ログイン
2019年5月14日 15時16分
材料

翻訳センター---19年3月期は2ケタ増収増益、売上高、利益ともに過去最高を更新

翻訳センター<2483>は10日、2019年3月期連結決算を発表した。売上高が前期比13.0%増の120.08億円、営業利益が同12.2%増の9.00億円、経常利益が同11.4%増の9.05億円、親会社株主に帰属する当期純利益が同11.2%増の6.30億円となった。売上高、利益ともに過去最高を更新した。

翻訳事業の売上高は前期比12.0%増の85.06億円となった。特許分野では、主要顧客の特許事務所からの受注が好調に推移し、企業の知的財産関連部署との取引も順調なことから、売上高は同13.7%増の21.39億円となった。医薬分野では、国内外の製薬会社からの安定した受注に加え、CRO(医薬品開発受託機関)との取引が順調に推移し、売上高は同5.5%増の28.97億円となった。工業・ローカライゼーション分野では、メディア総合研究所が連結対象に加わり、売上高は同21.6%増の27.25億円となった。金融・法務分野では、企業の管理系部署との取引が堅調なことから、売上高は同1.9%増の7.44億円となった。

派遣事業の売上高は前期比5.7%増の11.92億円となった。金融関連企業やITサービス関連企業、医薬品関連企業からの求人が順調に推移した。

通訳事業の売上高は前期比11.3%増の10.39億円となった。大手情報通信関連企業や医薬品関連企業、IR通訳案件などの受注が好調に推移した。

コンベンション事業の売上高は前期比36.3%増の6.77億円となった。「第8回太平洋・島サミット」、「第5回国際女性会議WAW!/W20」などの国際会議や「第49回日本人工関節学会」などの医学会案件の受託・運営が寄与した。

その他の売上高は前期比27.0%増の5.93億円となった。外国への特許出願に伴う明細書の作成や出願手続きを行う外国出願支援サービスが好調に推移したことに加え、メディア総合研究所のIT事業の売上が加わった。

2020年3月期通期の連結業績予想については、売上高が前期比4.9%増の126.00億円、営業利益が同14.3%増の10.30億円、経常利益が同13.8%増の10.30億円、親会社株主に帰属する当期純利益が同7.9%増の6.80億円を見込んでいる。

《SF》

提供:フィスコ

関連記事・情報

  1. 令和効果で復活の季節到来、薫風に乗る家電量販店&百貨店株を狙え <株探.. (05/13)
  2. 高成長企業を追う! 20年3月期【増収増益】リスト <成長株特集> 5月13日版
  3. 10万円以下で買える、財務健全&低PBR「お宝候補」25社 【東証1部】編 <割安株.. (05/10)
  4. 【杉村富生の短期相場観測】 ─ イノベーション(技術革新)が日本を救う! (05/12)
  5. 利益成長【青天井】銘柄リスト〔第2弾〕 32社選出 <成長株特集> (05/12)
  6. 【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ “プレミアム・サバイバル”の号砲が鳴る! (05/12)
  7. 雨宮京子氏【下値模索続く東京マーケット、転機と戦略を探る】(1) <相場観特集> (05/13)
  8. 【高配当利回り株】ベスト50 <割安株特集> (5月10日現在)
  9. 「スイッチ」遂に中国進出へ 果たして任天堂は買いか? <株探トップ特集> (05/11)
  10. 個人投資家・有限亭玉介:下半期に向けた注目株をチェック ~その1~.. (05/11)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    伊藤智洋が読む「日経平均株価・短期シナリオ」 (10月17日記) 市況
  2. 2
    今朝の注目ニュース! ★フェスタリア、カルタHD、三信電などに注目! 注目
  3. 3
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (10月16日発表分) 注目
  4. 4
    話題株ピックアップ【昼刊】:村田製、コロプラ、日本通信 注目
  5. 5
    人材関連にフォローの風、政策支援で急浮上するハイスペック銘柄を追え <株探トップ特集> 特集
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.