万6358円)まで1ヵ月で31%も急落したことでセリング・クライマックス感も漂わせており、ここでは「乱高下、もみ合い」をもう少し続けてもおかしくない。切り返すなら2万円回復の可能性もある。

◆慎重姿勢を維持しながらも、目先と中期のシナリオを分けて想定しながら、デイトレで小まめに対応していきたい。

(4月2日 記、毎週土曜日に更新)

情報提供:富田隆弥のチャートクラブ

株探ニュース

富田隆弥

CHART CLUB
▶︎著者ページ一覧

関連記事・情報

  1. 【植木靖男の相場展望】 ─ 好材料にも目を凝らせ!! (04/04)
  2. 来週の相場で注目すべき3つのポイント:ファーストリテなど決算、二番底模索、.. (04/04)
  3. すご腕投資家さんに聞く「銘柄選び」の技 内田衛さんの場合<最終回> (04/03)
  4. 今週の【早わかり株式市況】2週ぶり大幅反落、ロックダウン警戒で外国人による.. (04/04)
  5. 【今週読まれた記事】コロナ後の躍進見据え、なるか5G“復活高” (04/04)
  6. 今週の【話題株ダイジェスト】レオクラン、ビーマップ、すららネット (3月30日~4月3日)
  7. レーティング週報【最上位を継続+目標株価を増額】 (3月30日-4月3日)
  8. 解禁秒読み「オンライン診療」最前線株、“医療崩壊”阻止へ高まる注目 <株探.. (04/04)
  9. 高成長【始動】候補リスト〔第1弾〕 16社選出 <成長株特集> (04/02)
  10. 来週の決算発表予定 セブン&アイ、ファストリ、安川電など (4月6日~10日)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (10月23日発表分) 注目
  2. 2
    リベンジ!個別材料株、晩秋に燃え上がる成長シナリオ「厳選5銘柄」 <株探トップ特集> 特集
  3. 3
    【杉村富生の短期相場観測】 ─ 急騰してきただけに、休養(調整)は必要! 市況
  4. 4
    【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ 中国関連株に注目!世界に先駆けて得る経済回復の果実 市況
  5. 5
    国内株式市場見通し:日経平均は一進一退の動きが継続へ 市況
人気ニュースベスト30を見る
ログイン プレミアム会員登録
PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.