ログイン
2019年4月20日 6時30分
特集

【今週読まれた記事】2万2000円大台乗せ、連休明け高値期待も?

株探でその週によく読まれた記事を紹介する【今週読まれた記事】のコーナー、今週は4月13日から19日までの株探へのアクセス状況を元に人気の記事をご紹介します。

日経平均株価は週明け15日、ついに終値で2万2000円大台をクリア。4ヵ月ぶりの高値圏に到達しました。今週は米中の経済指標が良好だったことなどから日本市場もリスク選好の地合いとなりましたが、この流れは来週以降も続くのでしょうか。「ここから上げ足を更に速めるほど強気優勢を後押しする環境にはない」と分析するのは、今週の<相場観特集>で話を伺った第一生命経済研究所主任エコノミストの桂畑誠治氏。「大型連休に近づくにつれ持ち高を減らす動きが徐々に顕在化するパターンが考慮され、株価も軟化する公算が大きい」と想定しています。

一方、「外国人投資家の買い攻勢始まる、動き出した『物言う株主』 <株探トップ特集>」では、外国人の日本株買いの観測が強まり始めていることをリポート。「NYダウなどが最高値を視野に入れるとともに、日本株の出遅れ感が顕著となっている」ことを背景にして、ポートフォリオの日本株比率維持などを要因として外国人買いが見込めるとしています。この記事は多くの方に読まれ、アクセスランキング上位に入りました。

「今年も連休明け5月に高値を取りに行く可能性は十分にある。『令和』の始まりでご祝儀買いも加わるに違いない」と、連休明けの市場に期待を寄せるのは「富田隆弥の【CHART CLUB】 『5月高値まで押し目買い』」の富田氏。また、日経平均は5月で昨年高値から6ヵ月が経過し「高値期日」が到来することから、「『株を売って旅に出ろ』(セル・イン・メイ)というジンクスのタイミングになる」ことも指摘。それを踏まえて「連休明け高値」「それまで『押し目買い』の地合い」を予想しています。

“高値期日”については、大人気相場コラム「【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ 重荷となる期日接近、活路を開く個別物色」の北浜氏も言及しています。また、米中株高の要因について「武者陵司 『中国・米国の株価急騰、その要因と持続性』」の武者氏が詳しく解説を加えています。これらの記事を読むことで、より一層今後の想定がしやすくなるのではないでしょうか。

そのほか、相場コラムはすべての記事がランキング入りしています。どの記事もお見逃しなく。

【杉村富生の短期相場観測】 ─ 基本的に、個別物色の展開が継続する!

植草一秀の「金融変動水先案内」 ― 10連休・改元・米大統領訪日・参院選に消費税

桂畑誠治氏【遂に日経平均2万2000円突破、強気相場の行方は】(1) <相場観特集>

田部井美彦氏【遂に日経平均2万2000円突破、強気相場の行方は】(2) <相場観特集>

今週のランキングトップとなったのは、ビッグデータ人工知能(AI)IoTといった情報技術の革命を、基盤となる“半導体”というハード面から考察し、飛躍的な成長局面が生まれてきていると指摘した「新生『半導体関連』の覚醒、小型株“究極の5銘柄”疾風の上げ相場へ <株探トップ特集>」となりました。「半導体関連企業を取り巻く環境は足もと真っ暗」と解説しながらも、「グローバルな視野で半導体関連企業の“株価”は既に軌道を大きく変えている。これもまた事実である」と、インテル、アプライドマテリアルズ、エヌビディアなど世界をリードする半導体企業の株高は「“半導体悲観論”の呪縛から完全脱却したことを意味している」として、有望な関連銘柄を挙げて多くのアクセスを獲得しました。

続いて2位には「『5G』関連がランキング1位、商用化秒読みで47兆円の経済効果に期待<注目テーマ>」。「人気テーマランキング」でトップを独走する「5G関連」について、改めて詳しく紹介した記事が大人気となりました。

投資テーマ関連では以下の記事もランキング入りしています。まだお読みでない方はぜひご覧ください。

沸騰ニッポン! 新時代の波に乗る「デジタルサイネージ関連」主役株 <株探トップ特集>

「Society5.0」関連株始動へ、G20大阪サミット睨み国策の風 <株探トップ特集>

来週24日からの19年3月期本決算発表の集中期間を前に、“業績上振れ期待”のある企業を特集した記事が人気となっています。「好決算先取り! 20年3月期『最高益大復活』候補7銘柄に照準 <株探トップ特集>」「好業績続く“中小型株”、19年3月期【業績上振れ】候補〔第3弾〕 <成長株特集>」の2記事は、先週配信ながら上位にランクインしています。

また、終わったばかりの2月期決算発表から好業績企業をピックアップした記事も多くの方に読まれました。そのほか、定番人気の<割安株特集>もすべての記事がランクイン。銘柄選択にぜひご活用ください。

2月決算の“選ばれし株”、大幅増益予想で上昇機運に乗る『勝ち組銘柄リスト』 <株探トップ特集>

絶好調の20年2月期【最高益更新】リスト 33社選出 <成長株特集>

利益成長【青天井】銘柄リスト〔12-2月期〕 14社選出 <成長株特集>

まだ間に合う、4月配当【高利回り】ベスト30 <割安株特集>

【高配当利回り銘柄】ベスト30 <割安株特集> 4月17日版

注目が高まる【REIT】高利回りベスト30 <割安株特集> 4月17日版

10万円以下で買える、高進捗&低PBR「お宝候補」16社【東証1部】編 <割安株特集>

10万円以下で買える、高進捗&低PBR「お宝候補」18社【2部・新興】編 <割安株特集>

24日から5月15日までの決算発表集中期間は、通常配信している【サプライズ決算】を16時に<速報>、18時に<続報>の2本を配信します。なお、株探プレミアム会員向けには『サプライズ決算』を“超速報”として、15時15分と15時40分に配信します。引け後の材料をまとめてチェックできる定番人気記事「明日の好悪材料」と共にぜひ投資の参考にお役立てください。

【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (4月12日発表分)

【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (4月15日発表分)

【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (4月16日発表分)

【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (4月17日発表分)

【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (4月18日発表分)

★本日の【サプライズ決算】続報 (04月12日)

★本日の【サプライズ決算】速報 (04月15日)

★本日の【サプライズ決算】速報 (04月16日)

★本日の【サプライズ決算】速報 (04月17日)

★本日の【サプライズ決算】速報 (04月18日)

また、「会員限定コラム」や広告非表示、お気に入り銘柄登録無制限、20期の業績表示など、多くの魅力がある株探プレミアム会員専用サービスは30日間の無料体験ができます。この機会にぜひお試しください。

株探ニュース

関連記事・情報

  1. 今週の【話題株ダイジェスト】 環境管理、アクロディア、RPA (4月15日~19日)
  2. 【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (4月19日発表分)
  3. 決算シーズン“目前” 今週の上方修正【大予想】 28社選出 <成長株特集> (04/21)
  4. 利益成長【青天井】銘柄リスト〔12-2月期〕 14社選出 <成長株特集> (04/18)
  5. 【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ 令和に至るGWトンネル、その先に待つのは? (04/21)
  6. 【植木靖男の相場展望】 ─ “もうどうにも止まらない”相場か (04/21)
  7. 富田隆弥の【CHART CLUB】 「5月相場に期待膨らむ」 (04/20)
  8. 今週の「妙味株」一本釣り! ─ わらべ日洋 (04/21)
  9. 来週の相場で注目すべき3つのポイント:国内企業決算本格化、米GDP1-3月、GW前.. (04/20)
  10. 今週の【早わかり株式市況】3週続伸・2万2000円台乗せ、日米貿易協議の無難通過.. (04/20)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ 悪材一色の市場、芽吹く逆転の好材料 市況
  2. 2
    【杉村富生の短期相場観測】 ─ 意外に打たれ強い日本の株式市場! 市況
  3. 3
    急騰前夜、“電子書籍ルネサンス” 新章突入で「大化け期待の5銘柄」 <株探トップ特集> 特集
  4. 4
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (8月16日発表分) New! 注目
  5. 5
    個人投資家・有限亭玉介:決算を超えて監視した銘柄群を一部公開【FISCOソーシャルレポーター】 特集
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.