ログイン
2019年10月27日 9時15分
市況

【杉村富生の短期相場観測】 ─ 夏以降の「総論慎重」の方針を撤回する!

「夏以降の『総論慎重』の方針を撤回する!」

●リスク要因の多くが株価に織り込まれた?

経験豊かな皆さんには「余計なお世話」と言われそうだが、株式投資において肝要なのは現状を正しく認識し、リスク・マネジメントを徹底すること、これに尽きる。さらに、銘柄を絞り込む(基本は集中投資)のが勝者の条件である。

これによって、ショック安(予期せぬ出来事)に巻き込まれなくて済むとともに、波乱に対応が可能だ。すなわち、“大損”が避けられる。

夏以降、筆者は10項目のリスク要因を指摘し、全般相場はボックスゾーンの動き(総論慎重)で、銘柄勝負(各論強気)と主張してきた。しかし、これらのリスク要因の多くが株価に織り込まれたか、顕在化のリスクが10%以下に低下した、と判断する。

外国人は10月第2週には現物、先物ともに買い越しに転じた。外部環境の好転を評価したものだろう。 為替は、輸出企業の想定為替レート(日銀短観)の1ドル=108円65銭に迫っている。この水準を超える円安になると、輸出企業の業績悪化に歯止めがかかるだろう。

こうした状況のほか、テクニカル面(日経平均株価は節目を突破)を考慮、筆者が唱えてきた「総論慎重」のキャッチフレーズを変更する。すなわち、「総論強気」である。日経平均の次のターゲットはN計算値の2万3525円になる。

この節目をクリアした場合、いよいよ昨年10月2日の高値2万4448円に挑戦だ。これは、年内もしくは新春に奪回できると思う。

●この局面での狙い目の銘柄は?

もちろん、「銘柄勝負」の方針は不変だ。長期・逆張りでは青山財産ネットワークス <8929> [東証2]、スマートバリュー <9417> に続き、エー・アンド・デイ <7745> 、GCA <2174> を紹介銘柄に追加した。ロングランに狙える。

短期・順張りはどうか。やはり、半導体関連セクターの周辺が面白い。具体的には、栄電子 <7567> [JQ]、浜井産業 <6131> [東証2]、東洋合成工業 <4970> [JQ]、など。

このほか、全固体電池の技術を有し、トヨタ自動車 <7203> が大株主の三櫻工業 <6584> 、切り口多彩なSEMITEC <6626> [JQ]、アドテック プラズマ テクノロジー <6668> [東証2]などの値動きが抜群だ。nms ホールディングス <2162> [JQ]は動兆しきりである。

物色テーマとしては引き続いて、シェアリングエコノミー電線地中化を含めたバリアフリー、高齢化社会(多死、相続、事業継承)、5GEV&HV国土強靱化量子コンピューター、不動産テック、フィジカルインターネットなどに注目できる。

2019年10月25日 記

株探ニュース

杉村富生

短期相場観測
▶︎著者ページ一覧

関連記事・情報

  1. 今週の上方修正【大予想】 27社選出 <成長株特集> (10/27)
  2. 逆風下でも高成長! 7-9月期【増収増益】リスト <成長株特集> 10月25日版
  3. 【村瀬智一が斬る!深層マーケット】 ─決算本格化、買い戻し後押しする需給 (10/26)
  4. 【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ 待望の主力テーマ浮上、株高トレンド継続へ! (10/27)
  5. すご腕投資家さんに聞く「銘柄選び」の技 某OL(emi)さんの場合<第3回> (10/25)
  6. 欧州EVシフト加速待ったなし、車載2次電池関連に新たなる上昇旋風.. (10/26)
  7. 今週の「妙味株」一本釣り! ─ 応用技術 (10/27)
  8. 伊藤智洋が読むマーケット・シナリオ【週間展望】 10月27日版(1)
  9. 今週の【話題株ダイジェスト】 エーザイ、中村超硬、栄電子 (10月21日~25日)
  10. 【今週読まれた記事】“決算発表”&“次世代テクノロジー”に視線集中 (10/26)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    マスクを、人工呼吸器を――対コロナ最終兵器「3Dプリンター」関連株 <株探トップ特集> 特集
  2. 2
    明日の株式相場戦略=テレワーク関連の裏銘柄に出番か 市況
  3. 3
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (4月8日発表分) 注目
  4. 4
    株主優待“オフシーズン”に狙う、隠れ優良株「6銘柄」セレクト <株探トップ特集> 特集
  5. 5
    ★本日の【サプライズ決算】速報 (04月08日) 注目
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.