「脱ハンコ」が22位、デジタル法案の衆院通過で関連銘柄に再脚光<注目テーマ>

特集
2021年4月7日 12時20分

★人気テーマ・ベスト10

1 半導体

2 子育て支援

3 半導体製造装置

4 自動車部材・部品

5 全固体電池

6 2021年のIPO

7 再生可能エネルギー

8 人工知能

9 水素

10 サイバーセキュリティ

みんなの株式と株探が集計する「人気テーマランキング」で、「脱ハンコ」が22位となっている。

前日6日、デジタル庁の設置などを盛り込んだデジタル改革関連法案が衆議院の本会議で可決された。来週から参議院で審議入りすることが伝わっており、今国会中での成立がほぼ確実な状況にある。今後、9月のデジタル庁発足に向けて、改めて行政デジタル化の機運が高まってくるとみられ、関連銘柄も再び脚光を浴びることになりそうだ。

関連法案の衆院通過が伝わった同日後場の株式市場では、DX関連株のなかでも特に脱ハンコ関連の一角に物色の矛先が向かった。電子契約サービスを手掛ける日本通運<9062>子会社のワンビシアーカイブズと業務提携している日本ラッド<4736>や、捺印処理業務をオンライン上で完結できる印鑑Bot「Biz-Oin(ビズオーイン)」を提供する鈴与シンワート<9360>、2月から電子署名サービス「みんなの電子署名」の提供を開始したベクター<2656>が急動意したほか、電子データの作成日時を証明するタイムスタンプなどの証明サービスを展開するサイバーリンクス<3683>も大幅高に買われた。

脱ハンコ関連の中心的な銘柄としては、弁護士ドットコム<6027>やGMOグローバルサイン・ホールディングス<3788>、インフォマート<2492>、NECネッツエスアイ<1973>などがある。そのほか、弁護士COMと社内業務改善に向けてサービス連携を開始したデザインワン・ジャパン<6048>、電子契約書作成・締結サービス「NINJA SIGN」を提供するサイトビジットを4月に子会社化したフリー<4478>をはじめ、日鉄ソリューションズ<2327>、AGS<3648>、スターティアホールディングス<3393>、フォーバル<8275>、さくらインターネット<3778>、GA technologies<3491>、セコム<9735>、セイコーホールディングス<8050>などをマークしておきたい。

出所:MINKABU PRESS

関連記事・情報

  1. 10年超の歳月を経て最高益奪還へ、22年3月期「大復活」有力株リスト <株探.. (04/06)
  2. 「自動車部材・部品」が4位、低PBR株の宝庫で業界再編思惑も<注目テーマ> (04/06)
  3. 「子育て支援」が9位にランク、「子ども庁」設置の検討で脚光<注目テーマ> (04/05)
  4. 「全固体電池」が首位、EV向けでの活躍期待高く関心継続<注目テーマ> (04/02)
  5. 4月IPOスタート、春相場彩る好人気「新顔銘柄」が舞う <株探トップ特集> (04/05)
  6. 「自動車部品株」ハンティング始まる! EV&業界再編で思惑満載 <株探トップ.. (04/03)
  7. “再上方修正”へ、21年3月期【業績上振れ】有力候補〔第2弾〕 <成長株特集> (04/04)
  8. 【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ 春風相場が到来、「米国の国策に売りなし」.. (04/04)
  9. 【杉村富生の短期相場観測】 ─ 4月相場は「サクラサク」展開に! (04/04)
  10. 連続増収増益の注目企業、株価押し目の見極めは ─ 和島英樹 (04/04)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    バリュー株の新たなる金鉱脈発見!「化ける低PBR株」特選8銘柄 <株探トップ特集> 特集
  2. 2
    10万円以下で買える、増収増益&低PBR 20社【プライム】編 <割安株特集> 特集
  3. 3
    利益成長“青天井”銘柄リスト【総集編】第4弾 30社選出 <成長株特集> 特集
  4. 4
    レーティング週報【最上位を継続+目標株価を増額】 (9月25日-29日) 特集
  5. 5
    【今週読まれた記事】国策“EV電池”に次なる飛躍の期待あり 特集
人気ニュースベスト30を見る

特集記事

株探からのお知らせ

過去のお知らせを見る
米国株へ
株探プレミアムとは
PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘または投資に関する助言をすることを目的としておりません。
投資の決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、JPX総研、ジャパンネクスト証券、China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
株探に掲載される株価チャートは、その銘柄の過去の株価推移を確認する用途で掲載しているものであり、その銘柄の将来の価値の動向を示唆あるいは保証するものではなく、また、売買を推奨するものではありません。
決算を扱う記事における「サプライズ決算」とは、決算情報として注目に値するかという観点から、発表された決算のサプライズ度(当該会社の本決算か各四半期であるか、業績予想の修正か配当予想の修正であるか、及びそこで発表された決算結果ならびに当該会社が過去に公表した業績予想・配当予想との比較及び過去の決算との比較を数値化し判定)が高い銘柄であり、また「サプライズ順」はサプライズ度に基づいた順番で決算情報を掲載しているものであり、記事に掲載されている各銘柄の将来の価値の動向を示唆あるいは保証するものではなく、また、売買を推奨するものではありません。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.