ログイン
2018年10月27日 19時24分
市況

来週の相場で注目すべき3つのポイント:日米決算発表、米雇用統計、日銀金融政策決定会合

■株式相場見通し

予想レンジ:上限21750-下限20500円

来週の日経平均は日経平均は短期リバウンドを交えながらも、下値調べの展開となりそうだ。日経平均は26日に一時21000円を割り込む下落を見たことで、チャート上のフシは3月26日の年初来安値20347.49円を残すのみとなった。10月2日の年初来高値24448.07円から26日終値までの下落幅は3200円強に達しており、通常ならば相応のリバウンドがあってもいいタイミングだ。しかし、米中貿易摩擦、ブレグジッドと伊財政問題を抱えた欧州懸念、サウジアラビア問題、米国のINF条約脱退による米ロ関係など外部材料は不透明さを増している。こうしたなかで、アマゾンやグーグル、そして半導体関連を含めた米ハイテク企業の決算を受けた市場の動揺が収まるにはあと少しの時間が必要だろう。国内企業決算も円安効果による増額期待から、貿易摩擦による企業業績への影響見極めに視点がシフトしていることも上値を重くしている。30日の日銀金融政策決定会合、2日の米10月雇用統計など重要な金融・経済スケジュールを控えていることも手控え要因に働くため、日経平均は下値調べをしつつ落ち着きどころを探る展開となる可能性が高い。ただ、東証空売り比率は高水準を維持し、日経平均の25日移動平均線からの下方乖離は8%強に達するなど、指標・テクニカル面での「売られ過ぎシグナル」は点灯している。翌週11月6日の米中間選挙、7日から8日のFOMC、9日のSQ(特別清算指数)を越えれば、企業決算の前半動向も確認できてくる。日柄調整を進める来週が「陰の極」となるかが注目される。

一方、物色的には、上海総合指数などアジア株の推移と、本格化する国内企業決算の発表に一喜一憂する展開となることが予想される。米国企業の決算発表では30日のフェイスブック、1日のアップルが焦点となってくる。一方、国内企業では29日のコマツ<6301>、30日の任天堂<7974>、ソニー<6758>の決算発表の内容が物色動向に影響を与えてきそうだ。また、11月相場入りとなることで、一部で報道が先行しているソフトバンクG<9984>の通信事業会社ソフトバンクの上場スケジュールを意識した物色も台頭してくる可能性がある。

主な国内経済関連スケジュールは、29日に9月商業販売統計、30日に日銀金融政策決定会合(31日まで)、9月失業率・有効求人倍率、31日に日銀展望レポート、黒田日銀総裁会見、9月鉱工業生産、10月消費動向調査、11月2日に10月マネタリーベース、GPIFの7-9月期運用報告が予定されている。一方、米国を含む海外経済関連スケジュールでは、30日にユーロ圏7-9月期GDP、米10月CB消費者信頼感指数、31日に中国10月製造業PMI、米10月ADP雇用統計、11月1日に英国金融政策発表、米10月ISM製造業景況指数、2日に米9月貿易収支、米10月雇用統計の発表が予定されている。このほか、国内外で予定されているイベントとしては、29日に日印首脳会談、11月1日はEU設立から25年となる。なお、米国企業の決算発表はピークを迎え、30日にフェイスブック、31日にGM、スプリント、1日にアップルがそれぞれ発表を予定している。

■為替市場見通し

来週のドル・円は下げ渋りか。米長期金利や米国株式の動向を意識した取引が主体となりそうだ。米国株式は調整局面入りの可能性が指摘されており、下げが続いた場合はリスク回避の円買いが広がる展開となろう。ただ、ユーロやその他通貨に対するドル安が進行した場合、クロス円レートは下げ渋る可能性がある。

米10年債利回りは3%台の水準を維持しているものの、不安定な動向が嫌気され、NYダウなど主要株価指数の下落を受けて利回り水準も低下するケースが10月中旬以降目立っている。米企業決算の予想下振れも、株安の要因となる。

米連邦準備制度理事会(FRB)は利上げを継続する方針を変えていないが、株式市場の調整入りの観測から、利上げ継続を期待したドル買いは弱まる場面も想定される。その影響で、主要通貨が対ドルで持ち直した場合、クロス円レートは上昇する可能性があるが、そのような動きがドル・円の相場動向に大きな影響を与える可能性は低いと予想される。

一方、トランプ大統領はFRBによる利上げに対して批判的だが、株安となっていることから、中間選挙を控えて金融政策に対する批判を強める可能性もあろう。現時点での影響は限定的だが、目先はドル売り材料として意識されよう。

■来週の注目スケジュール

10月29日(月):日印首脳会談、米個人所得、米個人消費支出など

10月30日(火):日有効求人倍率、独失業率、アップルがNYで製品発表会など

10月31日(水):中製造業・非製造業PMI、米ADP全米雇用報告、ユーロ圏失業率など

11月1日(木):製造業PMI、英製造業PMI、中国が一部品目の輸入関税引き下げなど

11月2日(金):米雇用統計、米製造業受注など

《SK》

提供:フィスコ

関連記事・情報

  1. 新興市場見通し:急速な需給悪化で押し目買いは慎重に、IPOではVALUENEX (10/27)
  2. 国内株式市場見通し:下値模索の局面か (10/27)
  3. 【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (10月26日発表分)
  4. 【今週読まれた記事】長期上昇相場の行方は? ガイダンスリスクを意識 (10/27)
  5. 【杉村富生の短期相場観測】 ─ バーゲンハンターは「恐怖の瞬間」を買う! (10/28)
  6. 今週の「妙味株」一本釣り! ─ ハピネス&D (10/28)
  7. 富田隆弥の【CHART CLUB】 「目先反転も、乱高下続く」 (10/27)
  8. 逆襲の低位株、“陰の極”発「上昇超特急モード」5銘柄+1 <株探トップ特集> (10/27)
  9. 10万円以下で買える、3期連続増益&低PBR「お宝候補」27社【東証1部】編 <割安.. (10/26)
  10. 【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ 蘇生先取りへ、売られすぎ銘柄に照準! (10/28)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    決算発表に先回り、「上方修正シグナル点灯」の6銘柄リストアップ <株探トップ特集> 特集
  2. 2
    今朝の注目ニュース! ★日本コークス、宮入バ、リバーエレクなどに注目! 注目
  3. 3
    話題株ピックアップ【夕刊】(3):ナカニシ、SUMCO、ジーエヌアイ 注目
  4. 4
    ソフトバンクGが断トツの商いで年初来高値ツラ合わせ、空売り買い戻し誘発 材料
  5. 5
    東芝が反発、サイバー防衛へのニーズ高まるなか量子暗号通信サービスで思惑急浮上 材料
人気ニュースベスト30を見る
ログイン プレミアム会員登録
PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.