ログイン
2021年1月7日 12時20分
特集

「5G」が9位にランク、総務省が基地局の整備目標を引き上げ<注目テーマ>

★人気テーマ・ベスト10

1 再生可能エネルギー

2 全固体電池

3 デジタルトランスフォーメーション

4 水素

5 電気自動車関連

6 2020年のIPO

7 新型コロナワクチン

8 洋上風力発電

9 5G

10 人工知能

みんなの株式と株探が集計する「人気テーマランキング」で、「5G 」が9位となっている。

総務省は昨年12月25日に、第5世代移動通信システム(5G)の基地局を2023年度末までに全国で28万局(当初の開設計画比4倍)以上を整備することなどを掲げた「ICTインフラ地域展開マスタープラン3.0」を公表した。昨年7月に策定したマスタープラン2.0では同年度末までの目標を21万局としていたが、携帯電話各社が今後10年間で5G基地局整備などにそれぞれ2兆円程度の投資を行う計画が示されたため目標を見直したとしている。

このほかマスタープラン3.0には、5G用周波数として1.7ギガヘルツ帯(東名阪以外)の追加や5G基地局整備などにおけるインフラシェアリングの推進、ブロードバンドのユニバーサル化などの検討、光ファイバー未整備世帯数を21年度末までに約17万世帯(18年度末は約66万世帯)に減少、光ファイバー と携帯電話ともに利用できない地域の早期解消も盛り込まれた。

5Gの全国展開を大幅に前倒しするとしていることから、コムシスホールディングス<1721>や協和エクシオ<1951>といった電気通信工事大手のほか、通信基地局のシェアリングなどを手掛けるJTOWER<4485>、5G基地局向け計測器を提供するアンリツ<6754>、5G基地局向けテスト装置を扱うアルチザネットワークス<6778>、5G対応アナログ光伝送装置などを手掛ける多摩川ホールディングス<6838>などのビジネス機会が広がりそうだ。

出所:MINKABU PRESS

関連記事・情報

  1. 脱炭素推進で「MaaS」関連株が本格始動、交通改革本番に狙える銘柄群 <株探.. (01/06)
  2. 「新型コロナワクチン」が8位、普及に向け関連需要増加の思惑高まる.. (01/06)
  3. 【5G】関連の銘柄一覧
  4. 新春3大テーマを追う(3)再生可能エネルギー「環境新時代の牽引役として急浮上.. (01/04)
  5. 新春3大テーマを追う(2)EV 「“脱ガソリン車”へ本格発進で現実買い局面に」.. (01/03)
  6. 武者陵司「2021年は短期、中期、長期、超長期循環上昇の起点になる」<前編> (01/06)
  7. 「半導体」が11位、コロナ禍でも5GとEVシフト追い風に成長<注目テーマ> (01/05)
  8. 「電気自動車充電器」が24位にランク、EV普及の重要設備として注目<注目テーマ> (01/04)
  9. 【高配当利回り銘柄】ベスト30 <割安株特集> 1月6日版
  10. 2021年の利益成長“青天井”ばく進、有力株リスト <新春特別企画> (01/03)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    話題株ピックアップ【昼刊】:国際石開帝石、野村、武田 注目
  2. 2
    上方修正“先回り”、21年3月期【業績上振れ】候補〔第1弾〕 <成長株特集> 特集
  3. 3
    話題株ピックアップ【夕刊】(1):イグニス、武田、日本製鉄 注目
  4. 4
    【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ 動揺続く株式市場、3月相場の突破口は"配当"にあり! 市況
  5. 5
    三菱UFJ、第一生命HDなど堅調、米10年債利回り1.6%台再浮上で株価刺激 材料
人気ニュースベスト30を見る
ログイン プレミアム会員登録
PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.