ログイン
米国株
2022年10月1日 9時30分
市況

富田隆弥の【CHART CLUB】 「最大の材料は"需給"、慎重姿勢を継続」

◆友人に聞いた話だが、米国の知人が持ち家を売りに出しているという。450平米の中古住宅でプール付き、リフォーム済みのきれいな家を1年前に120万ドルで売りに出していたが、それをいま何と34万ドルに値下げしているとのこと。ところが、それでも買い手が現れず、「買ってくれない?」と相談を持ちかけられたらしい。

◆FRB(米連邦準備制度理事会)の相次ぐ利上げを背景に、米国10年債利回りは9月28日に4%台をつけたが、米国住宅ローンの30年物固定金利も6.7%(9月29日時点、前週6.29%)と2007年以来の水準に上昇している。これでは住宅市場が冷え込むのも無理はないが、米国では住宅市場の動向が個人消費の趨勢に結びつくだけに、先行きの景気減速が懸念される。

NYダウは9月27日まで6日続落し、2万8958ドルまで売られて年初来安値を更新。週足チャートは6月安値の2万9653ドルを割り込み、年初からの波動は「二段下げ」に入った。そして、それは2020年3月から始まった「コロナバブル相場」の終焉を暗示するものだ。

日経平均株価は28日に2万5938円の安値をつけた。まだ6月安値の2万5520円や3月安値の2万4681円の上にあるが、その両安値を結んだ下値支持線(直近2万6350円付近)を割り込んだ。カギを握るNYダウが年初来安値を更新しているだけに、日経平均株価も先行き3月の年初来安値を試す展開となる可能性も否定できない。

◆日経平均株価、NYダウともにチャートが「陰転」し、買い方にとっては苦しい地合いになっている。それはドイツDAX指数、香港ハンセン指数も同様だ。時には反発を見せるだろうが、買い方に余裕が戻るのは少なくとも25日移動平均線を奪回してからだ。逆に下げ基調が続くなら、どこかで買い方の投げ(損切り)が加速してセリング・クライマックスを迎えかねない。

◆相場で最大の材料は「需給」である。金利や為替、景気や業績など材料はさまざまあるが、株価はチャートの流れに従うことになる。好転信号、もしくはセリング・クライマックスを見せるまでは「様子見」が無難であろう。

(9月29日 記、毎週土曜日に更新)

情報提供:富田隆弥のチャートクラブ

株探ニュース

関連記事・情報

  1. 伊藤智洋が読むマーケット・シナリオ【週間展望】 10月2日版
  2. 来週の相場で注目すべき3つのポイント:日銀短観、ISM景況指数、米雇用統計 (10/01)
  3. 【植木靖男の相場展望】 ─欧米の株安に怖じ気づくな! (10/01)
  4. 100億人 × 100歳の「ダブル100」がチャンスを生む~利上げ・円安相場の攻め方.. (10/01)
  5. 暴落は好機! 究極の赤札市「ディープバリューな材料株」10選 <株探トップ.. (10/01)
  6. 利益成長“青天井”銘柄リスト【総集編】第4弾 29社選出 <成長株特集> (10/02)
  7. 今週の【早わかり株式市況】3週続落、リスクオフ加速し2万6000円割れ (10/01)
  8. 今週の【話題株ダイジェスト】 ラバブルMG、エーザイ、クルーズ (9月26日~30日)
  9. レーティング週報【最上位を継続+目標株価を増額】 (9月26日-30日)
  10. 円買い介入を誘った超円安で、小型内需株が強いわけ (09/27)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (2月7日発表分) New! 注目
  2. 2
    ★本日の【サプライズ決算】速報 (02月07日) 注目
  3. 3
    明日の株式相場に向けて=圧倒的強気ならばそれは備える時 市況
  4. 4
    ★本日の【サプライズ決算】続報 (02月07日) 注目
  5. 5
    話題株ピックアップ【夕刊】(2):大ガス、三菱UFJ、オリックス 注目
人気ニュースベスト30を見る
ログイン プレミアム会員登録
PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘または投資に関する助言をすることを目的としておりません。
投資の決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、JPX総研、China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
株探に掲載される株価チャートは、その銘柄の過去の株価推移を確認する用途で掲載しているものであり、その銘柄の将来の価値の動向を示唆あるいは保証するものではなく、また、売買を推奨するものではありません。
決算を扱う記事における「サプライズ決算」とは、決算情報として注目に値するかという観点から、発表された決算のサプライズ度(当該会社の本決算か各四半期であるか、業績予想の修正か配当予想の修正であるか、及びそこで発表された決算結果ならびに当該会社が過去に公表した業績予想・配当予想との比較及び過去の決算との比較を数値化し判定)が高い銘柄であり、また「サプライズ順」はサプライズ度に基づいた順番で決算情報を掲載しているものであり、記事に掲載されている各銘柄の将来の価値の動向を示唆あるいは保証するものではなく、また、売買を推奨するものではありません。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.