ログイン
2020年4月21日 19時30分
特集

非常事態下の「3月期決算」、いま押さえておくべき要注目ポイントは <株探トップ特集>

―コロナ禍のなか相次ぐ発表延期、業態による好不調の格差鮮明に―

3月期企業の決算発表シーズンが、今週末から本格化する。大手電機企業などの決算を皮切りにゴールデンウイークを経て、5月中旬まで集中的に決算発表が行われるのが、通常の姿だ。しかし、今年は状況が大きく異なる。 新型コロナウイルスの影響で決算発表の延期が続出しており、通期業績予想も「未定」とする企業が相次ぎそうな状況だ。コロナ禍の非常事態の下での発表となる今回の決算のポイントをまとめてみた。

●東証は決算発表の規制を緩和、日電産やコマツなど決算発表を延期

例年なら3月期企業の春の通期決算発表は、4月下旬に始まり、5月中旬に終わる。これは、東京証券取引所は「決算期末から45日以内」に決算開示するように求めているためだ。しかし、今年は新型コロナウイルスの感染拡大の影響を考慮し東証は、例外的に決算の開示の延期を認める方針を示した。これを受け、決算発表の延期を公表する企業が相次いでいる。日本電産 <6594> やコマツ <6301> 、ソニー <6758> といった大手企業も当初予定に比べ決算発表を遅らせることを発表している。このため、今年は5月下旬も多くの企業の決算が行われ、場合によっては6月にずれ込む企業が出てくる可能性もある。

また、前20年3月期の業績は、企業の業態により状況は異なるものの、第4四半期(1-3月)が新型コロナウイルスの影響を受ける。更に21年3月期はその影響の直撃を受けることになるため、厳しい決算となることは間違いがない。

●CEOによる今期業績予想へのガイダンスが重要に

そのなかでも、「相場へのインパクトが大きい」(アナリスト)とみられているのが、21年3月期予想をどう開示するかだ。既に決算発表を終えた2月期企業の場合では、(1)安川電機 <6506> のように第1四半期(3-5月)の予想は出したが、21年2月通期は非開示とした企業、(2)高島屋 <8233> のように21年2月通期見通しは非開示とした企業、(3)イオン <8267> のように営業収益と営業利益をレンジの形だが、21年2月期の業績予想を出してきた企業――という格好に分かれた。

市場には、「大幅減益でも業績予想を出してくるだけでも前向きに評価できる」(ネット証券情報担当者)との見方もある。ただ、実際の市場の反応としては「その時の株価水準と最高経営責任者(CEO)がガイダンスとして、今期の見方をどう説明するかによるだろう」(アナリスト)との声が少なくない。

●IT関連や5G関連銘柄には堅調な決算を期待

市場には、前期と今期の大幅な業績悪化は3月にかけての株価急落で、大分織り込んだとの見方も出ている。もっとも、テレワーク関連巣ごもり関連株として株価が上昇した企業の場合、決算が伸び悩んだ内容となれば売られる可能性がある。その一方、低位に売り込まれたままの企業の場合、状況次第では決算発表で悪材料出尽くしの反応となることもあり得そうだ。とりわけ、今期業績はその業態によりコロナ禍での影響を受けやすいか、受けにくいかで明暗が鮮明になるとみられている。

市場で、堅調な業績が期待されているのが、デジタルトランスフォーメーション(DX)絡みの需要が期待できるIT関連企業や5G関連企業だ。IT関連では28日に決算発表を予定している富士通 <6702> や野村総合研究所 <4307> などが注目される。DX絡みのIT関連企業は、好業績を材料に高値圏で推移していたが、コロナショックを機に株価は急落しただけに、決算発表で再度、上昇基調を取り戻せるかが関心を集めている。また、 5G関連では27日のアンリツ <6754> や5月12日のNEC <6701> などへの関心が高い。

●半導体関連には底堅い決算も、アドテストなど要注目

半導体関連企業も注目されている。足もとではデータセンターや5G関連、パソコン向けなどにも需要は拡大しているとみられる。今月16日に発表された台湾積体電路製造(TSMC)の1~3月期決算は好調だったことから日本の半導体関連銘柄も堅調な業績が期待されている。なかでも24日に発表されるアドバンテスト <6857> の決算に対する注目度は高い。同様に、23日のディスコ <6146> や27日のイビデン <4062> 、30日の東京エレクトロン <8035> などが注目される。また、電子部品では30日に村田製作所 <6981> が決算を予定している。

●空運など業績悪化は織り込み済みか、ソニーが東京株式市場を左右も

一方、厳しい決算が予想されるのはANAホールディングス <9202> のような空運関連や三越伊勢丹ホールディングス <3099> のようなインバウンド関連銘柄だ。ただ、ANAHDが20日に20年3月期の業績予想を下方修正しても、株価の反応は限定的だったように、業績悪化はある程度は織り込まれているとみられている。ソフトバンクグループ <9984> は5月18日に決算を予定しているが、今月13日に20年3月期の最終赤字転落を発表したことで、いったんは出尽くし感が出たとみられている。製造業での関心は、5月12日に決算を発表するトヨタ自動車 <7203> だ。世界的な自動車需要の減少やサプライチェーンの乱れが業績にどんな影響を与えるかが焦点となっている。

更に、4月下旬から5月13日に決算発表を延期したソニーへの注目度は大きい。イメージセンサー(画像用半導体)は底堅い需要が見込めるうえに、「プレイステーション(PS)4」などゲーム機は巣ごもり需要が期待される。映画部門などが不透明だが、ソニーの決算内容が順調なら日本株全体への海外投資家の評価が上がることもあり得るだろう。

◆◆主な注目企業の決算予定日◆◆

4月 23日  オムロン、ディスコ

24日  アドバンテスト、ファナック、航空電子

27日  アンリツ、日東電工、イビデン、京セラ

28日  富士通、野村総研、ANA

30日  村田製作、日本電産、東エレク

5月 1日  三井物産

7日  丸紅、三越伊勢丹

8日  野村、住友鉱

11日  三菱重、ブリヂストン

12日  トヨタ自動車、国際石開帝石、NEC

13日  ソニー、大成建、武田

14日  鹿島、寿スピリッツ

15日  TDK、東電、三菱UFJ

18日  ソフトバンクグループ、コマツ、パナソニック

19日  古河電、UACJ

20日  東京海上、SOMPO

21日  オリックス

22日  アシックス

25日  味の素

27日  リクルート、ツガミ

28日  ヒロセ電

29日  オリンパス

(注)予定は変更になることがあります。  

株探ニュース

株探トップ特集

いま最もホットなテーマを分析!

関連記事・情報

  1. 自粛経済下でも「最高益」予想、2月期決算企業の“自信”を見よ.. (04/20)
  2. まだ間に合う、4月配当【高利回り】ベスト30 <割安株特集> (04/21)
  3. すご腕投資家・DUKE。さんに聞く「コロナ相場を乗り切る技」-第1回 (04/17)
  4. 好業績の中小型株、20年3月期【上振れ期待】候補〔第2弾〕 <成長株特集> (04/19)
  5. 「AI関連」新たなる地平、大相場の可能性秘める銘柄をロックオン.. (04/18)
  6. 武者陵司 「株価は多分底入れした、財政出動に覚悟を」 (04/21)
  7. 【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ 輝きを増す“明けの明星銘柄”! (04/19)
  8. 【杉村富生の短期相場観測】 ─基本的に、好悪材料の綱引き相場の展開! (04/19)
  9. 【植木靖男の相場展望】 ─ 戻り相場の終着地点を試算する (04/18)
  10. 【高配当利回り株】ベスト50 <割安株特集> (4月17日現在)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    【杉村富生の短期相場観測】 ─絶好調のNY市場と素直さに欠ける東京市場! 市況
  2. 2
    「巣ごもり消費」新旋風、上昇メガトレンドに乗る“極撰株リスト” <株探トップ特集> 特集
  3. 3
    伊藤智洋が読むマーケット・シナリオ【週間展望】 8月9日版 市況
  4. 4
    【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ 刮目せよ!総合力よりも一点突破の“エッジ力”企業 市況
  5. 5
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (8月7日発表分) New! 注目
人気ニュースベスト30を見る
ログイン プレミアム会員登録
PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.