ログイン
2020年12月20日 9時15分
市況

【杉村富生の短期相場観測】 ─ 2021年をにらみ仕込む銘柄は?

「2021年をにらみ仕込む銘柄は?」

●業績急浮上銘柄の先取りを!

年末特有の荒っぽい展開になりつつある。株価不振の銘柄には還付金(納めた税金の戻し)狙いの利益圧縮の売りが出る。一方、新規の買いはIPO銘柄を中心に短期・順張りが中心だ。このため、資金の回転は速い。この動きには「ついていけない」とためらう投資家が多いと思う。

しかし、こんな局面だからこそ、2021年相場をにらみ、有望銘柄を静かにコツコツと仕込む投資戦術が有効ではないか。

イノベーション(技術革新)の進展とコロナショックは産業構造、生活スタイルを激変させた。21年はこうした環境変化を背景に、20年に続き新成長株が輩出されるだろう。改めて述べるまでもない。株式投資の基本は「良くなる企業」を買うこと。これに尽きる。

ちなみに、来期以降の業績がV字型の浮上に転じると予想されているのは三櫻工業 <6584> 、エー・アンド・デイ <7745> 、YE DIGITAL <2354> [東証2]、星和電機 <6748> 、GCA <2174> など。もちろん、テーマ性を内包している。

技術革新の分野ではAI(人工知能)DX(デジタルトランスフォーメーション)5G(第5世代移動通信システム)EV(電気自動車)自動運転全固体電池、クラウド、ビッグデータコロナワクチン再生可能エネルギー燃料電池、コールドチェーンなどがメインとなろう。

●産業構造、生活スタイルは激変する!

クラウドサービスのドーン <2303> [JQ]は「LIVE119映像通報システム」が消防署に本格導入される見通しとなっている。「LIVE110映像通報システム」もある。年商11億円(21年5月期予想)の同社にとって、この両製品の寄与度は大きい。業容一変の可能性を秘めている。

ジーエヌアイグループ <2160> [東証M]は10月6日に4070円の高値をつけた後、1800円絡みの水準に下押している。投機筋の貸株を使った売り仕掛けがあったようだ。しかし、新薬開発(5品目)は順調に進んでいる。海外ファンドの接触が相次いでいる、という。

半導体の微細化はホロン <7748> [JQ]の電子ビーム装置の需要拡大につながる。プリント配線基板の検査は「目視」(人間の目)が中心だったが、ユーザーサイド(特に自動車業界)が機械による検査を求めている。この検査装置の第一人者はインスペック <6656> [東証2]である。

似たようなことがソフトウェアの開発においても起こっている。従来、ソフトウェアのチェックは開発企業が行っていた。自分で開発し、自分で検査、「ハイOKです」といわれても…。これまた、専門業者に検査を依頼するように、強い要望が出ている。ソフトウェアテストサービス事業などを手掛けるバルテス <4442> [東証M]はメリットを享受する。

さらに、中堅企業のインターネット支援を手掛けるライトアップ <6580> [東証M]、ブリッジインターナショナル <7039> [東証M]は国策(中堅企業の育成、強化)に沿う。21年も活躍が期待できる。

2020年12月18日 記

株探ニュース

関連記事・情報

  1. 2020年奇跡の上昇相場、21年につなぐ「有望テーマ株5連弾」 <株探トップ特集> (12/19)
  2. 採れたて“好決算企業”を探る! 8-10月期「2ケタ増収増益」リスト <成長株.. (12/20)
  3. ニッポン発のコロナワクチン、そして次世代2次電池で期待の材料が ─ 和島英樹 (12/20)
  4. 【村瀬智一が斬る!深層マーケット】 ─ IPOラッシュは概ね好調、利食い資金の.. (12/19)
  5. 【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ ゴールド以上の輝き見せる非鉄関連株 (12/20)
  6. 伊藤智洋が読むマーケット・シナリオ【週間展望】 12月20日版
  7. 来週の相場で注目すべき3つのポイント:国内IPOラッシュ2週目、米追加経済対策.. (12/19)
  8. 今週の「妙味株」一本釣り! ─ サイバダイン (12/20)
  9. 今週の【話題株ダイジェスト】 クロスプラス、ギグワークス、土屋HD (12月14日~18日)
  10. 【今週読まれた記事】まだ“序章” 枠組み超え広がるEVの未来 (12/19)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    「デジタルトランスフォーメーション」首位、デジタル行政本番で大化けも<注目テーマ> 特集
  2. 2
    伊藤智洋が読む「日経平均株価・短期シナリオ」 (5月18日記) 市況
  3. 3
    ★本日の【サプライズ決算】続報 (05月17日) 注目
  4. 4
    三菱UFJ、今期最終は9%増益、2円増配へ 決算
  5. 5
    NY株式:NYダウ54ドル安、根強いインフレ懸念におされる 市況
人気ニュースベスト30を見る
ログイン プレミアム会員登録
PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.