ログイン
2020年7月7日 17時35分
市況

明日の株式相場戦略=「半導体・DX・5G」と「消費の勝ち組」

きょう(7日)の東京株式市場は日経平均株価が4日ぶりに反落。しかし、下げ幅は99円安にとどまった。今週は8日と10日に主要なETFの決算が集中しており、分配金支払いに充てる現金捻出のため先物及び現物株に7000億円程度の売り圧力が発生するという指摘があるほか、今週末にはオプションSQの算出も控えている。売り方にすれば仕掛けの好機にも映るが、相場というのは天邪鬼(あまのじゃく)で月曜日から日経平均は真逆のリスクオンモードに傾いた。きょうは、アジア株も冴えないなかで、利食い急ぎの動きが出ても不思議はなかったが踏みとどまった。良くも悪くもあすの動きは一つのポイントとなる。

個別では、前日に続き半導体関連株 が買われているが、結構上ヒゲも目立つ展開となっている。これは今の相場の特徴であり半導体関連株に限ったことではないのだが、噴き値は基本的に見送るスタンスが望ましい。例えば勢いのある銘柄については、追撃したい誘惑に駆られるが無理をせず、取引時間中でも緩んだところを拾うスタンスで臨む。買えないで上に行ってしまった場合には他の銘柄を探せばよいだけの話である。機会損失を恐れる必要はなく、回避すべきは実損、高値に飛びついて引かされるという現実である。もちろん目先の買い値にこだわらず、銘柄に惚れ込むことも投資家の感性を磨くうえで大切なことだが、その場合は数年タームのタイムカプセル投資で資金を寝かせるくらいの気構えが必要だ。

6月中旬、16日以降の東京エレクトロン<8035>の上昇相場はかなり鮮烈だった。既に時価総額は4兆7000億円、これだけの大型株が驚くほど軽いフットワークをみせるのは半導体関連セクター全体が潮の流れに乗っていることを意味する。株式市場ではマスクブランクス検査装置で大化けしたレーザーテック<6920>の次を探す動きも活発化しそうだ。化合物半導体に強くプラズマCVD装置やドライエッチング装置で高い商品競争力を持つサムコ<6387>は、2001年5月につけた上場来高値(分割修正後株価で2666円)にほぼ肩を並べる水準まで浮上してきたが、このまま青空圏突入となるかが注目される。

半導体関連の一角で感光材料を手掛けるダイトーケミックス<4366>が動兆しきりだが、中期的にも25日移動平均線を支持ラインとする綺麗な上昇トレンド形成途上でマークしたい。医薬中間体分野の展開も厚く、アビガンの中間体を供給していることも見逃せない。

また、デジタルトランスフォーメーション(DX)関連では目先上昇一服となっているテクノスジャパン<3666>やフライトホールディングス<3753>などに目がとまる。テクノスJは独SAP製を中心にERPソフトの導入支援ビジネスを展開するが、ITコンサル会社としてAIビッグデータの活用支援に本格的に乗り出しており、株価の見直しが急だ。また、フライトはモバイル決済で実績が高く、政府が推進するキャッシュレス社会に向けて活躍余地が大きく、ウィズコロナ環境下での成長シナリオが描きやすい。

DXや半導体市場の拡大とも密接に絡むのが次世代高速通信規格の5Gだ。同関連では5G基地局向けで旺盛な需要が発現している電子デバイスのメッキ加工を手掛ける山王<3441>の株価が良いポジションにある。1000円トビ台は値幅効果の出しやすい水準といえ、信用買い残など株式需給面でも重さは感じられない。

個人消費に絡む企業も勝ち組とそうでない銘柄との境界線が徐々に鮮明化しつつある。巣ごもり消費に絡むeコマース関連の優位性は、「コロナ以前」から「アマゾンエフェクト」で嫌というほど見せつけられてきたが、すべてをオンライン通販で完結するわけにはいかないのが実社会であり、しっかりと店舗展開する企業も消費者にとっては必要だ。そのなかニトリホールディングス<9843>の業績と株価推移は大きなヒントとなる。もちろんテレワーク導入加速の恩恵だけではなく、消費マインドのデフレ化に抗して収益を伸ばす小売企業の典型としてマーケットの視線は熱い。直近では首都圏で複合小売店を展開するスーパーバリュー<3094>が好決算を背景に急速人気化したが、この流れで中国地方を中心にホームセンターを展開するジュンテンドー<9835>あたりに注目してみたい。

日程面では、あすは5月の国際収支が朝方取引開始前に財務省から開示されるほか、後場取引時間中に6月の景気ウォッチャー調査が内閣府から発表される。海外では5月の米消費者信用残高のほか、米10年債の入札が予定される。

(中村潤一)

出所:MINKABU PRESS

関連記事・情報

  1. 雨宮京子氏【大幅高の日経平均、ここからの投資戦略を読む】(1) <相場観特集> (07/06)
  2. 【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (7月7日発表分) (07/07)
  3. 米「GAFAM」牽引で新上昇波、高まる夏相場への期待感 <株探トップ特集> (07/07)
  4. 「ゲリラ豪雨」が10位、九州の大雨被害を市場も強く意識<注目テーマ> (07/07)
  5. 逆風下の最高益、四半期【大復活】銘柄リスト <成長株特集> (07/05)
  6. ★本日の【サプライズ決算】速報 (07月07日)
  7. 明日の決算発表予定 イオン、ファミマなど22社 (7月7日)
  8. レーティング日報【最上位を継続+目標株価を増額】 (7月7日)
  9. 話題株ピックアップ【夕刊】(1):Sansan、レーザーテク、ヤマトHD (07/07)
  10. 【↓】日経平均 大引け| 4日ぶり反落、前日急伸の反動で利益確定売り優勢 (7月7日)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (8月5日発表分) 注目
  2. 2
    目撃せよ成長の軌跡、「ライブ配信」産業はブレイク中 <株探トップ特集> 特集
  3. 3
    コロナ直撃の4-6月期に【増収増益】達成リスト <成長株特集> 8月5日版 特集
  4. 4
    ★本日の【サプライズ決算】続報 (08月05日) 注目
  5. 5
    ★本日の【イチオシ決算】 MCJ、レーザーテク、ソリトン (8月5日) 注目
人気ニュースベスト30を見る
ログイン プレミアム会員登録
PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.