ログイン
米国株
2021年9月3日 12時20分
特集

「EUV」が7位に急浮上、レーザーテック新値追いの要因として関心高まる<注目テーマ>

★人気テーマ・ベスト10

1  デジタルトランスフォーメーション

2  半導体

3  NFT

4  半導体製造装置

5  海運

6  再生可能エネルギー

7  EUV

8  2021年のIPO

9  医療用ガス

10  水素

みんかぶと株探が集計する「人気テーマランキング」で、「EUV」が7位に急浮上している。

レーザーテック<6920>が新値追いとなっている。同社株が株式市場で人気が高まっている背景には、EUV(極端紫外線)関連分野での競争力の高さを背景に成長が継続するとの見方がある。

EUVとは、半導体の微細化技術で用いられる露光光源の一種で、半導体製造工程のなかで、EUV露光装置を用いて回路をチップ上に転写する時に用いられる。従来の露光光源の主流は、ArF(フッ化アルゴン)という193nm(ナノメートル、ナノは10億分の1メートル)の光源を用いているが、EUV露光の波長は13.5nmと短くなり、その分より微細な加工ができるようになる。現在の最先端半導体の回路線幅は5nmまで進んでいるが、EUV露光では、理論上は2nmまで細くできるとされている。線幅が細くなれば情報量を増やすことができ、同じ情報量なら小型化できるようになる。また、工程の簡略化などによりマルチパターニング(微細なパターンを形成するために複数回の露光を繰り返すこと)などで課題となっていた歩留まりの向上も期待できる。そのため、半導体各社はEUVに関する投資を積極化している。

特に、現在唯一のEUV露光装置メーカーであるオランダASMLホールディングADR<ASML>社が7月21日に21年12月期の売上高予想を上方修正したことをきっかけに関心が高まっている。EUV導入により、光源だけでなく露光手法や使用する部材などが従来とは大きく変化するため、周辺装置や部材メーカーにもビジネスチャンス拡大が期待できる。今後も関連銘柄への注目が続きそうだ。

この日の関連銘柄では、レーザーテクのほかに、半導体感光材料(レジスト)を手掛ける東京応化工業<4186>、東洋合成工業<4970>が大幅高。EUVペリクル(フォトマスク用防塵カバー)を手掛ける三井化学<4183>や、シリコンウェハーのほかレジストを手掛ける信越化学工業<4063>なども買われている。

出所:MINKABU PRESS

関連記事・情報

  1. レーザーテック最高値で注目、EUV関連株が半導体“新時代”を疾走する.. (09/02)
  2. 再生エネ拡大の切り札、「ペロブスカイト太陽電池」で輝き放つ銘柄群.. (09/01)
  3. 【EUV】関連の銘柄一覧
  4. 暴落・急落でヤラれても“倍返し”、ただでは転ばない技 (09/03)
  5. 横山利香「令和時代の稼ぎたい人の超実践! 株式投資術」― (10)信用残や全体の.. (09/03)
  6. 「電気自動車関連」が24位にランク、経産省は概算要求で導入補助金335億円を計.. (09/02)
  7. 「2021年のIPO」が8位にランク、明日から9月の新規上場銘柄が登場<注.. (09/01)
  8. 上方修正“先回り”、21年9月上期【業績上振れ】候補〔第1弾〕 <成長株特集> (09/02)
  9. 【高配当利回り銘柄】ベスト30 <割安株特集> 9月1日版
  10. 「9月IPO」始まる、中小型株復活の狼煙は上がるか <株探トップ特集> (08/31)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (1月17日発表分) 注目
  2. 2
    ★本日の【サプライズ決算】速報 (01月17日) 注目
  3. 3
    発表迫る、低PBRの22年3月期【上方修正】期待リスト〔第1弾〕 <成長株特集> 特集
  4. 4
    クリエイト・レストランツ・ホールディングス---3Qも各利益は大幅な黒字転換、筋肉質なコスト構造への転換を推進 材料
  5. 5
    猛威振るうオミクロン株、「PCR検査」関連に物色機運再び <株探トップ特集> 特集
人気ニュースベスト30を見る
ログイン プレミアム会員登録
PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.