ログイン
米国株
2020年4月5日 9時30分
市況

【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ 猛威振るう新型コロナ、投資家に対抗手段あるか?!

「猛威振るう新型コロナ、投資家に対抗手段あるか?!」

●米国の感染減速が市場回復の第一条件

日米株式市場は、米国の新型コロナウイルス拡大のペースダウン待ちになっている。欧州ではとんでもないペースで拡大を続けていたが、イタリアでようやく勢いが落ちてきているし、スペインも近くそうなる見通しであることから、株式市場にも下げ止まりの兆しが見えてきた。

しかし、米国はまだ拡大の途上、ここからどの程度増加するのかまったく読めない状況にある。この原稿を書いている時点では米国の感染者はすでに20万人を越え、1日午後の時点で少なくとも4900人が死亡したという。しかも感染者、死者ともに爆発的に増加中であり、考えただけでも恐ろしいことになっている。

そんな中で、日本は4月2日現在で、感染者数3495人、死者84人(クルーズ船乗客を含む)だ。これは、感染爆発を防ぐことに成功している韓国やドイツよりも驚くほど少なく、日本の対応策が非常に優れていると見てよい。しかし、一般的には日本の対応は極めてマズイということになっており、株式市場もなかなか回復できないのが実際だ。

こんな状況のため、やはり東京市場が本格的に回復に向かうには、米国での拡大ペースが落ちてくれることが一番となる。だが、残念ながらそうした状況になるメドがまったく立たないとなると、極論するなら新型コロナの猛威が続いても消費を従来通り続けたり増やしたりできる製品、サービスと関わりの強い銘柄への投資を考えたい。

●シーズンストックが突破口に

特に好ましいのは季節性の強い銘柄になる。当り前のことながら、いまは春が来ているのだから次には初夏、そして猛暑の夏へと変わっていく。つまり、昔からの投資格言「麦藁帽子は冬に買え」の実行であり、いまなら「麦藁帽子は4月に買え」になる。

お断りしておくが、季節性の強い銘柄といって、夏を過ぎて秋なんてことは考えなくてよい。あくまでも夏までを考えて選ぶと、次のような銘柄がある。

まずは、もちろんビール株だ。NHKの大河ドラマは「麒麟がくる」であり、私も毎回見ていることから、「麒麟」関連株でキリンホールディングス <2503> でよい。連想で今年はビールはキリンという人が増えるだろう。もちろん、アサヒグループホールディングス <2502> 、サッポロホールディングス <2501> でもよい。

夏が近づくにつれ、日々買ってしまうのが「お~いお茶」やその他のお茶類なので、伊藤園 <2593> も忘れてなるまい。正直私は好きではないが、 コーヒー好きなら缶コーヒーを飲むだろうからダイドーグループホールディングス <2590> になる。

そして、我が家では冬の間よく飲んだコーラのゼロカロリー。これからはますます飲むだろうから、コカ・コーラ ボトラーズジャパンホールディングス <2579> や北海道コカ・コーラボトリング <2573> [東証2]だ。

飲み物株ばかりが季節性が強いわけではない。他分野にも目を向けると、 エアコン世界首位のダイキン工業 <6367> を忘れてはなるまい。ダイキンは値がさ株なので、もっと手掛けやすい水準の銘柄なら、同じくエアコンに強い富士通ゼネラル <6755> がある。

業務用冷凍庫に強い大和冷機工業 <6459> 、同じく冷凍冷蔵庫に強いホシザキ <6465> 、フクシマガリレイ <6420> も株価が下げている現在の水準で逆張り投資をしておきたい。

春の次は必ず夏が来る!ってことをお忘れなく。季節性の強い銘柄があるんだってことも。

2020年4月3日 記

株探ニュース

関連記事・情報

  1. 【杉村富生の短期相場観測】 ─この局面での物色テーマ&有望銘柄を探る! (04/05)
  2. 解禁秒読み「オンライン診療」最前線株、“医療崩壊”阻止へ高まる注目 <株探.. (04/04)
  3. 【植木靖男の相場展望】 ─ 好材料にも目を凝らせ!! (04/04)
  4. すご腕投資家さんに聞く「銘柄選び」の技 内田衛さんの場合<最終回> (04/03)
  5. 高成長【始動】候補リスト〔第2弾〕 11社選出 <成長株特集> (04/05)
  6. 「テレワーク」関連が1位、新型コロナ対応でテーマ性高まる<注目テーマ> (03/31)
  7. 【今週読まれた記事】コロナ後の躍進見据え、なるか5G“復活高” (04/04)
  8. 今週の【話題株ダイジェスト】レオクラン、ビーマップ、すららネット (3月30日~4月3日)
  9. 伊藤智洋が読むマーケット・シナリオ【週間展望】 4月5日版(1) (04/05)
  10. 来週の相場で注目すべき3つのポイント:ファーストリテなど決算、二番底模索、.. (04/04)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    ★本日の【サプライズ決算】速報 (02月07日) 注目
  2. 2
    明日の株式相場に向けて=圧倒的強気ならばそれは備える時 市況
  3. 3
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (2月7日発表分) New! 注目
  4. 4
    ★本日の【サプライズ決算】続報 (02月07日) 注目
  5. 5
    話題株ピックアップ【夕刊】(2):大ガス、三菱UFJ、オリックス 注目
人気ニュースベスト30を見る
ログイン プレミアム会員登録
PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘または投資に関する助言をすることを目的としておりません。
投資の決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、JPX総研、China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
株探に掲載される株価チャートは、その銘柄の過去の株価推移を確認する用途で掲載しているものであり、その銘柄の将来の価値の動向を示唆あるいは保証するものではなく、また、売買を推奨するものではありません。
決算を扱う記事における「サプライズ決算」とは、決算情報として注目に値するかという観点から、発表された決算のサプライズ度(当該会社の本決算か各四半期であるか、業績予想の修正か配当予想の修正であるか、及びそこで発表された決算結果ならびに当該会社が過去に公表した業績予想・配当予想との比較及び過去の決算との比較を数値化し判定)が高い銘柄であり、また「サプライズ順」はサプライズ度に基づいた順番で決算情報を掲載しているものであり、記事に掲載されている各銘柄の将来の価値の動向を示唆あるいは保証するものではなく、また、売買を推奨するものではありません。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.