ログイン
米国株
2022年8月14日 9時15分
市況

【杉村富生の短期相場観測】 ─猛暑、夏休みに負けるな!相場は強いぞっ!

「猛暑、夏休みに負けるな!相場は強いぞっ!」

●セオリー的には好業績銘柄を狙う!

いや~、強い相場である。日経平均株価はフシ目の2万8300円絡みの水準を上抜けた。投資家の多くが夏休みだろう。だが、このラリーには参加したい。立秋を過ぎたというのに猛暑だ。それに、人気を集めていた直近IPOの日本ビジネスシステムズ <5036> [東証S]、HOUSEI <5035> [東証G]は大幅安だ。資金の逃げ足の速さには警戒を要する。

決算がちょっと悪いと、メチャクチャに売り込まれる。日本電解 <5759> [東証G]、NITTOKU <6145> [東証S]などがそうだ。すぐにストップ安になる。3カ月の実績にそんなに神経質になるのはどうかと思うが、これがマーケットの特性だ。やむを得ない。ただ、冷静な対応が肝要だろう。

半面、好業績の玉井商船 <9127> [東証S]、ロート製薬 <4527> [東証P]、ジェイリース <7187> [東証P]、理研計器 <7734> [東証P]、住友林業 <1911> [東証P]、レノバ <9519> [東証P]、マクロミル <3978> [東証P]、エスケーエレクトロニクス <6677> [東証S]などは集中人気となる。分かりやすい相場じゃないか。

全般相場について繰り返すが、予想以上に強い。日経平均株価は6月9日の高値2万8389円を一気に奪回してきた。ただ、市場参加者が少ないために、値動きは荒っぽくなる。NYダウは7月の米CPI(消費者物価指数)の上昇率が前年同月比8.5%(6月は9.1%)に低下したのを好感し上昇したが、利上げ観測は後退せず、ナスダック指数は反落している。

物色面はどうか。好業績、高配当銘柄を狙う投資術は不変だ。マツダ <7261> [東証P]、タカトリ <6338> [東証S]、商船三井 <9104> [東証P]などがターゲットになろう。Jトラスト <8508> [東証S]、アスコット <3264> [東証S]、NTN <6472> [東証P]は上値慕いの動きをみせている。ここは仕掛けの好機である。

●あえて、株安の「ダメな銘柄」をフォローする!

一方、サークレイス <5029> [東証G]、ドリームベッド <7791> [東証S]、青山財産ネットワークス <8929> [東証S]が急落している。4-6月期(第1四半期)、1-6月期(上半期)の決算悪をイヤ気したものだ。業績が不振だと、とことん売り込まれる。株価は容赦しない。「決算プレー」特有の動きである。

もちろん、「ダメな銘柄にこだわることはない」との声はあろう。しかし、アフターケアは必要ではないか。実はこの3社、通期予想は変えていない。IT関連のサークレイスは「2割成長」が経営目標だ。2023年3月期は22.8%増収、最終25.7%増益、1株利益は52.2円を目指している。この目標は達成できるだろう。

ドリームベッドの23年3月期は6.9%増収、最終13.2%増益、1株利益は123.1円の予想である。第1四半期の62.7%減益はショックだったが、前年同期には特別利益が含まれている。配当は5円増の30円を計画する。時価の770円絡みは配当利回りが3.8%だ。利益構成比は後半型になっている。

青山財産ネットワークスの上半期の最終33.7%減益は期ズレによるもの。デジタル証券の販売が7月になったこと、コンサルタント収入の計上遅れがあった。これは7月以降に入る。22年12月期は50.7%増収、最終14.1%増益を見込み、1株利益は69.6円となる。会社側は「この数字は最低目標だ」と。配当は実質3円増の31円とする。

まあ、セオリー的には「下げの途中を買うな」「落ちる短剣はつかむな」が正解だろう。ただ、大商いを伴っての大幅安は整理が一気に進んだことを意味している。今後、チャート的には底練りを余儀なくされそうだが、好業績→ストップ高の銘柄の飛びつき買いよりもこの局面では値下がりのリスクは乏しいのではないか。

2022年8月12日 記

株探ニュース

関連記事・情報

  1. 利益成長【青天井】銘柄リスト〔第3弾〕31社選出 <成長株特集> (08/14)
  2. 「石炭関連株」は燃え上がるか、脱炭素の葛藤抱えるも物色期待高まる <株探.. (08/13)
  3. 【高配当利回り株】ベスト50 <割安株特集> (8月12日現在)
  4. 【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─東京市場は水準訂正へ!ここで狙うは"10万円.. (08/14)
  5. 【村瀬智一が斬る!深層マーケット】決算発表ピーク通過、改めて業績内容など個.. (08/13)
  6. 高まる景気後退懸念の中で、「ただいま成長中」銘柄に注目 (08/10)
  7. 今週の【話題株ダイジェスト】 名村造、ヨネックス、フィールズ (8月8日~12日)
  8. “好発進”企業を追う! 4-6月期【増収増益】リスト <成長株特集> 8月12日版
  9. 伊藤智洋が読むマーケット・シナリオ【週間展望】 8月14日版
  10. 来週の相場で注目すべき3つのポイント:米FOMC議事録、米中小売売上高、米ウォ.. (08/13)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (10月6日発表分) 注目
  2. 2
    上方修正“先回り”、22年12月期【業績上振れ】候補〔第1弾〕 <成長株特集> 特集
  3. 3
    明日の株式相場に向けて=ヘアピンカーブの先に見える答え 市況
  4. 4
    ★本日の【サプライズ決算】速報 (10月06日) 注目
  5. 5
    “学び直し”に国策ビッグウェーブ、出番到来の「リスキリング」関連 <株探トップ特集> 特集
人気ニュースベスト30を見る
ログイン プレミアム会員登録
PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘または投資に関する助言をすることを目的としておりません。
投資の決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、JPX総研、China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
株探に掲載される株価チャートは、その銘柄の過去の株価推移を確認する用途で掲載しているものであり、その銘柄の将来の価値の動向を示唆あるいは保証するものではなく、また、売買を推奨するものではありません。
決算を扱う記事における「サプライズ決算」とは、決算情報として注目に値するかという観点から、発表された決算のサプライズ度(当該会社の本決算か各四半期であるか、業績予想の修正か配当予想の修正であるか、及びそこで発表された決算結果ならびに当該会社が過去に公表した業績予想・配当予想との比較及び過去の決算との比較を数値化し判定)が高い銘柄であり、また「サプライズ順」はサプライズ度に基づいた順番で決算情報を掲載しているものであり、記事に掲載されている各銘柄の将来の価値の動向を示唆あるいは保証するものではなく、また、売買を推奨するものではありません。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.