ログイン
2018年10月3日 19時30分
特集

Society5.0へ――超スマート社会目指す「シーテック2018」の見どころは <株探トップ特集>

―株式市場注目のキーワード目白押し、ローソン・コマツなど初出展も話題―

「CEATEC JAPAN(シーテック ジャパン)2018」が16~19日にかけて幕張メッセで開催される。例年、最先端の技術やサービスが紹介されることから国内外の関心は高く、昨年は667社・団体が出展し、15万人を超える来場者を集めた。今年も「IoT(モノのインターネット)」など、株式市場で度々話題となるキーワードが目白押しで、初出展企業を中心に注目しておきたい。

●今年のテーマ「つながる社会、共創する未来」

2000年に家電見本市としてスタートしたシーテック ジャパンは、16年に「最先端IT・エレクトロニクス総合展」から「CPS/IoTの総合展」へと大きく舵を切った。CPS(サイバーフィジカルシステム)とは、実世界(フィジカル空間)にある多様なデータをセンサーネットワークなどで収集し、サイバー空間で大規模データ処理技術等を駆使して分析・知識化を行い、そこで創出した情報や価値によって産業の活性化および社会問題の解決を図っていくことを指す。こうした概念を基盤として、CPS/IoTでつながりが深まる社会、新たにもたらされる未来を創り出す場へと生まれ変わっている。

19回目を迎える今年のテーマは、「つながる社会、共創する未来」を掲げ、あらゆる産業・業種の共創による超スマート社会の実現に向けて発信する「Society(ソサエティー) 5.0」の展示会と位置付けられている。「電子部品/デバイス&装置」「AIビッグデータ」「5G」「サイバーセキュリティー」の4つを注目テクノロジーに、「モビリティー/ロジスティクス」「スマートファクトリー」「スマートワーク」「エネルギー/スマートライフ」「フィットネス/ヘルスケア」「エンターテインメント」の6つが注目のインダストリ/マーケットとして設定され、出展する顔ぶれは多岐にわたっている。

●ローソンはウォークスルー決済など展示

見どころのひとつが、展示スペースが前年に比べて約2倍に広がる「IoTタウン」だ。IoTタウンは「社会課題を解決してSociety5.0を築く」を主題に、さまざまな産業のフロントランナーが集積する企画で、豆蔵ホールディングス <3756> やLIXILグループ <5938> 、アンリツ <6754> 、バンダイナムコホールディングス <7832> 、凸版印刷 <7911> 、三井住友フィナンシャルグループ <8316> などが出展を予定している。

IoTタウンで特に注目したいのが、ローソン <2651> 、イオンフィナンシャルサービス <8570> 子会社のイオンクレジットサービス、ライオン <4912> 、三菱地所 <8802> といった初出展企業で、モノとサービスが一体化したソリューション・サービス(B2B2C)が展開される見通し。

例えば、ローソンはIoTを中心としたデジタル技術の革新でさまざまな新サービスを実現し、リアル店舗の特徴である“おもてなし”をより進化させた未来のコンビニエンスストアを紹介。具体的には、商品に付いているRFIDタグを読み取ることで、レジ打ちや金銭の受け渡しをせずに会計できる「ウォークスルー決済」や、顧客の購入履歴や嗜好、健康状況に応じてカスタマイズされた、作りたてでおいしい食事を提供する「調理ロボット」などを展示する。

ライオンは口臭に関する知見を活用して開発中の「口臭ケアサポートアプリ」プロトタイプ版の体験デモンストレーションなどを行うほか、三菱地所は「交わる=x(クロス)」をコンセプトに、「貸しオフィス」や「街・ビルを使った実証実験の提供」、企業同士が出会う場「ミートアップイベント」、「スタートアップと大企業のコラボレーション」などの取り組みを紹介する計画だ。

●コマツはスマートコンストラクションを紹介

また、「トータルソリューション」エリアにはコマツ <6301> とダイキン工業 <6367> が、「スマートファクトリー」エリアには立花エレテック <8159> が初めて参加する予定。コマツは建設現場に携わる人やモノ(機械、土など)に関するさまざまな情報をICT(情報通信技術)でつなぎ、建設現場の安全・生産性を向上させるソリューション事業「スマートコンストラクション」の最新の取り組みを紹介。ダイキンは「未来の空気」を目指したアイデアなどを説明するほか、立花エレテックは「近未来工場をコーディネート」と題して、複数メーカー装置の機械間通信(M2M)コントロールや拡張現実(AR)技術を利用した最新デバイスソリューション、人工知能(AI)画像センシングを展示する。

●富士通ゼ、新光商、三菱UFJにも注目

これ以外にも注目展示は多く、三菱電機 <6503> の次世代運転支援技術を搭載したコンセプトカー「EMIRAI4(イーミライフォー)」、富士通ゼネラル <6755> の身に着けて涼感が得られる「ウェアラブル冷却装置」、太陽誘電 <6976> の全固体リチウムイオン二次電池、新光商事 <8141> の空中に浮かんだボタンを非接触で操作できる「Alplay」、三菱UFJフィナンシャル・グループ <8306>デジタル通貨「MUFGコイン」など。

このほか、UKCホールディングス <3156> 、オプティム <3694> 、ユーザベース <3966> [東証M]、マクロミル <3978> 、サイバネットシステム <4312> 、CAC Holdings <4725> 、ロゼッタ <6182> [東証M]、石井表記 <6336> [東証2]なども関心を集めそうだ。

株探ニュース

株探トップ特集

いま最もホットなテーマを分析!

関連記事・情報

  1. 【高配当利回り銘柄】ベスト30 <割安株特集> 10月3日版
  2. “新4K・8K衛星放送”開始まであと2ヵ月、新時代幕開けで関連株は <株探トップ.. (09/29)
  3. 不動産市場が映す株式相場“変調の芽” <東条麻衣子の株式注意情報> (10/03)
  4. 高成長【始動】候補リスト〔第2弾〕 15社選出 <成長株特集> (09/30)
  5. 日経平均“新上昇波動”で注目の「トリプルメリット銘柄」リストアップ <株探.. (10/01)
  6. 「段ボール」が21位、大手の相次ぐ値上げ発表で関心高まる<注目テーマ> (10/03)
  7. 10月に配当取りを狙える【高利回り】ベスト30 <割安株特集> (10/02)
  8. 10万円以下で買える、2ケタ増収増益「お宝候補」20社 【2部・新興】編 <割安株.. (09/30)
  9. ラグビーW杯“追い風”予想以上、「ホテル関連株」に注目なワケ <株探トップ特.. (10/02)
  10. 大塚竜太氏【下期相場入り、復活の東京市場ここからの戦略】(1) <相場観特集>

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (9月13日発表分) 注目
  2. 2
    金融地殻変動で大相場突入!システム投資関連「超買い場の5銘柄」 <株探トップ特集> 特集
  3. 3
    9月配当取りを狙える【高利回り】ベスト30 「東証1部」編 <割安株特集> 特集
  4. 4
    【杉村富生の短期相場観測】 ─ 9月13日、18日が相場の転換日になる? 市況
  5. 5
    上方修正“先回り”、20年3月期【業績上振れ】候補 〔第1弾〕 <成長株特集> 特集
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.