ログイン
米国株
2020年10月2日 12時21分
特集

「2020年のIPO」が6位にランクイン、IPO人気継続で高い関心<注目テーマ>

★人気テーマ・ベスト10

1 デジタルトランスフォーメーション

2 量子コンピューター

3 脱ハンコ

4 サイバーセキュリティ

5 5G

6 2020年のIPO

7 電子政府

8 電子認証

9 遠隔医療

10 マイナンバー

みんなの株式と株探が集計する「人気テーマランキング」で、「2020年のIPO」が6位と高水準に位置している。

引き続き高水準のIPO人気がテーマとしての関心の高さにつながっているようだ。きょう、東証マザーズ市場に新規上場したタスキ<2987>も、公開価格と同じ670円カイ気配でスタートし、その後は気配値を切り上げる展開となっている。直近では9月29日にマザーズ市場に上場したヘッドウォータース<4011>、9月30日に同じくマザーズに上場したアクシス<4012>は初値がまだついておらず、カイ気配のまま推移している。

新型コロナウイルスの感染拡大を背景とした市場の混乱を受けて一時、途絶えていたIPO市場だが、6月24日にマザーズ市場に上場したコパ・コーポレーション<7689>で再開以降、初値が公開価格を上回る銘柄が続いていた。9月17日に東証1部に新規上場した雪国まいたけ<1375>が公開価格2200円に対して2100円でのスタートとなり、記録はストップしたが、その後は再び初値が公開価格を上回る銘柄が続いている。

6月の再開以降、10月1日までのIPO銘柄で公開価格から初値までの上昇率が最も高いのは6月24日にマザーズに上場したフィーチャ<4052>の9.1倍で、次いで7月7日にマザーズに上場したBranding Engineer<7352>の6.0倍、8月20日にマザーズに上場したニューラルポケット<4056>の5.7倍が続く。初値が高騰したにもかかわらず、ニューラルの時価は初値を上回って推移しており、セカンダリーが堅調な銘柄も多い。

こうしたなか、10月6日に東証(上場市場は未定)に上場を予定していたキオクシア(東京都港区)が上場延期を発表したことは、超大型案件の延期であっただけに、好調なIPO市場に水を差した格好だが、市場からの大型の資金吸収が延期になったということでもあり、むしろネガティブな材料とはならないとの見方が強い。今後もIPO市場への関心は高く推移するとみられ、市場の前評判が高い10月13日上場予定の日通システム<4013>、GoToイートで指定予約サイトとなった10月30日上場予定のRetty<7356>は大きな関心を集めそうだ。

また、同じくIPOに関連して「2019年のIPO」も14位にランクインしている。直近IPOへの関心が高まるなかで、人気が波及した格好だが、中堅証券のなかには「昨年12月のIPO銘柄に注目している」との声も聞かれる。昨年12月は22銘柄が上場したが、上場銘柄数が多い月には資金が拡散し、初値がそれほど割高になっていないケースが多い。また、株価が落ち着き始めるべき頃にコロナ禍に当たったこともあり、注目余地が大きいという。あわせて目を配っておきたい。

出所:MINKABU PRESS

関連記事・情報

  1. 秋のIPO最前線を探る、10月も需給良好で株高人気継続へ <株探トップ特集> (09/29)
  2. 「サイバーセキュリティ」が4位にランク、総務省は21年度概算要求で83億円を計.. (10/01)
  3. 【2020年のIPO】関連の銘柄一覧
  4. 国策テーマ「少子化対策」に再脚光、出生数“86万ショック”で政府に危機感.. (10/01)
  5. 2020年「ノーベル賞」発表目前!3年連続の日本人受賞なら急騰必至 <株探トップ.. (09/30)
  6. 「株探」の歩き方 ― (29)“億り人”や注目の大株主の動向から、有望成長株を.. (10/02)
  7. 高成長【始動】候補リスト〔第1弾〕 14社選出 <成長株特集> (10/01)
  8. 【高配当利回り銘柄】ベスト30 <割安株特集> 9月30日版
  9. 「5G」が8位、ドコモTOBで5G投資加速へ<注目テーマ> (09/30)
  10. 「量子コンピューター」が4位、究極の次世代テクノロジーに世界が覇権競う.. (09/29)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    上方修正“先回り”、22年3月期【業績上振れ】候補〔第1弾〕 <成長株特集> 特集
  2. 2
    【今週読まれた記事】波乱相場にチャンスを窺う! 大注目のEV関連 特集
  3. 3
    EVシフト恩恵を享受、国策買いで「充電設備」関連株は本格発進 <株探トップ特集> 特集
  4. 4
    今週の【早わかり株式市況】2週間で1700円安、オミクロン株とテーパリング前倒しを警戒 市況
  5. 5
    来週の株式相場に向けて=不透明部分残るも「陰の極」形成なるか 市況
人気ニュースベスト30を見る
ログイン プレミアム会員登録
PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.