ログイン
米国株
2021年2月4日 19時30分
特集

3密回避でコロナ禍でも安心!「おひとりさま」関連が飲食・レジャー株を救う <株探トップ特集>

―緊急事態宣言の延長で再脚光、ラーメン・キャンプ・調理家電など新需要も―

2月2日、政府は1月8日から実施している、新型コロナウイルス対策で2回目となる「緊急事態宣言」を3月7日まで延長すると発表した。期間の延長に伴い、外出や移動の自粛に関して「日中も含め」と新たに明記されたほか、事業所へのテレワークの更なる徹底の要請などがポイントとなっている。

居酒屋を含む飲食店の営業時間の短縮要請で、最近では全体に占める会食による感染の割合は減りつつあるが、複数人での食事には感染リスクが付きまとう。こうしたなか「密」を避けるため、食事や宿泊、娯楽などのサービスを1人で楽しむ動きが加速している。今後も感染リスクを減らすためにこの流れは続くとみられ、「おひとりさま」に関連するビジネスの活躍の場は大きい。

●コロナ以前からおひとりさま市場は拡大傾向

日本では、晩婚化や非婚化による単独世帯の増加などを背景に、コロナ禍以前より「おひとりさま消費」の市場は拡大傾向にあった。矢野経済研究所(東京都中野区)が2020年5月に発表した「おひとりさま関連市場の動向調査を実施(2020年)」によると、19年度の市場の規模は、外食で7兆9733億円、国内ホテルで5550億円の見込みで、それぞれ15年度から前年比プラスが続いていた。

こうした傾向にコロナ禍が拍車をかけている。例えば内閣府のサイト「V-RESAS」によると、宿泊者数の前年比を利用者の分類別にみると、「1人」が全国的に増加しており、増加率は「2人」や「グループ」などを上回って推移しており、8月や10月には1人が全体より10ポイント以上高い週が続いていた。

●ニューノーマルでもニーズ続く

このように以前から盛り上がりをみせ、コロナ禍で更に盛り上がりをみせるおひとりさま消費だが、今後も拡大が期待されている。

緊急事態宣言が解除されても、コロナ禍以前の生活様式には戻れないためで、例えば今回の緊急事態宣言延長で唯一解除された栃木県では、飲食店への営業時間短縮要請などについては一気に解除せず、段階的に緩和するという。ウィズコロナ時代のニューノーマル(新しい生活様式)でもおひとりさま消費へのニーズは続きそうだ。

おひとりさまへの関心が更に高まっていることを受けて、KADOKAWA <9468> は昨年12月1日に「おひとりさま専用Walker2021」を発売した。同誌は18年に発売し話題となった専用情報誌の第4弾で、「こんな時代だからこそ“おひとりさまが安心で安全に過ごせる”」がテーマ。1人専用の席や、ソロサービスなどを行う飲食店の紹介などの内容で、「ソロの時代到来」とうたっている。

●客単価上昇が続く牛丼チェーン

飲食店では、居酒屋業態が苦戦する一方、おひとりさま消費の代表格といえる牛丼 チェーンの健闘が、客単価に表れている。吉野家ホールディングス <9861> の月次売上高では、客数の減少から既存店売上高は減収となっているが、客単価は20年5月から12月まで上昇が続く。同業の松屋フーズホールディングス <9887> や、ゼンショーホールディングス <7550> の「すき家」も同様に客単価の上昇が続いており、人気の高さがうかがえる。

また、中華料理で1人客が多い「日高屋」を運営するハイデイ日高 <7611> も同様に客単価の上昇が続き、ラーメンチェーンの丸千代山岡家 <3399> [JQ]、ギフト <9279> なども同様の推移となっている。更にかつ丼チェーンの「かつや」を展開するアークランドサービスホールディングス <3085> では、客単価の上昇が既存店売上高を牽引し、プラス推移を維持している。

●1人カラオケの割合が増える

レジャーでは、逆風下のカラオケ 業界で、「ひとりカラオケ」を楽しむ人が増えている。第一興商 <7458> が運営する「ビッグエコー」では、利用者のうち1人客の割合が増えているという。同社では17年4月に開始した「テレワークプラン」も堅調で、テレワークやオンライン会議のほか、オンライン飲み会などにも利用されており、これも奏功しているようだ。また、コシダカホールディングス <2157> は1人カラオケ専門店「ワンカラ」で室内換気システムを刷新し感染防止対策を徹底。「ゼロ密カラオケ」として需要の掘り起こしに注力する。

アウトドアでは、アニメ「ゆるキャン△」や、芸能人ユーチューバーによる動画の影響などで、「ソロキャンプ」への関心が急速に高まっており、スノーピーク <7816> の売上高を押し上げる要因の一つとなっている。1人で釣りを楽しむ人が増えたことで、シマノ <7309> やグローブライド <7990> の釣り具も人気だ。

●家電にもおひとりさまの波

このほか、20年にはおひとりさま+巣ごもり需要で1人用ホットプレートが話題となったが、こうした1人向けの調理家電を手掛けるドウシシャ <7483> や山善 <8051> にも注目したい。前者はこびりつきにくいフライパン「evercook(エバークック)」なども人気となっており、多彩な切り口で企画された商品が魅力といえよう。

株探ニュース

関連記事・情報

  1. グリーン投資拡大が追い風、メガトレンドに乗る「パワー半導体」関連株.. (02/03)
  2. 「全固体電池」が10位、日立造とJAXAが宇宙での実用化に向け実証実験.. (02/03)
  3. 【おひとりさま】関連の銘柄一覧
  4. コロナ禍の“復活度”に注目、10-12月期【増収増益】リスト <成長株特集> 2月4日版
  5. ゲームストップ騒動が知らしめた需給の威力、ならば今の日本は下がりにくい!? (02/03)
  6. シリーズ年金を増やす! ③「75歳にすれば額面は84%増、でも手取りは…」 (02/04)
  7. 【高配当利回り銘柄】ベスト30 <割安株特集> 2月3日版
  8. 2月に配当取りを狙える【高利回り】ベスト30 <割安株特集> (02/02)
  9. 「グローバルニッチ」がランキング首位、海外投資家も注目“技術立国日本”の象.. (02/02)
  10. 「PCR検査」急拡大、新型コロナ実態把握で奮起する関連株 <株探トップ特集> (02/01)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    【今週読まれた記事】波乱相場にチャンスを窺う! 大注目のEV関連 特集
  2. 2
    今週の【話題株ダイジェスト】 アミタHD、サイエンスA、ドリームI (11月29日~12月3日) 注目
  3. 3
    上方修正“先回り”、22年3月期【業績上振れ】候補〔第1弾〕 <成長株特集> 特集
  4. 4
    【村瀬智一が斬る!深層マーケット】FOMC通過まで方向感は掴みづらく、個別材料銘柄に注目 市況
  5. 5
    レーティング週報【最上位を継続+目標株価を増額】(2) (11月29日-12月3日) 特集
人気ニュースベスト30を見る
ログイン プレミアム会員登録
PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.