ログイン
2020年6月23日 12時22分
特集

「半導体」関連が8位、コロナ禍でも構造的な追い風に変化なし<注目テーマ>

★人気テーマ・ベスト10

1 デジタルトランスフォーメーション

2 5G

3 SaaS

4 コロナウイルス

5 テレワーク

6 人工知能

7 サイバーセキュリティ

8 半導体

9 バイオテクノロジー関連

10 遠隔医療

みんなの株式と株探が集計する「人気テーマランキング」で、「半導体 」が8位となっている。

新型コロナウイルスの感染拡大ペースは収束どころか世界的には拡大基調にある。実勢経済への影響が懸念されるところだが、ハイテクセクターはこの逆風を受けにくい成長業種として株価も強調展開を続ける銘柄が多い。米国株市場ではNYダウがここにきて上値の重い展開を強いられる一方、ハイテク株比率が高いことで知られるナスダック総合指数は前日までに7連騰と上げ足を強め史上最高値を更新した。そのなか、ハイテクセクターの核である半導体関連株への物色人気も継続、フィラデルフィア半導体株指数(SOX指数)は前日時点で1983.361まで上値を伸ばし、今月10日につけた最高値2004.660の更新を射程圏に捉えている。

ビッグデータの普及加速やAIIoT技術の進展は、その屋台骨を支える半導体の存在があってこそ。今後は5Gの本格離陸、データセンターの増設に加え、エレクトロニクスの塊と化す自動運転車などで半導体需要は構造的な追い風が吹き続けることになる。

直近では22日に世界のスーパーコンピューターの性能を比較する専門家プロジェクト「TOP500」が発表した最新の計算速度ランキングで、理化学研究所と富士通<6702>で共同開発した「富岳」が9年ぶりに世界一となったことが話題を呼んでいる。久々に技術立国日本の面目躍如だが、このスーパーコンピューターもまた半導体とともに進化の歴史を歩んできたIT革命の象徴である。また同日、米国ではアップルがパソコンに自社開発のCPUを搭載することを発表、約15年ぶりのインテル製からの切り替えということもあって、半導体関連株全般の株価を刺激する材料としてマーケットの注目を集めている。

きょうは半導体製造装置関連では東京エレクトロン<8035>が一時635円高に買われたほか、ディスコ<6146>も680円高と物色人気を集めた。また、ワイエイシイホールディングス<6298>は連日のストップ高カイ気配と気を吐いている。このほか、SUMCO<3436>、イビデン<4062>、東京応化工業<4186>など半導体素材やデバイスを製造する企業も堅調な値動きとなっている。

出所:MINKABU PRESS

関連記事・情報

  1. 「感染第2波」警戒モード突入、新型コロナから日本を救う銘柄群を追え.. (06/22)
  2. “医療ビッグデータ&AI”融合、「ヘルステック関連株」変貌の夏へ.. (06/20)
  3. 【半導体】関連の銘柄一覧
  4. 和島英樹の「明日の好悪材料Next」~第4回 (06/21)
  5. 【杉村富生の短期相場観測】 ─時代の流れ、変化に沿う銘柄にマトを! (06/21)
  6. 【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ 移動解除で広がる需要回復と株価浮揚の波! (06/21)
  7. 「スマホゲーム」が12位にランク、巣ごもり継続で根強い人気<注目テーマ> (06/19)
  8. 利益成長“青天井”銘柄リスト【総集編】第3弾 14社選出 <成長株特集> (06/21)
  9. 【高配当利回り株】ベスト50 <割安株特集> (6月19日現在)
  10. すご腕投資家の「コロナ相場でしくじり、とりでみなみさんの教訓」~第1回 (06/19)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    明日の株式相場に向けて=東証「終日売買停止」の衝撃と市場の声 市況
  2. 2
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (10月1日発表分) 注目
  3. 3
    2020年「ノーベル賞」発表目前!3年連続の日本人受賞なら急騰必至 <株探トップ特集> 特集
  4. 4
    ★本日の【サプライズ決算】速報 (10月01日) 注目
  5. 5
    がんの入院診療費は平均110万円、50年で600万円の差が開く「がん保険」の使い方 特集
人気ニュースベスト30を見る
ログイン プレミアム会員登録
PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.