ログイン
2020年1月2日 10時00分
特集

植木靖男が斬る! 子年「有望株!」 <新春お年玉企画>

「NYダウ2万9000ドル突破の成否がカギに」

◆新秩序の構築を担う新しいリーダーが現れるか?

2020年の株式市場はどのような展開をみせるのであろうか。

新年はこれまで以上に難しい予測を強いられそうだ。19年を振り返ると、多くの市場関係者が見通しを誤ったようだ。なぜか。

株価は究極的には業績といわれる。だが、それ以前に政事(まつりごと=政治)がある。政事に振り回されて景気が左右され、業績や株価が動く。19年の予測違いは、明らかに政事、具体的には米中の覇権争いの動向を見誤ったのだ。

新年も、おそらく政事次第で株価は大きく乱高下しそうだ。ただし、今度は米中というより米大統領選挙を巡ってのそれではないのか。

新年の株価を大きな枠組みで年前半と年後半に分けて検討したい。相場の本質として、強気、弱気どちらにもそれなりの理屈がある。

仮に年前半高とみれば、その理屈は不透明感が強かった米中通商協議が、とにもかくにも合意をみせたことで、世界景気が半導体市況の底入れ感もあって回復に向かう。また、金融面からも米国は19年10月から短期国債を、月6兆5000億円のペースで新年4-6月期まで購入。つまり、量的緩和を再開する方針だ。金余りこそ株高の条件である。

一方、年前半は株価停滞とみる理屈は、株価上昇基調はすでに10年にもおよび、これ以上の騰勢は限界という見立てだ。株価を支える景気は、消費こそ堅調だが、製造業などのマクロ指標は弱いままだ。

さて、どちらの見通しが正しいのであろうか。どちらも筋が通っているようにみえる。上述した米大統領選挙もサプライズがありそうだ。不確定要因の最たるものだ。

新年に入れば、大統領選は熱を帯びてくる。古き秩序を破壊する役割を担ったトランプ氏は、WTO(世界貿易機関)や中東への関与からの撤退、世界各地に駐屯する米軍の撤退などを決行、それなりの成果はあった。だが、これから新たな自由世界の再構築を目指すには、それなりの役割を担う新しい大統領が必要である。「交代」ということになれば、それなりにサプライズであり、混乱が生じる。一時的にしろ株式市場への影響もありそうだ。

◆“相場に聞け”、新年早々の日米株価に注目

かくして、新年相場の予測はきわめて困難なものとなる。この答えのヒントは、いまの株価にあるようにみえる。

現状、米国株価は史上最高値圏にあり、なお上昇の余地もありそうだ。新年早々にも、騰勢を持続する NYダウ平均が2万9000ドルを突破することにもなれば、余勢を駆って新年前半を走り抜ける公算もあろう。日経平均株価ドル高・円安が伴えば、18年10月高値の2万4270円(終値ベース)を上抜き、前半にも2万5000円が視野に入ろう。

だが、NYダウの2万9000ドル到達が困難ということであれば、年前半はむしろ弱基調が続き、日本株もドル安・円高から2万円割れも瞬間的には考えられる。果たしてどうか。新年早々の米国、日本の株価を素直に受け入れることが肝要だろう。

ところで、年を通じて物色対象はどうみたらよいか。テーマでいえば、19年に引き続いて 自動運転IoTなどに欠かせない半導体関連。さらに、米中の覇権争いは宇宙領域での開発競争となる。

こうした分野のほかに、日本株は我が国での自然災害が懸念されることから、防災・減災関連国土強靱化策と相まって大きなテーマとなりそうだ。そこで、新年に折に触れ物色人気が集まりそうな銘柄を10銘柄ほどリストアップしてみた。

やはり、情報技術というテーマからは、ソフトバンクグループ <9984> だ。中国アリババの含み益は兆の単位だ。復活を期待したい。このほか、画像センサーで50%のシェアを持ち、各部門とも好調なソニー <6758>

自動運転で需要が増える積層セラミックコンデンサーを持つ村田製作所 <6981> コンデンサーでは世界トップだ。宇宙関連では、将来性豊かなキヤノン電子 <7739> か。また“光”で独自技術を誇る浜松ホトニクス <6965> も注目だ。

このほか、三井不動産 <8801>都市再開発が続く大成建設 <1801> も再上昇を期待。年後半、金利上昇期待で、いま構造改革中の三菱UFJフィナンシャル・グループ <8306> もサプライズがありそうだ。

また、新年では一貫して金価格上昇が期待されるとの予想から、SPDRゴールド・シェア <1326> [東証E]の押し目は拾いたい。

最後に、明星電気 <6709> [東証2]。宇宙、防災関連と2つのテーマを抱えるにしては株価があまりに割安すぎる、とみる。業績に火がつけば、株価の居所は大きく変わることになろう。

◆植木氏のお薦め「2020年ポートフォリオ10銘柄」

ソフトバンクグループ <9984>

ソニー <6758>

村田製作所 <6981>

キヤノン電子 <7739>

浜松ホトニクス <6965>

三井不動産 <8801>

大成建設 <1801>

三菱UFJフィナンシャル・グループ <8306>

SPDRゴールド・シェア <1326> [東証E]

明星電気 <6709> [東証2]

2019年12月27日 記

★元日~6日に、2020年「新春特集」を一挙、“26本”配信します。ご期待ください。

→→ 「新春特集」の記事一覧をみる

株探ニュース

植木靖男

相場展望
▶︎著者ページ一覧

関連記事・情報

  1. 村瀬智一が斬る! 子年「有望株!」 <新春お年玉企画> (01/02)
  2. 木村佳子が斬る! 子年「有望株!」 <新春お年玉企画> (01/02)
  3. 新年お年玉「中小型材料株」有望テーマで探す大化け候補“特選7銘柄”.. (01/02)
  4. 北浜流一郎が斬る! 子年「有望株!」 <新春お年玉企画> (01/01)
  5. 杉村富生が斬る! 子年「有望株!」 <新春お年玉企画> (01/01)
  6. 雨宮京子が斬る! 子年「有望株!」 <新春お年玉企画> (01/01)
  7. 初夢乗せる、上方修正【大予想】 37社選出 <新春特別企画> (01/03)
  8. 新年、10万円で買える好業績・低PBR・高利回り「お宝候補」【東証1部】編.. (01/04)
  9. 武者陵司「令和の大相場始動シリーズ(5) 2020年世界情勢の鍵、4つのパラダイム.. (01/04)
  10. 伊藤智洋が読む「2020年マーケット・シナリオ」 <新春特別企画> (01/03)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    27日の米国市場ダイジェスト:ダウ915ドル安、米感染者急増や消費信頼感指数の大幅低下で見通し悪化 市況
  2. 2
    話題株ピックアップ【夕刊】(1):富士フイルム、日本光電、クスリアオキ 注目
  3. 3
    ロックダウン前夜、対コロナ“重大局面”打破託す「テレワーク関連株」 <株探トップ特集> 特集
  4. 4
    NY株式:NYダウ690ドル高、新型ウイルス対抗ワクチンへの期待高まる 市況
  5. 5
    もみ合い継続、転換線と基準線が横ばい/日経225・本日の想定レンジ 市況
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.