ログイン
2020年10月10日 16時04分
市況

新興市場見通し:「ニューエコノミー」意識高揚で18年高値視野に、IPOは来週2社

※一部配信先でエラーが生じたため、再配信します。

今週の新興市場では、マザーズ指数が日経平均以上の堅調ぶりを見せた。週間では4週連続で上昇し、2018年2月以来およそ2年8カ月ぶりに1300pt台を回復している。市場では過熱感を指摘する声が少なからず聞かれるが、前回の当欄で述べた「ニューエコノミー」台頭への期待から新興株の循環物色が続いた。また、日経平均もコロナショック後の戻り高値を更新するなど堅調だったものの、米大統領選の行方など不透明要因が多いため、個人投資家の物色は主力大型株でなく新興株に向かったようだ。なお、週間の騰落率は、日経平均が+2.6%であったのに対して、マザーズ指数は+9.3%、日経ジャスダック平均は+2.1%だった。

個別では、メルカリ<4385>が週間で11.4%高、フリー<4478>が同5.0%高となるなど、マザーズ時価総額上位は全般堅調だった。メルカリは米大手運用会社による大量保有報告書提出が観測されている。BASE<4477>は同31.0%高となり、上場来高値を大きく更新。弁護士ドットコム<6027>は政府が押印廃止の方針を示したことで同23.9%高となった。売買代金上位では、米国で医療用ロボットの対象疾患拡大が承認されたサイバーダイン<7779>に加え、HENNGE<4475>などが大幅に上昇。また、GMOフィナンシャルゲート<4051>が週間のマザーズ上昇率トップとなった。一方、オンコセラピー・サイエンス<4564>などが下落率上位に顔を出した。ジャスダック主力では出前館<2484>が同11.6%高となり、その他もワークマン<7564>が同4.4%高となるなど全般堅調。ただ、9月既存店売上高が減収となったセリア<2782>は同2.4%安と軟調だった。また、週間のジャスダック上昇率上位にはトミタ電機<6898>、下落率上位にはまぐまぐ<4059>などが顔を出した。IPOでは、タスキ<2987>がマザーズ上場3日目で公開価格の約7.6倍という初値を付けた。ただ、東証1部上場のダイレクトマーケティングミックス<7354>は公開価格をやや下回る初値となった。

来週の新興市場では、マザーズ指数が2018年1月高値1367.86ptも視野に入れ、堅調な動きを続けそうだ。菅政権が行政のデジタル化、オンライン診療の原則解禁などIT利活用に向けた方針・施策を相次ぎ打ち出しており、個人投資家の物色は引き続き「ニューエコノミー」関連の新興株に向かいやすいだろう。コロナ禍以降の個人投資家のすそ野拡大などを背景に、資金流入もなかなか途絶えない。

来週は、10月12日にエヌ・ピー・シー<6255>、13日にチームスピリット<4397>、Sansan<4443>、14日にNo.1<3562>、UUUM<3990>、関通<9326>、15日にウエストHD<1407>、出前館、ティーケーピー<3479>、マネーフォワード<3994>、ロゼッタ<6182>などが決算発表を予定している。ティアンドエス<4055>とインターファクトリー<4057>は8月の上場後、初の決算発表となる。直近上場組は需給主導で大きく値上がりした銘柄が多いだけに、相応に良好な決算か注視する必要があるだろう。

IPO関連では、10月13日に日通システム<4013>がマザーズへ、16日にアースインフィニティ<7692>がジャスダックへそれぞれ新規上場する。勤怠管理システムを手掛ける日通システムは公開規模が大きいものの、まずまずしっかりした初値が見込まれる。新電力会社のEインフィニティは逆に公開規模が小さく、値を飛ばしてきそうだ。

《HK》

提供:フィスコ

関連記事・情報

  1. 国内株式市場見通し:日経平均もちあい上抜け下値切り上げへ (10/10)
  2. 【村瀬智一が斬る!深層マーケット】 ─ 日経平均は2万4000円を意識したスタン.. (10/10)
  3. 富田隆弥の【CHART CLUB】 「ここからは乱高下も」 (10/10)
  4. 植草一秀の「金融変動水先案内」 ―コロナの表と裏- (10/10)
  5. 米国株式市場見通し:第3四半期企業決算やアップルイベントに注目 (10/10)
  6. 為替週間見通し:もみ合いか、米大統領選の行方にらみ株価動向を注視へ (10/10)
  7. 来週の【重要イベント】機械受注、米中消費者物価、米小売売上高 (10月12日~10月18日)
  8. 今週の【早わかり株式市況】4週ぶり大幅反発、トランプ大統領の早期退院でリス.. (10/10)
  9. 【今週読まれた記事】輝き放つ“秋の7連星” 隆盛誇る中小型材料株 (10/10)
  10. 今週の【話題株ダイジェスト】 Aバランス、リバーエレク、GMOメディ (10月5日~9日)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (1月19日発表分) 注目
  2. 2
    明日の株式相場に向けて=躍進する半導体、裏街道に量子コンピューター 市況
  3. 3
    「寒波襲来」+「再生エネ」で人気に着火、電力設備投資関連株を狙え! <株探トップ特集> 特集
  4. 4
    話題株ピックアップ【夕刊】(1):太陽誘電、東レ、ブイキューブ 注目
  5. 5
    15日の米株式市場の概況、ダウ平均株価は177ドル安と3日続落 市況
人気ニュースベスト30を見る
ログイン プレミアム会員登録
PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.