ログイン
米国株
2021年1月5日 12時20分
特集

「半導体」が11位、コロナ禍でも5GとEVシフト追い風に成長<注目テーマ>

★人気テーマ・ベスト10

1 再生可能エネルギー

2 全固体電池

3 デジタルトランスフォーメーション

4 電気自動車関連

5 水素

6 洋上風力発電

7 2020年のIPO

8 非鉄

9 5G

10 人工知能

みんなの株式と株探が集計する「人気テーマランキング」で、「半導体」が11位となっている。

5日の東京株式市場は前日の米国株市場の急落を受けて売り先行で始まったが、押し目買い意欲は旺盛でその後は一貫して下げ幅を縮小し、前場中盤に一時プラス圏に浮上する場面もあった。全体相場の牽引役となった売買代金上位の主力株で上げ足が目立つのは東京エレクトロン<8035>、レーザーテック<6920>、アドバンテスト<6857>など半導体製造装置メーカーやSUMCO<3436>、信越化学工業<4063>など半導体素材を手掛ける銘柄だ。

前日の米国株市場で主要株価指数が揃って急落するなかにあって、エヌビディアやザイリンクス、アプライドマテリアルズなどの半導体関連の中核銘柄は高く引けるなど強さをみせている。新型コロナウイルスの感染拡大による経済活動への影響が世界的に懸念されているが、半導体市場に限っていえば少なくとも逆風とはなっていないことが分かる。半導体の国際団体SEMIによると昨年の半導体装置の世界販売額は前年比16%増の689億ドルと2ケタの伸びで過去最高を更新する見込みだ。高速通信規格5Gの普及を背景とした基地局投資やリモートワーク導入に伴うデータセンターの増設需要などが半導体需要を強く喚起している。今年も米国や中国を中心としてデータセンター向けで旺盛な投資需要が見込まれ、装置販売額は昨年比で4%程度の伸びが確保される見通しにある。

今月20日に就任するバイデン次期米大統領が環境インフラ投資に積極的な姿勢をみせていることもあり、今年は世界的にも脱炭素への取り組みが一段と加速する年となりそうだが、そうしたなか従来のガソリン車から電気自動車(EV)など電動車にシフトする動きも半導体産業に追い風となる。自動車がエレクトロニクスの塊と化すなかで、半導体の搭載量も飛躍的に増えていくことになるからだ。

こうした流れを考慮して、ファンド系資金など機関投資家は半導体関連株への投資意欲を改めて高めていくことが予想される。東京市場においても海外投資家を中心に漸次買いポジションを引き上げる動きが予想され、投資対象となる当該銘柄は必然的に株価の上昇トレンドに反映されていくことになる。

関連銘柄としては前述の東エレク、レーザーテック、アドバンテスト、SUMCO、信越化のほか、ルネサスエレクトロニクス<6723>、SCREENホールディングス<7735>、ディスコ<6146>、イビデン<4062>、富士電機<6504>、東京精密<7729>、新光電気工業<6967>、ローツェ<6323>などが挙げられる。また、中小型株では野村マイクロ・サイエンス<6254>、ラサ工業<4022>、日本電子材料<6855>、ホロン<7748>、アドテック プラズマ テクノロジー<6668>なども注目される。

出所:MINKABU PRESS

関連記事・情報

  1. 新春3大テーマを追う(3)再生可能エネルギー「環境新時代の牽引役として急浮上.. (01/04)
  2. 新春3大テーマを追う(2)EV 「“脱ガソリン車”へ本格発進で現実買い局面に」.. (01/03)
  3. 新春3大テーマを追う(1)新型コロナワクチン「欧米の接種開始で曙光射す」.. (01/02)
  4. 「電気自動車充電器」が24位にランク、EV普及の重要設備として注目<注目テーマ> (01/04)
  5. 「自動車軽量化」が17位、EV関連に注目集まるなか関心に広がり<注目テーマ> (12/30)
  6. 2021年の利益成長“青天井”ばく進、有力株リスト <新春特別企画> (01/03)
  7. 初夢乗せる、上方修正【大予想】 36社選出 <新春特別企画> (01/03)
  8. 北浜流一郎が斬る!丑年「有望株!」 <新春お年玉企画> (01/01)
  9. 杉村富生が斬る!丑年「有望株!」 <新春お年玉企画> (01/01)
  10. 新年お年玉「日本版GAFAMを狙う最強布陣8銘柄」 <新春特別企画> (01/02)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    上方修正“先回り”、22年3月期【業績上振れ】候補〔第1弾〕 <成長株特集> 特集
  2. 2
    【今週読まれた記事】波乱相場にチャンスを窺う! 大注目のEV関連 特集
  3. 3
    EVシフト恩恵を享受、国策買いで「充電設備」関連株は本格発進 <株探トップ特集> 特集
  4. 4
    今週の【早わかり株式市況】2週間で1700円安、オミクロン株とテーパリング前倒しを警戒 市況
  5. 5
    来週の株式相場に向けて=不透明部分残るも「陰の極」形成なるか 市況
人気ニュースベスト30を見る
ログイン プレミアム会員登録
PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.