ログイン
2019年2月15日 12時24分
特集

「含み資産」関連は8位にランクイン、東京五輪関連の再開発ラッシュで関心高まる<注目テーマ>

1 5G

2 人工知能

3 キャッシュレス決済

4 バイオテクノロジー関連

5 サイバーセキュリティ

6 半導体

7 全固体電池

8 含み資産

9 TOPIXコア30

10 自動運転車

みんなの株式と株探が集計する「人気テーマランキング」で、「含み資産 」関連が8位と話題を集めている。

含み資産 ”とは、企業の帳簿上の資産価値と、時価によって算出した資産価値(現時点でこれらの資産を売却した時に市場で評価される評価額)との差額のことをいう。株式市場で取りざたされる“含み資産関連銘柄”は、不動産や株式などの有価証券の保有資産に多くの含み益を抱えている企業のことをいう。一般に含み資産が多い企業は、表面的な資産額より実質的な純資産額が大きいと捉えられる傾向があり、時として、これが株式市場で高く評価されたり、再評価されたりすることがある。例えば、業績不振で株価が大きく下落した場合でも、含み資産を考慮した実質的な純資産額から見て割安と判断された場合、解散価値を拠り所に株価が下げ止まるケースもある。

不動産や鉄道、倉庫、紙・パルプなどの老舗企業は、時価に比べて低い簿価の資産を多く保有している。不動産市況が上昇する局面や、オリンピック開催など大規模イベントに伴う再開発による建設ブームで、土地が流動化する場面では含み資産関連銘柄が関心を集める可能性がある。

具体的な関連銘柄としては、大手不動産の三井不動産<8801>、三菱地所<8802>、住友不動産<8830>、平和不動産<8803>。倉庫会社の三菱倉庫<9301>、三井倉庫ホールディングス<9302>、住友倉庫<9303>、渋沢倉庫<9304>。更に電鉄会社の東武鉄道<9001>、東京急行電鉄<9005>、京成電鉄<9009>、阪急阪神ホールディングス<9042>、近鉄グループホールディングス<9041>。紙・パルプ株の王子ホールディングス<3861>、日本製紙<3863>、三菱製紙<3864>。また、山林などをはじめ国内有数の土地保有企業の住友林業<1911>、総合物流大手の日本通運<9062>、レジャー施設関連の土地持ち企業としては東京都競馬<9672>、よみうりランド<9671>、東宝<9602>などがある。

出所:みんなの株式(minkabu PRESS)

関連記事・情報

  1. リターン・リバーサル始動、「半導体・電子部品株」逆襲高へGO!<株探トップ.. (02/13)
  2. 【含み資産】関連の銘柄一覧
  3. 始まった「5Gバブル相場」、恐るべきメガ上昇波に乗る“5銘柄+1” <株探.. (02/09)
  4. 「ICタグ」が16位にランク、経産省主導で情報共有システム構築に向けた実験を実.. (02/14)
  5. すご腕投資家さんに聞く「銘柄選び」の技 DAIBOUCHOUさんの場合-1 (02/14)
  6. 「半導体」が9位にランキング、リスクオフ巻き戻しで買い戻し優勢<注目テーマ> (02/12)
  7. 「4K・8Kテレビ」が18位にランクアップ、家電市場の牽引役として期待高まる<注.. (02/13)
  8. 逆風下でも成長堅持!10-12月期【増収増益】リスト <成長株特集> 2月14日版
  9. 企業に勝利をもたらす「人材育成」、いま社員研修関連株が注目されるワケ.. (02/14)
  10. 【高配当利回り銘柄】ベスト30 <割安株特集> 2月13日版

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (6月19日発表分) 注目
  2. 2
    「自社株買い」過去最大のブーム到来、外国人に代わる買い主体へ <株探トップ特集> 特集
  3. 3
    明日の株式相場見通し=反動安も警戒、FOMCを固唾を飲んで見守る市場 市況
  4. 4
    【高配当利回り銘柄】ベスト30 <割安株特集> 6月19日版 特集
  5. 5
    本日の【自社株買い】銘柄 (19日大引け後 発表分) 市況
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.