ログイン
2020年10月11日 8時00分
市況

伊藤智洋が読むマーケット・シナリオ【週間展望】 10月11日版

225先物期近のチャートで見る上昇と横ばいの違い

1. 2020年3月以降の7860円幅の上昇局面の上げ期間は20営業日だけ

図1は日経225先物期近日足のチャートです。3月17日に押し目をつけた後、上昇を開始しています。価格は3月17日の安値1万5860円から10月9日の高値2万3720円まで7860円幅もの上げ局面となっています。

ちなみに、1991年から2019年までの期間で、年間の変動幅が7000円幅を超えた年は、1992年、2000年、2008年の3回だけです。3月以降の上昇局面がどれだけ大きいのかがわかります。

図1 225先物期近日足 2020年の上昇期間

【タイトル】

さて、本年3月以降はだいたい30年間で3回しか表れたことのない大幅な上昇局面なのですが、チャートをよく見ると、上げ幅を拡大している期間が20営業日しかありません。

すでに半年以上、100営業日以上を経過しているにもかかわらず、その中で上昇している期間は、押し目をつけた後の3営業日と、5月から6月上旬までの17営業日だけです。その他はもみ合いの動きを経過して、結果として以前の高値(3月25日の高値、6月8日の高値)付近か、それ以下へ値を押し戻される保ち合いの動きとなっています。

このような上げ方は本年だけの特別な値動きではなく、おおまかにチャートを見ると、毎年、上昇、下降の流れを作っている期間が短く、ほとんどの期間で一定のレンジ内でジグザグに推移しているだけになっています。

予想をするだけなら「3月以降、上昇の流れへ入り、2月の高値を目指す」と言っておけば、当たっていると言われるところです。

しかし、相場で利益を求めるなら、上昇の流れへ入っているか、保ち合いを継続中か否かを見極めないと、3月以降、上昇局面を想定していても何度も損切りを繰り返すことになってしまいます。

そこで、今回は上昇場面とそうでない動きとを区別するため、上昇時の値動きの特徴を紹介します。

2. 上昇へ入っている場面で表れている値動きとは

図2~6は、図1と同じ225先物期近日足のチャートです。図2が2016年、図3が2017年、図4が2018年、図5が2019年、図6が2020年の上昇場面です。これらの年の上昇時は、「前日の安値を下抜かずに上昇を継続する」という動き方になっています。

図2 225先物期近日足 2016年

【タイトル】

図中の青線の先の数字は、その日の安値です。図2の2016年10月の上げ場面を順番に見ていくと、押し目をつけた後の上昇時には少しずつですが安値が切り上がっていることがわかります。数字を入れている最後の日に、安値が切り下がりました。その後、上昇を継続しましたが、すぐに上値を抑えられる動きとなっています。

11月以降の上昇場面では、上がり始めに前日の安値を下回る動きになりましたが、その後、上昇の流れへ入ると、調整入りまで前日の安値を維持する動きとなっています。余談ですが、調整入り後は、調整入り前の陽線の安値を維持する格好になっています。

こちらはプレミアム会員専用記事です
この先をご覧になるには株探プレミアムへのお申し込みが必要です。
※プレミアム会員の方はログインしてください

関連記事・情報

  1. 指数先物 【週間展望】-日経225先物のロング比率を引き上げて押し目狙い (10/11)
  2. 来週の相場で注目すべき3つのポイント:、米追加財政政策協議の行方、米小売売.. (10/10)
  3. 【村瀬智一が斬る!深層マーケット】 ─ 日経平均は2万4000円を意識したスタン.. (10/10)
  4. 【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ 年末年始にかけて需要高まる銘柄群で勝負! (10/11)
  5. 【杉村富生の短期相場観測】 ─ “小物”を軸とする個別物色の展開に! (10/11)
  6. 富田隆弥の【CHART CLUB】 「ここからは乱高下も」 (10/10)
  7. 変幻自在の2倍株ハンター、2カ月に1つのハイペースで獲得する技 (10/08)
  8. 全方位「DX関連株」ビッグウェーブ、業界革命の旗手“特選5銘柄” <株探トップ.. (10/10)
  9. 上方修正“先回り”、20年12月期【業績上振れ】候補〔第1弾〕 <成長株特集> (10/08)
  10. コロナ禍でも好業績、株価の戻りも堅調な「家賃保証」銘柄のなぜ (10/09)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    10万円以下で買える、高ROE&低PER 29社【東証1部】編 <割安株特集> 特集
  2. 2
    5日と25日線【ゴールデンクロス】低PER&低PBR 31社選出 <テクニカル特集> 11月27日版 特集
  3. 3
    話題株ピックアップ【夕刊】(1):東京ドーム、ファーマF、日電産 注目
  4. 4
    ★本日の【サプライズ決算】速報 (11月27日) 注目
  5. 5
    ゼロから始める「株探」の歩き方 ― (32)総悲観の時も、熱狂に包まれた時も、株価は本来の企業価値を基準に動いている【市場マップ】 特集
人気ニュースベスト30を見る
ログイン プレミアム会員登録
PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.