ログイン
2020年4月22日 12時21分
特集

「マイナンバー」が17位にランク、10万円の現金給付のオンライン申請に絡み最脚光<注目テーマ>

★人気テーマ・ベスト10

1 テレワーク

2 コロナウイルス

3 石油

4 遠隔医療

5 5G

6 マスク

7 食品スーパー

8 人工知能

9 原油安メリット

10 巣ごもり

みんなの株式と株探が集計する「人気テーマランキング」で、「マイナンバー」が17位にランクされている。

マイナンバーとは、周知のように住民票を持つ全ての国民一人ひとりに与えられた12ケタの個人番号。15年10月から順次個人への通知が行われ、16年1月から、制度の運用がスタートした。株式市場では、制度スタートに伴い関連銘柄への注目が集まったものの、最近では関心が一巡していたが、総務省が20日、新型コロナウイルスの感染拡大を受けた10万円の現金給付の申請手続きを発表し、オンライン申請の際には、マイナンバーの専用サイト「マイナポータル」を活用し、マイナンバーカードを持つ人を対象とするとしたことで、再び関心が高まっている。

申請の際に必要となるマイナンバーカードは、個人番号を証明する書類や本人確認の際の身分証明書として利用が可能で、さまざまな行政サービスを受けることができるカード。ただ、カードの申請・受け取りに手間がかかるうえ、その割に保有のメリットが小さいことなどから普及が進んでおらず、20年3月時点の全国の普及率は15.5%にとどまっていた。

ただ、マイナンバーカードの保有者にポイント(マイナポイント)を付与する新制度のスタートが既に決定していることに加えて、今回の現金給付のオンライン申請が追い風となり、普及が進むと期待されている。普及拡大により、マイナンバーカードの保管や手続きの効率化、マイナポイント対応の決済システムなどに関するビジネスチャンスが今後発生するとみられ、関連銘柄には改めて注目されそうだ。

この日は、全般相場の軟調もあって関連銘柄には目立った動きは少ないものの、AGS<3648>やエンカレッジ・テクノロジ<3682>、オービックビジネスコンサルタント<4733>、大塚商会<4768>、TKC<9746>などが堅調に推移している。

出所:MINKABU PRESS

関連記事・情報

  1. 「ものすごい優良銘柄」、高勝率・お手頃・持続力の三拍子で波乱をかわす (04/22)
  2. 「人工知能」関連が7位、アフターコロナの世界で再脚光<注目テーマ> (04/21)
  3. 【マイナンバー】関連の銘柄一覧
  4. 「食品スーパー」が9位にランクイン、生活拠点として再評価機運高まる<注目テ.. (04/20)
  5. 非常事態下の「3月期決算」、いま抑えておくべき要注目ポイントは.. (04/21)
  6. まだ間に合う、4月配当【高利回り】ベスト30 <割安株特集> (04/21)
  7. 自粛経済下でも「最高益」予想、2月期決算企業の“自信”を見よ.. (04/20)
  8. すご腕投資家・DUKE。さんに聞く「コロナ相場を乗り切る技」-第1回 (04/17)
  9. 【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ 輝きを増す“明けの明星銘柄”! (04/19)
  10. 【杉村富生の短期相場観測】 ─基本的に、好悪材料の綱引き相場の展開! (04/19)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    ★本日の【サプライズ決算】速報 (08月13日) 注目
  2. 2
    本日の決算発表予定 … 三菱商、富士フイルム、ロコガイドなど 157社 (8月13日) 注目
  3. 3
    話題株ピックアップ【昼刊】:チェンジ、パンパシHD、ソフトバンクG 注目
  4. 4
    三菱商、非開示だった今期最終は63%減益へ 決算
  5. 5
    ソニー大商いで反発、CMOSセンサーの競争力評価 材料
人気ニュースベスト30を見る
ログイン プレミアム会員登録
PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.