ログイン
2020年10月11日 9時15分
市況

【杉村富生の短期相場観測】 ─ “小物”を軸とする個別物色の展開に!

「“小物”を軸とする個別物色の展開に!」

●徐々に現金比率を高める戦術を推奨!

10~11月(秋)相場は個別物色の展開になる、と主張している。インデックス(日経平均株価TOPIXなど)、および主軸株は“高値しぐれ”商状に陥るだろう。個人投資家のターゲットにはなりにくい。半面、東証マザーズ指数の新値追いにみられるように、“小物”はすこぶる元気である。ここが物色対象だろう。

さらに、キーエンス <6861> 、任天堂 <7974> 、日本電産 <6594> 、HOYA <7741> 、村田製作所 <6981> 、SMC <6273> 、ユニ・チャーム <8113> 、ニトリホールディングス <9843> などが採用されている日経500種平均は史上最高値圏(前述の銘柄は日経平均には不採用)にある。

マーケットではニューノーマル(低金利、低物価、低成長)時代の投資の主役を探そうとしている。メインは株式だが、将来的には通貨(ドル)不安が浮上、金(ゴールド)が買われるだろう。もちろん、グロース(成長株)がフィーバーとなるが、コロナショックに直撃されたバリュー(成熟株)の出直りが期待できる。

要するに、相場解析に際しては短期的な視点と長期的な視点を分け、投資戦術では短期・順張りと長期・逆張りを区別し、緩急をつけた手法が求められるということ。まして、11月3日のアメリカ大統領選挙の結果次第ではショック安がマーケットを襲う可能性があろう。

●ユニークな銘柄発掘法を紹介する!

だからこそ、ここは“小物”の小すくい作戦に際し、キャッシュ・ポジション(現金比率)を徐々に高めておくべきではないか、と考えている。万一の場合、「絶好の買い場なのは承知しているものの、銭(ゼニ)がありません」では困る。まさに、「鯨3文といわれても銭がなければ買えぬ」とか、「ないソデは振れないチャンチャンコ」といった状態である。

秋相場のテーマ、活躍期待株はどうか。まず、スガノミクスは中核テーマとなる。今回は菅首相の持論というべき地銀再編を取りあげておこう。 地銀の勘定系システムではNTTデータ <9613> がシェア4割を有する。アイエックス・ナレッジ <9753> [JQ]はNTTデータと協業している。

量子コンピュータはノーベル賞の選に漏れたが、引き続いて重要なイノベーションであることは間違いない。HPCシステムズ <6597> [東証M]はこの分野の第一人者だ。オンライン診療には電子カルテが必要不可欠である。この関連はソフトマックス <3671> [東証M]だ。株価は押し目買いのチャンスを迎えている。

さて、次にユニークな銘柄発掘法を紹介しよう。まあ、そんな大仰なものではないが…。まず、複数の調査機関が公表しているPTS(時間外取引)の値上がり率ランキングだ。このデータの上位に登場する(本市場では値動きが乏しい)銘柄は密かに玉を集めている“筋”の存在を意味する。最近のケースではYE DIGITAL <2354> [東証2]だろう。

ネット証券の信用貸株金利も参考になる。10月5日の適用分ではALBERT <3906> [東証M]が14%、GA technologies <3491> [東証M]が11%となっている。これは売り方(買いの予約)が多い一方、株券の調達が難しいことを示しているのではないだろうか。

2020年10月9日 記

株探ニュース

関連記事・情報

  1. 全方位「DX関連株」ビッグウェーブ、業界革命の旗手“特選5銘柄” <株探トップ.. (10/10)
  2. 変幻自在の2倍株ハンター、2カ月に1つのハイペースで獲得する技 (10/08)
  3. 【村瀬智一が斬る!深層マーケット】 ─ 日経平均は2万4000円を意識したスタン.. (10/10)
  4. 上方修正“先回り”、20年12月期【業績上振れ】候補〔第2弾〕 <成長株特集> (10/11)
  5. 10万円以下で買える、財務健全・低PER・低PBR 14社【東証1部】編 <割安株特集> (10/09)
  6. 【高配当利回り株】ベスト50 <割安株特集> (10月9日現在)
  7. 伊藤智洋が読むマーケット・シナリオ【週間展望】 10月11日版
  8. 来週の相場で注目すべき3つのポイント:、米追加財政政策協議の行方、米小売売.. (10/10)
  9. 【今週読まれた記事】輝き放つ“秋の7連星” 隆盛誇る中小型材料株 (10/10)
  10. 今週の【話題株ダイジェスト】 Aバランス、リバーエレク、GMOメディ (10月5日~9日)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    10万円以下で買える、高ROE&低PER 29社【東証1部】編 <割安株特集> 特集
  2. 2
    5日と25日線【ゴールデンクロス】低PER&低PBR 31社選出 <テクニカル特集> 11月27日版 特集
  3. 3
    話題株ピックアップ【夕刊】(1):東京ドーム、ファーマF、日電産 注目
  4. 4
    【今週読まれた記事】来たるべき大相場の“序章”再生エネ・EV相場の急先鋒 New! 特集
  5. 5
    ゼロから始める「株探」の歩き方 ― (32)総悲観の時も、熱狂に包まれた時も、株価は本来の企業価値を基準に動いている【市場マップ】 特集
人気ニュースベスト30を見る
ログイン プレミアム会員登録
PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.