ログイン
2020年4月4日 8時00分
市況

【植木靖男の相場展望】 ─ 好材料にも目を凝らせ!!

「好材料にも目を凝らせ!!」

●悪材料満載の中、株価下落を阻むもの

3月下旬にかけて、東京では桜がすでに開花しているなかで、雪が降った。いささか風流すぎるが、異常である。51年ぶりという。異常といえば新型コロナウイルス。どこかで異常気象とつながっているのかもしれない。

ところで、発生地の中国から欧州、そして米国へとコロナウイルスの震源地が移行している。その過程で世界の株式市場は大きく震撼している。市場はこのウイルスに太刀打ちできず、打ち負けているのだ。こうしたなかで、株価の先行きを見通すことは至難の業だ。

したがって、“姿の見えない敵”を相手に、株価見通し論は議論百出とならざるを得ない。といっても投資家の信頼を得るような見通しは、百通りあってもこれという決定打は見いだせないのが現状である。市場環境を見渡せば悪材料満載で、コロナの拡大懸念、原油安、企業収益の大幅減予想、失業率の急上昇など、まるで世界経済、金融が破綻するかのような話題に事欠かない。

だが、であれば株価は日々どんどん下落するのかといえば、そうではない。現状、日経平均株価を見れば3月19日の安値を下回っていないのだ。ということは、株価下落を阻む何かの好材料があるからだ。

たとえば、コロナ先進国の中国は早くも武漢封鎖を解除、コロナを制覇しつつあることを世界に示している。このことは、やがて欧米なども同じプロセスに入るとみてよい。

●下値不安乏しい銘柄で短期勝負

わが国株式市場をみれば、1~2月の売買代金1~2兆円だったものが、3月に入って3~4兆円と膨らんだ。株式を売る人もいれば買う人もそれだけ存在するということだ。中堅証券あたりには、いつもと違った相当の新規資金が入ってきているという。おそらく、富裕層のそれとみてよい。

次に、株式指標にも明るい材料がある。PERはこうした暴落時には通用しないが、PBRは別だ。目下、0.87倍だ。これは歴史的にみても最低水準とみてよい。企業収益は大幅減益であっても、大企業がそろって赤字企業になるとは思えない。PBR0.87倍は好材料といえそうだ。

ところで、こうしたことを踏まえて、少なくとも4月相場を予想すると、この水準では下値もあまりなく、上値も重い。つまり、底値波乱がなおしばらく継続するとみたい。2月高値から3月安値までの日柄が約1ヵ月、それほど長くない。とすると、底値波乱も近々終わりを告げるのではないか。

さて当面の物色は、それなりに上値を追うだけの人気があり下値不安が乏しい、こういう銘柄の短期勝負といきたい。だが、いったん下げの気配が見えたら、躊躇なく逃げるのが勝ちであることもお忘れなく。

まず、メドピア <6095> [東証M]。オンライン診療はコロナ終息後も成長性は高そうだ。また、佐川急便で知られるSGホールディングス <9143> に注目したい。新たに日経500に採用。巣ごもり消費の代表株だ。エムスリー <2413> も妙味大きい。ここまでパフォーマンス的にもっとも安定度が高い。“医療情報のグーグル”と言わしめるほどだ。

2020年4月3日 記

株探ニュース

植木靖男

相場展望
▶︎著者ページ一覧

関連記事・情報

  1. すご腕投資家さんに聞く「銘柄選び」の技 内田衛さんの場合<最終回> (04/03)
  2. 伊藤智洋が読むマーケット・シナリオ【週間展望】 4月5日版
  3. 富田隆弥の【CHART CLUB】 「目先はデイトレで小まめに対応」 (04/04)
  4. 来週の相場で注目すべき3つのポイント:ファーストリテなど決算、二番底模索、.. (04/04)
  5. 今週の【早わかり株式市況】2週ぶり大幅反落、ロックダウン警戒で外国人による.. (04/04)
  6. 【今週読まれた記事】コロナ後の躍進見据え、なるか5G“復活高” (04/04)
  7. 高成長【始動】候補リスト〔第1弾〕 16社選出 <成長株特集> (04/02)
  8. 解禁秒読み「オンライン診療」最前線株、“医療崩壊”阻止へ高まる注目.. (04/04)
  9. 静かな町で明日を探る、「ローカル5G」関連の可能性 <株探トップ特集> (04/02)
  10. 来週の決算発表予定 セブン&アイ、ファストリ、安川電など (4月6日~10日)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (8月6日発表分) 注目
  2. 2
    ★本日の【サプライズ決算】速報 (08月06日) 注目
  3. 3
    ★本日の【サプライズ決算】続報 (08月06日) 注目
  4. 4
    任天堂、4-6月期(1Q)経常は6.8倍増益で着地 決算
  5. 5
    明日の株式相場戦略=700社強が決算発表、米国情勢に関心向かうか 市況
人気ニュースベスト30を見る
ログイン プレミアム会員登録
PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.