ログイン
2019年3月20日 12時20分
特集

「元号関連」が8位にランクイン、新元号発表接近で“記念消費”にも関心<注目テーマ>

★人気テーマ・ベスト10

1 5G

2 サイバーセキュリティ

3 バイオテクノロジー関連

4 キャッシュレス決済

5 がん免疫療法

6 人工知能

7 防衛

8 元号関連

9 半導体

10 量子コンピューター

みんなの株式と株探が集計する「人気テーマランキング」で、「元号関連」が8位にランクインしている。

平成の次の新元号が発表される4月1日がいよいよ迫ってきた。この発表から、実際に皇太子さまが新天皇陛下に即位され新元号を公布される5月1日に向けて、“新元号フィーバー”となり、さまざまな分野での消費拡大に拍車が掛かりそうだ。この改元に伴い、新元号の記載が必要となる印刷物の更新や、コンピューターシステムの改修など直接的な特需に加え、国民的な慶祝ムードの盛り上がりが想定されるなかでの“記念消費”的な関連需要の高まりにも期待が寄せられている。

関連銘柄としては、改元に伴う書類などの更新需要が見込める印刷関連の凸版印刷<7911>、大日本印刷<7912>、共同印刷<7914>、光村印刷<7916>、共立印刷<7838>、野崎印刷紙業<7919>、図書印刷<7913>などがある。一方で、紙幣や硬貨に刻印する元号の変更などに伴い、通貨を認識するメカニズムの改修需要で恩恵が想定される日本金銭機械<6418>、グローリー<6457>、ムサシ<7521>にも注目したい。

また、IT・ソフトウェア産業でも「平成」から次の元号への改元に伴う需要が見込めそうだ。業務・組み込みソフト開発を手掛ける独立系SI会社のシステナ<2317>、クレジットカードなど金融系に強みを発揮するTIS<3626>、小売向けや地方銀行向けのITコンサルティング、システム構築などが好調のフューチャー<4722>、中小企業向けERPパッケージ「奉行シリーズ」を手掛けるオービックビジネスコンサルタント<4733>、請求書の印字など情報処理、発送作業の受託を手掛け、改元に伴いビジネスフォーム受注の増加が期待されるカワセコンピュータサプライ<7851>などにもビジネスチャンスが広がりそうだ。

更に、新元号に対する“あやかり婚ブーム”の到来が予想されるブライダル関連では、テイクアンドギヴ・ニーズ<4331>、IBJ<6071>、アイ・ケイ・ケイ<2198>、ワタベウェディング<4696>なども追い風が見込まれる。一方、記念イベント関連では、広告大手の電通<4324>、博報堂DYホールディングス<2433>のほか、ディスプレー業界大手の乃村工芸社<9716>、丹青社<9743>にも恩恵が及びそうだ。

出所:みんなの株式(minkabu PRESS)

関連記事・情報

  1. 「人材派遣」関連に再評価機運、4月からの法改正も追い風に<注目テーマ> (03/19)
  2. 「国土強靱化」が17位にランクイン、「東京2020」まで500日でインフラ整備に拍.. (03/15)
  3. 【元号】関連の銘柄一覧
  4. 画期的がん治療法「光免疫療法」に見えた光明と動き出す関連株 <株探トップ.. (03/19)
  5. 発車ベルが鳴り響く! 最強テーマで選ぶ材料株「上昇特急10銘柄」 <株探.. (03/16)
  6. 「半導体」が16位にランキング、米SOX指数は最高値に接近<注目テーマ> (03/18)
  7. 見逃された“あの株”に復活の風、3月期末は「1月決算」好業績株が舞う <株探.. (03/18)
  8. 利益成長“青天井”銘柄リスト【総集編】第4弾 46社選出 <成長株特集> (03/17)
  9. 【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ 春風相場の回復トレンドに乗る! (03/17)
  10. 【杉村富生の短期相場観測】 ─ 3分割ポートフォリオの構築を! (03/17)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    話題株ピックアップ【夕刊】(1):富士フイルム、日本光電、クスリアオキ 注目
  2. 2
    後場に注目すべき3つのポイント~新年度入り後に見える風景は? 市況
  3. 3
    NY株式:NYダウ690ドル高、新型ウイルス対抗ワクチンへの期待高まる 市況
  4. 4
    富士フイルムはアビガン期待で3連騰、上場来高値更新が視野に 材料
  5. 5
    ロックダウン前夜、対コロナ“重大局面”打破託す「テレワーク関連株」 <株探トップ特集> 特集
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.