ログイン
2019年11月10日 9時30分
市況

【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ 年末高に向け続伸へ!華麗な回復トレンドのバトンパス

「年末高に向け続伸へ!華麗な回復トレンドのバトンパス」

●2つの懸念が株高要因に

本格スタートしている11月相場。期待以上の展開だ。9月から始まった回復トレンドを10月だけではなく、今月も順調に引き継いだ形になっている。回復トレンドというバトンの受け渡しがうまくいっていることになり、安心して売買に臨めるのは嬉しい限りだ。

東証1部市場だけでも年初来高値更新銘柄が200を超えるようになっているのも好ましい限り。それらの銘柄にここ一年で投資し、所有し続けている人は全員儲かっていることになる。

個人投資家の減少が懸念される中で、株で実は儲かっている。こんな投資家が多数いることになり、今後もその数は増えそうだ。目先、多少のブレはあっても、当面大きな下げに見舞われる可能性は低く、むしろ続伸する確率の方が高いからだ。

これまで繰り返し述べているように、いまは2つの懸念がセットになって株高要因を作り出している。

2つの懸念とは、

(1)安全保障上の懸念から中国の覇権拡大を阻止しようとする米国の強硬政策

(2)経済の失速を回避すべく、政策金利を思い切って引き下げている米国の金融緩和策

これらは、(1)があるから(2)があるという構図であり、皮肉なことにトランプ米大統領の強引な中国封じ込め策が、結果的には株高のベースになっていることになる。株式市場は、このような構図の中では金融相場となりやすく、資金に余裕がある機関投資家を中心に主力株が買われることになる。

●主力株を買い上げる余裕資金

しかも、いまは年末に向かうところ。当然、投資信託の設定が相次ぐ状況でもあり、ポートフォリオの組成に欠かせないトヨタ自動車 <7203> をはじめ、ソニー <6758> 、日立製作所 <6501> 、村田製作所 <6981> 、NTTドコモ <9437> 、三井不動産 <8801> 、日本電産 <6594> などが買われることになる。

何しろ収益低下が続くJT <2914> でさえ買われ始めているのだから、相当資金の余裕があると見てよい。

では、何を狙うか。前述した銘柄は引き続き投資魅力ありといえるが、それを注目銘柄に取り上げたのでは芸がなさすぎる。そこで、次のような銘柄を。

まずはディップ <2379> だ。求人情報サイト「バイトル」の運営で知られている。いまは就労多様化の時代。みんながみんな正社員になりたいわけではなく、自分の都合で働きたいという人も多い。そんな人たちのニーズに応えるサイトして利用者は増加を続けている。株価も緩やかな浮上が続くと見る。

羽田空港のターミナルビルで起きた水道トラブル。水道に塩分が混入していたとして断水処置が取られたことで、運営会社である日本空港ビルデング <9706> は急落すると見られたがほとんど下げず、むしろ上昇した。これは、同社株の強さを示すと見てよく、株は来年の東京オリンピック開催に期待して買われ続けていると考えられる。

9月、10月と勢いよく買われていた半導体関連株の多くは11月に入り急失速してしまった。しかし、すでに下げ止まり、中には再浮上の兆しを見せ始めている銘柄もあり、その中からアドバンテスト <6857> だ。半導体検査装置の需要はまだ回復しはじめたばかりなので、株価の回復もこれからが本番となろう。

私の大好き銘柄の一つである朝日インテック <7747> も、高値圏ながらなお上昇余力ありと見てよい。PTCA(経皮的冠動脈形成術)ガイドワイヤーに強く、米中で販売を伸ばしている。

お歳暮の季節が近づいている。お歳暮となると ハムなので、日本ハム <2282> もマークしておきたい。

最後に新興銘柄を。マザーズのラクス <3923> [東証M]だ。クラウド技術を活かし、伝票整理などに強く、特に「楽楽精算」「楽楽明細」が良く知られているが、なんといっても「ラクス」という社名がよい。一度聞いたら忘れないし、企業も仕事を依頼したくなる。そうすれば、自分たちが楽できそうなので。

2019年11月8日 記

株探ニュース

北浜流一郎

ズバリ株先見!
▶︎著者ページ一覧

関連記事・情報

  1. 【杉村富生の短期相場観測】 ─ 2万4448円(昨年10月高値)挑戦の動き! (11/10)
  2. 投資マネー大還流、晩秋の東京市場で目覚める「急騰モンスター7銘柄」.. (11/09)
  3. 利益成長【青天井】銘柄リスト 〔第2弾〕 30社選出 <成長株特集> (11/10)
  4. 「株探」の歩き方 ― (8)大化け期待の有望成長銘柄をチャートで探そう (11/08)
  5. 【村瀬智一が斬る!深層マーケット】 ─目先過熱警戒も、中小型株の修正リバウ.. (11/09)
  6. 逆風下でも高成長! 7-9月期【増収増益】リスト <成長株特集> 11月8日版
  7. 個人投資家・有限亭玉介:バイオ株と業績への思惑を見る個別株を公開.. (11/09)
  8. 【今週読まれた記事】見えてきた2万4000円、材料株物色意欲も旺盛! (11/09)
  9. 伊藤智洋が読むマーケット・シナリオ【週間展望】 11月10日版(1) (11/10)
  10. 来週の相場で注目すべき3つのポイント:日欧GDP、パウエル米FRB議長証言、中国.. (11/09)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    大相場への扉が開く、AI・IoT「倍騰株スーパーセレクション5」 <株探トップ特集> 特集
  2. 2
    ゼロから始める「株探」の歩き方 ― (12)株価急騰・急落の材料はこうして調べる 特集
  3. 3
    個人投資家・有限亭玉介:注目の急上昇株と反発期待の銘柄群【FISCOソーシャルレポーター】 特集
  4. 4
    来週の相場で注目すべき3つのポイント:日電産など決算、日銀金融政策決定会合、春節 市況
  5. 5
    為替週間見通し:ドル・円は伸び悩みか、110円台で顧客筋などのドル売り増加も 通貨
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.