ログイン
2020年5月31日 19時30分
特集

今期活躍必至の【連続最高益】銘柄リスト〔第1弾〕 <成長株特集>

新型コロナウイルスの影響で集計が遅れていた3月期決算企業の本決算発表がようやく一巡した。本特集では、20年3月期に経常利益ベースで過去最高益を達成し、21年3月期も成長継続を見込んでいる銘柄にスポットライトを当てた(5月29日現在)。

下表では、時価総額1500億円以上の3月期決算企業を対象に、21年3月期の経常利益が連続で最高益を更新する見通しを示している29社を選び出し、「増益率が大きい」→「最高益の連続期数が多い」順に記した。なかでも、最高益更新の連続期数が多い銘柄は、利益を創出する競争力の強い商品やサービスを持つ企業が多く、今後も利益成長による最高益更新が期待される。

増益率トップとなったのは昨年12月に新規上場したJMDC <4483> [東証M]。21年3月期は製薬会社や保険会社向けデータ利活用サービスを主力とするヘルスビッグデータ事業が拡大し、税引き前利益は前期比14.8%増の25億円と6期連続で過去最高益を更新する見通しだ。今期は医療ビッグデータを中心とする既存領域に加え、薬剤の添付文書データベースなど医療機関向け支援サービスの拡充を進めていく。同社は遠隔医療事業を展開しており、政府が推進するオンライン医療の関連銘柄としても注目度が高い。

2位の日本新薬 <4516> は薬価改定などのマイナス影響があるものの、肺動脈性肺高血圧症治療剤「ウプトラビ」の海外売上に伴うロイヤリティ収入や共同販促収入などが伸長するうえ、デュシェンヌ型筋ジストロフィー治療剤「ビルテプソ」の投入も寄与し、今期の経常利益は8期連続の最高益更新を目指す。また、配当は前期比13円増の99円と9期連続の増配を計画している。

3位のインターネットイニシアティブ <3774> はATM運営事業が新型コロナウイルスの影響を受けるものの、テレワークの拡大に伴うリモート需要の増加で法人向けインターネット関連やセキュリティサービスのアウトソーシングなどが増勢で、今期経常利益は前期比11.7%増の80億円に伸びる。

4位のカプコン <9697> はデジタルコンテンツ事業で4月3日に発売した「バイオハザード RE:3」を筆頭に大型新作を複数投入するほか、デジタル販売も強化し、21年3月期は経常利益が前期比11.1%増の255億円と4期連続で最高益を更新する見込みだ。好決算を背景に株価は上場来高値を更新している。

5位のベネフィット・ワン <2412> は新型コロナウイルスの感染拡大で従業員の健康管理サポートへの関心が高まり、健康診断や保健指導の運営を代行するヘルスケア事業の収益が急拡大する。また、主力の福利厚生代行サービスでは働き方改革の進展などを背景に、法人会員が引き続き増加し、10期連続の最高益更新を見込む。

6位の明治ホールディングス <2269> は健康や栄養に対する意識が高まる中、主力の食品部門でプロバイオティクスやヨーグルトなど発酵デイリー分野の採算が改善するほか、医薬品部門では海外子会社の収益が拡大する。さらに、両部門で経費削減を進めることも寄与し、今期経常利益は前期比7.4%増の1110億円に伸びる計画だ。決算発表と同日に、傘下のKMバイオロジクスが新型コロナウイルス感染症に対するワクチンの開発を始めることも明らかにしている。

7位の伊藤忠テクノソリューションズ <4739> 、8位のオービック <4684> 、16位のネットワンシステムズ <7518> は企業の旺盛なシステム投資需要を取り込み、売上高、経常利益ともに過去最高の更新が続く計画を立てている。

最高益連続期数の多い銘柄に目を向けると、23位のヤオコー <8279> が32期連続でトップ、次に21位のエス・エム・エス <2175> が17期連続と続く。ヤオコーは内食需要の拡大を背景に足もとで既存店売上高の2ケタ増収が続いており、今期も成長持続が期待される。一方、エスエムエスは深刻な人手不足が続く介護職向け人材紹介の成長が継続する見通しだ。

 ┌─── 経常利益 ───┐  最高益  予想

コード 銘柄名     増益率 21年3月期 20年3月期 連続期数  PER

<4483> JMDC    14.8   2500   2178    6  115

<4516> 日本新薬    13.6   25500   22442    8  32.9

<3774> IIJ     11.7   8000   7159    2  34.3

<9697> カプコン    11.1   25500   22957    4  22.6

<2412> ベネ・ワン    7.5   9100   8462    10  60.4

<2269> 明治HD     7.4  111000  103324    8  16.9

<4739> CTC      7.4   44600   41541    5  28.0

<4684> オービック    7.1   49300   46012    9  47.2

<7947> エフピコ     6.9   17400   16274    2  29.0

<6055> Jマテリアル   5.7   8600   8133    8  31.0

<3360> シップHD    5.4   21000   19931    2  18.3

<4348> インフォコム   5.2   8700   8268    10  27.0

<8086> ニプロ      4.6   24500   23417    2  15.2

<7164> 全国保証     3.1   36870   35760    9  11.2

<4528> 小野薬      2.9   82000   79696    2  25.2

<7518> ネットワン    2.6   17000   16563    2  24.0

<2264> 森永乳      2.4   26500   25867    5  15.1

<9143> SGHD     2.4   82500   80532    4  23.0

<8424> 芙蓉リース    2.2   45000   44045    4  6.9

<4921> ファンケル    2.0   14600   14313    3  36.9

<2175> エスエムエス   1.6   6459   6355    17  48.7

<9090> 丸和運機関    1.5   7500   7392    6  39.0

<8279> ヤオコー     1.4   19900   19629    32  21.6

<4021> 日産化      1.0   40400   40003    7  22.5

<2267> ヤクルト     0.9   59000   58478    4  28.6

<2331> ALSOK    0.8   39200   38880    4  21.7

<1417> ミライトHD   0.4   23300   23207    4  10.7

<4555> 沢井製薬     0.2   26550   26497    3  13.0

<8919> カチタス     0.0   9896   9895    6  27.6

※経常利益の単位は百万円。連続期数は同一会計基準における期数。

株探ニュース

関連記事・情報

  1. 「6月株主優待」期待株ピックアップ、還元縮小“無縁銘柄”は <株探トップ特集> (06/01)
  2. 【杉村富生の短期相場観測】 ─基本方針は“売り上がり”、投資戦術は“小すく.. (05/31)
  3. 【高配当利回り株】ベスト50 <割安株特集> (5月29日現在)
  4. 5万円以下で買える、高ROE&好業績 10社選出【2部・新興】編 <割安株特集> (05/31)
  5. ★本日の【サプライズ決算】速報 (06月01日)
  6. 潮流変化! 復活する「建設ICT」究極のリターンリバーサルへ <株探トップ特集> (05/30)
  7. すご腕投資家さんに聞く「銘柄選び」の技 すぽさんの場合-第2回 (05/29)
  8. 「株探」の歩き方 ― (21)大化け期待の成長銘柄をピックアップしよう (05/29)
  9. 桂畑誠治氏【日経平均2万2000円台回復、6月相場の上値は】 <相場観特集> (06/01)
  10. 【植木靖男の相場展望】 ─ ハイテク、医療、景気敏感の循環買いが続く (05/30)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (8月11日発表分) 注目
  2. 2
    利益成長【青天井】銘柄リスト〔第2弾〕 10社選出 <成長株特集> 特集
  3. 3
    アンジェスが大幅続伸、「ワクチン生産体制等緊急整備事業」に採択 材料
  4. 4
    ★本日の【サプライズ決算】続報 (08月11日) 注目
  5. 5
    明日の株式相場戦略=AI主導、400円超の上昇で新たな景色 市況
人気ニュースベスト30を見る
ログイン プレミアム会員登録
PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.