ログイン
2020年7月28日 19時00分
特集

コロナ直撃の4-6月期に【増収増益】達成リスト <成長株特集> 7月28日版

21年3月期第1四半期(4-6月)の決算発表が本格化している。新型コロナウイルス感染拡大の影響が本格的に出てくるとみられる4-6月期は、1-3月期に続いて業績が悪化する企業が相次ぐことが予想される。一方、こうした状況下で好業績を残した企業はウィズコロナ、アフターコロナの世界でも成長が期待できる有力候補として注目を集めそうだ。

本特集では、本日発表された決算の中から、4-6月期(第1四半期)に増収増益を達成した銘柄をリストアップしてみた。下表は、時価総額50億円以上の銘柄を対象に、4-6月期に売上高と経常利益がともに前年同期を上回って着地した7社を選び出し、4-6月期の増益率が高い順に並べた。

なかでも足元の業績が上向き、3四半期以上連続で増収増益を達成した企業は持続的に成長する可能性が高い。経済環境の改善が進んだ際には、業績成長の加速が期待できる銘柄候補として注目していいだろう。

┌ 経常利益 ┐  ┌ 売上高 ┐  増収増益 対通期 予想

コード 銘柄名    増益率 4-6月期 増収率 4-6月期 連続期数 進捗率  PER

<4113> 田岡化      155   790  37.0  7832     3  28.2 18.6

<2208> ブルボン    95.6   939   0.4  27878     1  26.1 19.2

<8218> コメリ     73.1  12414  15.8 111805     2  65.0 13.3

<8035> 東エレク    68.4  75089  45.5 314823     1  27.3 22.0

<5906> エムケー精工  24.7   328   0.3  5194     1  54.7 13.5

<4726> SBテク    20.7   658  13.8  14759     1  18.3 39.3

<6967> 新光電工    黒転  4694  24.7  42425     3  42.7 32.7

※売上高、経常利益の単位は百万円。増益率、増収率は前年同期に比べた増加率、単位は%。連続期数は四半期ベースの連続回数。対通期進捗率は経常利益の通期計画に対する4-6月期の進捗割合、単位は%。

株探ニュース

関連記事・情報

  1. 「最高益」予想なのに割安評価、ヒストリカルPERで見つけるお値打ち株.. (07/27)
  2. 輝く高収益、「ROE10%超」好業績リスト 26社選出 <成長株特集> (07/26)
  3. 「株探」の歩き方 ― (25)長期成長が期待できる【テンバガー】銘柄を探そう (07/22)
  4. ★本日の【サプライズ決算】続報 (07月28日)
  5. ★本日の【イチオシ決算】 東応化、東エレク、新光電工 (7月28日)
  6. 明日の決算発表予定 三井住友FG、野村など82社 (7月28日)
  7. 敵対的TOBも登場する「親子上場」の行方、「キオクシア」IPO観測に注目も.. (07/28)
  8. 武者陵司 「敵対関係に入った米中、その経済・投資への含意」<前編> (07/28)
  9. 【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ 中国景気の回復で恩恵享受の設備投資関連.. (07/26)
  10. 【杉村富生の短期相場観測】 ─変化に対応できる企業が生き残り、成長する! (07/26)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (9月25日発表分) 注目
  2. 2
    新「量子コンピューター関連」特選株、“時空超え大相場”に夢託す6銘柄 <株探トップ特集> 特集
  3. 3
    上方修正“先回り”、20年2月期【業績上振れ】候補リスト <成長株特集> 特集
  4. 4
    【杉村富生の短期相場観測】 ─ 各論(銘柄)勝負の投資戦術が有効! 市況
  5. 5
    【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ 騰勢復活の重石となる米国市場、M&A関連など内需株が突破口に! 市況
人気ニュースベスト30を見る
ログイン プレミアム会員登録
PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.