ログイン
2021年1月12日 12時20分
特集

「ドローン」が9位、規制緩和進み再脚光<注目テーマ>

★人気テーマ・ベスト10

1 再生可能エネルギー

2 半導体

3 全固体電池

4 水素

5 デジタルトランスフォーメーション

6 電気自動車関連

7 半導体製造装置

8 2020年のIPO

9 ドローン

10 洋上風力発電

みんなの株式と株探が集計する「人気テーマランキング」で、「ドローン 」が9位となっている。

ドローン は遠隔操作やコンピューター制御によって飛行することにより、人間が立ち入ることができない、もしくは危険の伴う場所などの撮影や点検・測量を可能とする。また、物流(配送)やセキュリティー(警備)などでも活躍が大いに期待されている。

プラント設備の老朽化などが懸念される日本では、経済産業省が昨年6月に「スマート保安官民協議会」を設置し同月には第1回会合を開き、12月には「スマート保安シンポジウム」を開催、インフラの点検など産業保安を担う切り札としてドローンが改めて脚光を浴びている。また、国土交通省では今夏にもドローンの飛行許可基準を緩和する見通しにある。高層ビル周辺での高さ150メートル以上の飛行は許可が不要となる方向で、人材不足に悩まされる建設業界にとって高層建築物の点検など大幅な省人化が図れることになる。

そうしたなか民間企業の動きが活発化している。空飛ぶクルマの開発で先頭集団に位置するスカイドライブ(東京都新宿区)は、輸送用ドローンを定額で貸し出すサービスを始める計画にあることが報じられた。更に直近では、楽天<4755>が三重県で、ドローンを使って離島に商品を配送するサービスを開始したことを発表し、注目を集めた。

今後も点検・測量や商品配送などでドローンの活用が加速していくことが予想される。ALSOK<2331>など警備保障会社も、今年はドローンを活用した警備の実験に積極的に取り組む構えをみせており、リアルセキュリティー分野でもドローンの存在は日増しに高まっていく可能性が高い。株式市場ではドローンをテーマにここ動意含みとなる銘柄が相次いでおり、投資マネーの食指を動かしている。

関連銘柄としてはドーン<2303>、ALSOK、イメージ ワン<2667>、菊池製作所<3444>、モルフォ<3653>、楽天、自律制御システム研究所<6232>、双葉電子工業<6986>、松屋アールアンドディ<7317>などが注目される。

出所:MINKABU PRESS

関連記事・情報

  1. ドローン関連相場始まる、「スマート保安」などで産業利用加速へ <株探トップ.. (01/09)
  2. 「テレワーク」が16位にランク、緊急事態宣言再発令による強力推進で改めて注目.. (01/08)
  3. 「5G」が9位にランク、総務省が基地局の整備目標を引き上げ<注目テーマ> (01/07)
  4. 脱炭素推進で「MaaS」関連株が本格始動、交通改革本番に狙える銘柄群 <株探.. (01/06)
  5. 【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ 東京市場は懐疑を裏切って上昇する! (01/10)
  6. 【杉村富生の短期相場観測】 ─ なぜ、日経平均株価、NYダウが7割強も急騰したのか
  7. 【植木靖男の相場展望】 ─ 地合いの好転こそ最大の好材料 (01/09)
  8. 高成長【始動】候補リスト〔第1弾〕 21社選出 <成長株特集> (01/11)
  9. 上方修正“先回り”、20年12月期【業績上振れ】候補 31社選出 <成長株特集> (01/07)
  10. 上方修正や前年同期から倍増などの好業績材料も ─ 和島英樹 (01/10)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    明日の株式相場に向けて=大型株一服も材料株は咲き誇る 市況
  2. 2
    今朝の注目ニュース! ★トランスG、フェニクスB、ワイエイシイなどに注目! 注目
  3. 3
    伊藤智洋が読む「日経平均株価・短期シナリオ」 (1月19日記) 市況
  4. 4
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (1月18日発表分) 注目
  5. 5
    15日の米株式市場の概況、ダウ平均株価は177ドル安と3日続落 市況
人気ニュースベスト30を見る
ログイン プレミアム会員登録
PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.