【円高メリット】テーマ

 テーマについて
銘柄
▽▲
2001(東1)
2002(東1)
2053(東1)
2060(東1)
2108(東1)
2109(東1)
2501(東1)
2502(東1)
2503(東1)
2670(東1)
株価
▽△
前日比
▽△
PER
▽△
PBR
▽△
利回り
▽△
1,889 -21
-1.10%
16.1倍 0.95倍 1.59%
2,235 -7
-0.31%
30.2倍 1.62倍 1.43%
1,176 -21
-1.75%
8.10倍 0.69倍 2.21%
178 -5
-2.73%
7.45倍 1.04倍 2.53%
1,786 -19
-1.05%
23.1倍 0.37倍 2.80%
2,904 -19
-0.65%
10.2倍 0.93倍 3.79%
2,457 +27
+1.11%
20.8倍 1.14倍 1.63%
4,319 +47
+1.10%
13.9倍 1.66倍 2.08%
2,439.5 +12.0
+0.49%
13.8倍 2.34倍 1.97%
6,240 +130
+2.13%
17.3倍 2.04倍 2.72%
アイコンの説明
…現値ストップ高
…現値ストップ安
…特別買い気配
…特別売り気配

【関連記事・情報】

円高メリットについて

「円高メリット」は、対ドルや対ユーロなどで円相場が上昇することでメリットが発生すること。例えば1ドル=100円だった円相場が、1ドル=90円となれば、海外からの同じ輸入商品が従来の1個100円が90円で買えることになる。
一般的にメリットを得るとされるのは、輸入業種で、原油、大豆、トウモロコシなどの輸入食糧、輸入家具、原料を輸入する紙・パルプ、輸入木材などがある。さらに、円高が進むと、海外旅行の費用が割安となるため、旅行会社や、航空会社のビジネスチャンスも広がるとされている。
ただ、円高でメリットを受ける業種は、上場企業を中心とした日本の産業界全般で見ると少ないため、一般的には「円高=株安」と判断されるケースが多い。