ログイン
米国株
2022年5月14日 9時30分
市況

富田隆弥の【CHART CLUB】 需給が最大の要因、チャートの転機をじっと待つとき

ナスダックS&P500に続き、NYダウも週足チャートが二段下げに入ってきた。NYダウは1月5日の高値3万6952ドルをピークに2月24日の安値3万2272ドルまで下げ、その後4月21日の3万5492ドルまで戻したが、5月になり2月の安値を割り込んでチャートは二段下げ入りし、12日時点で3万1228ドルと安値を更新中だ。二段下げの計算値はN波の3万0812ドル、V波の2万9052ドルだが、果たしてどうなるか。

◆ナスダックは、昨年11月の最高値1万6212ポイントから3月14日の安値1万2555ポイントまで下げ、その後3月29日に1万4646ポイントまで戻したが、4月に3月安値1万2555ポイントを割り込んで二段下げとなり、5月12日時点で1万1108ポイントと安値を更新している。ちなみに、ナスダックの二段下げの計算値はN波の1万0989ポイント、V波の1万0464ポイントが挙げられる。

◆このように米国株のチャートは調整入りを鮮明にしている。高値からNYダウは15.5%、ナスダックは31.5%と大きく下落し、テクニカル的にはいつ底打ちしてもおかしくない域に来ている。ただし、昨年までの上昇が超過剰流動性を背景とした「超金融相場」であったから、その反動では「需給の逆転」を意識せねばならない。

◆つまり、いまは「買い方が苦しく、売り方は有利」な状況で、これを打破するにはチャートの好転を待たねばならない。折に触れて急反発する場面もあるだろうが、少なくとも日足チャートで25日移動平均線を突破しなければ「買い方有利」とならず、先行き「三段下げ」のリスクも否定できない。

◆相場の最大要因は「需給」であり、ダウ理論の基本は「流れ(トレンド)に従え」である。日本株のカギを握るのは米国株であるから、いまはNYダウとナスダックのチャートの好転(あるいはセリング・クライマックス)をじっと待つところだろう。

(5月12日 記、毎週土曜日に更新)

情報提供:富田隆弥のチャートクラブ

株探ニュース

関連記事・情報

  1. 伊藤智洋が読むマーケット・シナリオ【週間展望】 5月15日版
  2. 来週の相場で注目すべき3つのポイント:米中小売売上高・米中鉱工業生産、パウ.. (05/14)
  3. 【植木靖男の相場展望】 ─反転攻勢待ったなしか?! (05/14)
  4. 今週の【早わかり株式市況】2週ぶり反落、波乱の米国株を横目に下値模索 (05/14)
  5. 「業界最大手」中小型株に進路を取れ、高ボラ相場で活躍期待7銘柄 <株探トップ.. (05/14)
  6. 5月に配当取りを狙える【高利回り】ベスト30 <割安株特集> (05/14)
  7. 億り人の今後の投資方針や注目指標、そして配当期待の銘柄は (05/14)
  8. 個人投資家・有限亭玉介:セル・イン・メイでも底強い動き?注目株をご紹介.. (05/14)
  9. レーティング週報【最上位を継続+目標株価を増額】(2) (5月9日-13日)
  10. 【今週読まれた記事】決算発表たけなわで“好悪材料”が上位独占 (05/14)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    話題株ピックアップ【昼刊】:INPEX、郵船、コーテクHD 注目
  2. 2
    今朝の注目ニュース! ★サンテック、エッジテクノ、エスケーエレなどに注目! 注目
  3. 3
    底堅さを見極めつつ、押し目狙いから改めて抵抗線突破のタイミングを探る動きに/オープニングコメント 市況
  4. 4
    三井松島HDは異彩の連続S高、超低PER・高配当利回りで海運株フィーバーに似た動き 材料
  5. 5
    メタバース空間を彩る次世代技術、躍動する「3DCG」関連株を追え <株探トップ特集> 特集
人気ニュースベスト30を見る
ログイン プレミアム会員登録
PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.