ログイン
米国株
2022年8月14日 20時11分
特集

利益成長【青天井】銘柄リスト〔第3弾〕31社選出 <成長株特集>

本特集では、「利益成長“青天井”銘柄リスト」の【第1弾】(7月31日配信)、【第2弾】(8月7日配信)に続くシリーズ第3弾として、8月5日から10日の期間に発表された決算の中から、4-6月期に過去最高益を更新し、かつ今期も最高益を見込む、いわゆる利益成長が“青天井”状況になっている銘柄にスポットライトを当てた。

下表では、時価総額100億円以上の銘柄を対象に、本決算月にかかわらず、22年4-6月期に経常利益が全四半期ベースの過去最高益を5%以上、上振れて更新した銘柄をピックアップ。さらに、会社側が今期(通期計画)も過去最高益見通しを示している31社を選び出し、4-6月期の過去最高益に対する上振れ率が大きい順に記した。

上振れ率トップとなったのはGMOペイメントゲートウェイ <3769> [東証P]。22年4-6月期(第3四半期)の税引き前利益は218億円と過去最高益だった直前の1-3月期実績を5倍も上回って着地。EC市場の成長を背景にオンライン決済代行事業が拡大したほか、対面決済も政府による行動制限の解除を受けて飲食店などで利用が伸びた。また、タイの持ち分法適用関連会社の全株式を売却したことに伴い、売却益164億円を計上したことも利益を大きく押し上げた。

2位に入った紙の総合商社、国際紙パルプ商事 <9274> [東証P]の4-6月期(第1四半期)経常利益は48.1億円(前年同期比2.7倍)と2四半期連続の最高益更新を遂げた。供給不足とエネルギー価格の高騰による市況上昇を背景にペーパー部門が大きく伸びた欧州事業が収益を牽引した。また、国内事業では古紙の販売やパルプの中国向け輸出が好調だった。第1四半期の経常利益だけで、通期計画94億円に対する進捗率は51.3%に達しており、業績上振れが期待される。

3位には東京都内の中規模オフィスビル投資を主力とするロードスターキャピタル <3482> [東証P]が入った。4-6月期(第2四半期)は不動産投資事業で過去最高額の大型物件を売却し、売上高98.9億円(前年同期比46.6%増)、経常利益39.1億円(同65.7%増)といずれも過去最高を大幅に塗り替えた。好決算を受けて発表翌日の株価は急騰し、上場来高値2311円まで上値を伸ばしている。

4位にリスト入りしたタムロン <7740> [東証P]の4-6月期(第2四半期)は、写真関連事業で利益率の高い自社ブランド交換レンズやOEM受注機種の販売が好調だったほか、監視カメラ・FA用レンズが先進国市場で想定以上に伸びた。また、円安効果や原価低減なども利益拡大につながった。業績好調に伴い、上期決算の発表前に、通期の経常利益を従来予想の85億円→99億円に上方修正し、従来の15期ぶりの過去最高益予想をさらに上乗せした。

5位の乾汽船 <9308> [東証S]はハンディ船市況の回復を追い風に、外航海運事業の収益が急拡大し、4-6月期(第1四半期)の経常利益は前年同期比2.7倍の64.6億円に膨らんだ。好調な第1四半期業績を踏まえ、23年3月期通期の同利益を従来の減益予想から一転して最高益見通しに大幅上方修正するとともに、配当も177円(従来は136円)に引き上げた。配当利回りは8%台と高水準で推移している。

┌─ 四半期 経常利益 ─┐ ┌── 通期 経常利益 ──┐ 予想

コード 銘柄名     上振れ率 4-6月期 過去最高 上振れ率 今期予想 過去最高  PER

<3769> GMO-PG    397  21809   4392    137  31538  13285 40.6 *

<9274> 国際紙パルプ   95.5  4818   2465    6.3   9400   8844  5.8

<3482> ロードスター   65.7  3917   2364   25.7   6696   5327  6.7

<7740> タムロン     51.8  3833   2525   28.4   9900   7712  9.4

<9308> 乾汽船      49.3  6465   4330    1.7  13778  13550  5.5

<6920> レーザーテク   48.5  16303  10978   25.1  42000  33582 58.2

<7734> 理計器      45.8  3664   2513    3.2   9100   8819 16.1

<2587> サントリBF   43.8  58716  40826    5.9  124000  117052 21.4 *

<4046> 大阪ソーダ    32.5  5921   4469   25.8  16900  13435  7.7

<7906> ヨネックス    30.9  3859   2948   32.5   9600   7246 20.4

<4919> ミルボン     26.5  2504   1980    3.5   7410   7158 35.5

<1605> INPEX    25.4 348329  277865   63.6 1255000  767038  6.0

<4022> ラサ工      25.0  1507   1206   29.1   4600   3562  5.8

<4748> 構造計画     22.4  1621   1324    6.3   2070   1947  9.8

<9364> 上組       21.5  10283   8460    3.6  32000  30875 13.9

<3663> アートSHD   21.4   562   463   33.5   1894   1419 25.7

<4970> 東洋合成     21.2  1788   1475    4.3   5000   4794 18.3

<2181> パーソルHD   19.2  17244  14462    4.5  51700  49484 23.0

<1911> 住友林      16.9  57664  49315   27.0  175000  137751  4.6

<6627> テラプローブ   15.6  1798   1555   33.4   6450   4835  6.1

<6564> ミダックHD   15.2   743   645   31.9   2885   2188 51.8

<6787> メイコー     14.8  5187   4517    1.4  14500  14294  6.7

<6566> 要興業      13.8   444   390    4.0   1367   1315 13.9

<7326> SBIIG    13.5  2801   2468    1.3   6000   5925 22.7

<7180> 九州FG     13.1  13919  12309    8.3  36500  33717  6.9

<9386> 日本コンセプ   12.3  1297   1155   14.0   3100   2720 12.6

<7272> ヤマハ発     12.1  69724  62220   10.9  210000  189407  6.5

<6919> ケル        7.4   682   635    0.4   2150   2142  7.9

<6237> イワキポンプ    6.9  1158   1083   14.0   3411   2992  9.2

<4182> 菱ガス化      6.0  24884  23476    3.5  83500  80711  6.8

<4958> 長谷川香料     5.5  2732   2590    7.2   8000   7466 18.6

※2021年4月以降に上場した企業と今期見通しを開示していない企業は除いた。四半期の過去最高益は原則、四半期決算の開示が本格化した03年4-6月期以降の業績に基づいたものです。

※過去最高益は同一会計基準内が対象。「*」は国際会計基準を採用する銘柄。

株探ニュース

関連記事・情報

  1. 利益成長【青天井】銘柄リスト〔第2弾〕30社選出 <成長株特集> (08/07)
  2. 【高配当利回り銘柄】ベスト30 <割安株特集> 8月17日版
  3. “好発進”企業を追う! 4-6月期【増収増益】リスト <成長株特集> 8月15日版
  4. 【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─東京市場は水準訂正へ!ここで狙うは"10万円.. (08/14)
  5. 【杉村富生の短期相場観測】 ─猛暑、夏休みに負けるな!相場は強いぞっ! (08/14)
  6. 【村瀬智一が斬る!深層マーケット】決算発表ピーク通過、改めて業績内容など個.. (08/13)
  7. 山田勉氏【夏枯れ返上、望外の急騰局面で色めき立つ市場】(1) <相場観特集> (08/15)
  8. 10万円以下で買える、今期最高益&低PER 19社【スタンダード】編 <割安株特集> (08/14)
  9. 「ヤクルト1000」爆発的大ヒット、「機能性表示食品」関連株に熱視線 <株探.. (08/15)
  10. 「石炭関連株」は燃え上がるか、脱炭素の葛藤抱えるも物色期待高まる <株探.. (08/13)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    暴落は好機! 究極の赤札市「ディープバリューな材料株」10選 <株探トップ特集> 特集
  2. 2
    【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─内需関連へのシフトで米国リスクを回避! 市況
  3. 3
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (9月30日発表分) 注目
  4. 4
    【杉村富生の短期相場観測】 ─ベアマーケット下の投資戦術とは……?(訂正) 市況
  5. 5
    【高配当利回り株】ベスト50 <割安株特集> (9月30日現在) 特集
人気ニュースベスト30を見る
ログイン プレミアム会員登録
PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘または投資に関する助言をすることを目的としておりません。
投資の決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、JPX総研、China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
株探に掲載される株価チャートは、その銘柄の過去の株価推移を確認する用途で掲載しているものであり、その銘柄の将来の価値の動向を示唆あるいは保証するものではなく、また、売買を推奨するものではありません。
決算を扱う記事における「サプライズ決算」とは、決算情報として注目に値するかという観点から、発表された決算のサプライズ度(当該会社の本決算か各四半期であるか、業績予想の修正か配当予想の修正であるか、及びそこで発表された決算結果ならびに当該会社が過去に公表した業績予想・配当予想との比較及び過去の決算との比較を数値化し判定)が高い銘柄であり、また「サプライズ順」はサプライズ度に基づいた順番で決算情報を掲載しているものであり、記事に掲載されている各銘柄の将来の価値の動向を示唆あるいは保証するものではなく、また、売買を推奨するものではありません。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.