ログイン
米国株
2021年8月2日 18時30分
特集

藤代宏一氏【夏枯れかサマーラリーか、8月の展望を読む】(1) <相場観特集>

―新型コロナ感染拡大懸念と好決算発表期待の狭間で―

週明け2日の東京市場は、日経平均株価が急反発に転じた。ただ、米国株市場などと比べて日本株の出遅れ感が際立っていることに変わりはない。名実ともに8月相場入りとなるなかで、夏枯れの地合いが続くのかそれともサマーラリーに転じるのか。当面の相場展望と物色の方向性について、先読みに定評のある市場関係者2人に意見を聞いた。

●「デルタ株感染動向が相場左右、内需復活が焦点」

藤代宏一氏(第一生命経済研究所 経済調査部 主任エコノミスト)

1ヵ月ほど前までは、ワクチン接種が進めば重症者数が減り、秋ごろには個人消費も回復するだろうという見方が多かった。しかし、感染力の強い新型コロナウイルスの変異種(デルタ株)の感染拡大が続き、内需回復の期待は修正を迫られている。日経平均株価が一時2万7200円台まで下落したことは、この点が背景にあるのだろう。

英国や米国政府は、新型コロナ対策のKPI(重要指標)を、重症者数や死亡者数に移している。日本もKPIを新規感染者数から重症者数や死亡者数にすることができるかどうかは、大きなポイントだろう。KPIを変更することができれば、イベントや旅行などの活性化策は打ちやすくなり、内需回復の道筋も見えてくるだろう。

ただ、そのためにはデルタ株による新規感染者数がピークアウトし、重症者数や死亡者数も抑えられたことを示す必要がある。その意味で、今後1ヵ月前後の新規感染者数の動向には注意が必要だ。ワクチン接種率も欧米を超えるような水準になれば、収束に向けた期待が高まるかもしれない。秋には衆院選が予定されており、新型コロナ感染者数が高止まりしたままなら政権には痛手となるだろう。

今後1ヵ月程度の日経平均株価の予想レンジは2万7000~2万9000円前後を見込む。2万7000円を割り込むことは想定していないが、2万9000円から上振れることもイメージしにくい。足もとの2万7800円前後を中心とする一進一退が続くとみている。高配当銘柄や個人向けのウエートが高い内需系銘柄の動向などに注目している。

(聞き手・岡里英幸)

<プロフィール>(ふじしろ・こういち)

第一生命経済研究所経済調査部・主任エコノミスト。担当は金融市場全般。2005年4月、第一生命保険入社。08年、みずほ証券出向。10年4月第一生命経済研究所出向、同年7月内閣府経済財政分析担当へ2年間出向。12年7月副主任エコノミストを経て、15年4月より現職。

株探ニュース

関連記事・情報

  1. 雨宮京子氏【夏枯れかサマーラリーか、8月の展望を読む】(2) <相場観特集> (08/02)
  2. 【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─活路はサブスク関連で切り拓く! (08/01)
  3. 【杉村富生の短期相場観測】 ─猛暑に負けるな、あと1カ月の辛抱だぞッ! (08/01)
  4. 伊藤智洋が読むマーケット・シナリオ【週間展望】 8月1日版
  5. 頼みの綱の新型コロナワクチン、接種支援で存在感高まる「ソリューション関連」 <株探トップ特集> (08/02)
  6. 【村瀬智一が斬る!深層マーケット】 ─好業績株の押し目を長期目線で狙う (07/31)
  7. 富田隆弥の【CHART CLUB】 「高値期日が接近」 (07/31)
  8. 明日の株式相場に向けて=ハイボラ相場に惑わされない (08/02)
  9. ★本日の【サプライズ決算】続報 (08月02日)
  10. 最高峰の技術に光! 金メダル銘柄の宝庫「グローバルニッチ」究極6選.. (07/31)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    上方修正“先回り”、22年3月期【業績上振れ】候補〔第1弾〕 <成長株特集> 特集
  2. 2
    【今週読まれた記事】波乱相場にチャンスを窺う! 大注目のEV関連 特集
  3. 3
    EVシフト恩恵を享受、国策買いで「充電設備」関連株は本格発進 <株探トップ特集> 特集
  4. 4
    今週の【早わかり株式市況】2週間で1700円安、オミクロン株とテーパリング前倒しを警戒 市況
  5. 5
    【村瀬智一が斬る!深層マーケット】FOMC通過まで方向感は掴みづらく、個別材料銘柄に注目 New! 市況
人気ニュースベスト30を見る
ログイン プレミアム会員登録
PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.