ログイン
米国株
2022年4月20日 12時20分
特集

「円高メリット」が11位、20年ぶり円安で逆風も明暗分かれる<注目テーマ>

★人気テーマ・ベスト10

1  メタバース

2  円安メリット

3  防衛

4  量子コンピューター

5  半導体

6  サイバーセキュリティ

7  再生可能エネルギー

8  木材

9  原子力発電

10  LNG

みんかぶと株探が集計する「人気テーマランキング」で、「円高メリット(円安デメリット)」が11位となっている。

円安が止まらない。米連邦準備理事会(FRB)がインフレ抑制に向けて積極的な利上げを行う姿勢を示している一方、日銀は金融緩和を継続する方針を維持していることから、日米金利差の拡大を見込んだドル高・円安が3月以降急速に強まっている。足もと外国為替市場で円相場は1ドル=129円台を突破しており、約20年ぶりの安値水準で推移している。

こうしたなか、株式市場では「円安メリット」が投資テーマとして高い関心を集めているが、その逆で円安が向かい風となる「円高メリット」への注目度も上昇している。円高メリット関連に位置づけられる銘柄ではニトリホールディングス<9843>の下げが目立っており、前日19日まで7日続落し年初来安値圏に沈む展開となっている。今期の想定為替レートは1ドル=115円としている。

円高メリット関連の主な銘柄としては、王子ホールディングス<3861>や日本製紙<3863>などの紙・パルプセクター、冷凍食品のニチレイ<2871>や日本水産<1332>のほか、日本航空<9201>やANAホールディングス<9202>といった空運株、東京電力ホールディングス<9501>や関西電力<9503>、東京ガス<9531>をはじめとする電力・ガス株など。このなか、空運株はコロナ禍からの経済正常化、電力株は原発再稼働期待の面でそれぞれ注目されることが多く、円高メリット関連株のなかでも明暗は分かれている。

出所:MINKABU PRESS

関連記事・情報

  1. 米決算の勘所を探る、NYダウはFOMC後に向け浮揚力取り戻せるか <株探.. (04/19)
  2. 「半導体」が5位にランクイン、調整一巡から出直りの機が熟す<注目テーマ> (04/19)
  3. 「ディフェンシブ」が20位にランク、不透明感強く安全志向強まる<注目テーマ> (04/18)
  4. 「地熱発電」が20位にランクイン、開発に関するニュース相次ぎ関心高まる<注目.. (04/15)
  5. 成長路線ばく進中、23年2月期「最高利益予想」の珠玉株を追え! <株探トップ.. (04/18)
  6. 総会出席目的で100株投資、その裏に「勝ち馬に乗る」戦略あり (04/19)
  7. 武者陵司「“米国衰退論”誤りのみならず罪作り」 (04/19)
  8. 【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─利上げを恐れず、目先調整色の強い銘柄を拾.. (04/17)
  9. 【杉村富生の短期相場観測】 ─個別銘柄は好材料に素直に反応! 弱気は無用! (04/17)
  10. 雨宮京子氏【日経平均の下値模索再び、思惑錯綜の市場を読む】(1) <相場観特集> (04/18)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    【植木靖男の相場展望】 ─バリュー、グロース株の交互物色へ 市況
  2. 2
    個人投資家・有限亭玉介:製造業は買い?好業績&思惑ありの銘柄群【FISCOソーシャルレポーター】 特集
  3. 3
    上昇トレンドに乗る【高配当利回り】 39社選出 <テクニカル特集> 11月25日版 特集
  4. 4
    今週の【話題株ダイジェスト】 タカトリ、リボミック、ワクー (11月21日~25日) 注目
  5. 5
    7-9月期【利益倍増】企業はこれだ!〔第2弾〕 38社選出 <成長株特集> 特集
人気ニュースベスト30を見る
ログイン プレミアム会員登録
PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘または投資に関する助言をすることを目的としておりません。
投資の決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、JPX総研、China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
株探に掲載される株価チャートは、その銘柄の過去の株価推移を確認する用途で掲載しているものであり、その銘柄の将来の価値の動向を示唆あるいは保証するものではなく、また、売買を推奨するものではありません。
決算を扱う記事における「サプライズ決算」とは、決算情報として注目に値するかという観点から、発表された決算のサプライズ度(当該会社の本決算か各四半期であるか、業績予想の修正か配当予想の修正であるか、及びそこで発表された決算結果ならびに当該会社が過去に公表した業績予想・配当予想との比較及び過去の決算との比較を数値化し判定)が高い銘柄であり、また「サプライズ順」はサプライズ度に基づいた順番で決算情報を掲載しているものであり、記事に掲載されている各銘柄の将来の価値の動向を示唆あるいは保証するものではなく、また、売買を推奨するものではありません。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.