ログイン
米国株
2022年9月25日 12時08分
市況

伊藤智洋が読むマーケット・シナリオ【週間展望】 9月25日版

日経平均は週明け後、すぐに反発を開始するか否かで年末までの動き方が見えてくる

1. 本年の日経平均は年末までに3月の安値を目指す公算

図1は、 日経平均株価の年間の最高値、最安値の出現した場所を示しています。

上段が1950年から1989年までの50年間で、年間が陽線引けした年の最高値の出現した月、年間が陰線引けした年の最安値の出現した月です。

下段が1990年から2021年までの32年間で、年間が陽線引けした年の最高値の出現した月、年間が陰線引けした年の最安値の出現した月です。

以前より述べている通り、年間が陰線引けする年は、たいていの場合、6月までに年間の最高値をつけて、年の後半に年間の最安値を更新しています。

また、年間が陰線引けする年は、だいたい6月以降に年間の最安値をつけています。1950年から1989年では、年足が陰線引けした年で、6月の前に年間の最安値をつけた年が2回しかありません。1990年以降では一度もありません。

こちらはプレミアム会員専用記事です
この先をご覧になるには株探プレミアムへのお申し込みが必要です。
※プレミアム会員の方はログインしてください

関連記事・情報

  1. 来週の相場で注目すべき3つのポイント:米耐久財受注、中国PMI、グロースIPO5社 (09/24)
  2. 【杉村富生の短期相場観測】 ─利上げは来年早々に打ち止めか? (09/25)
  3. 【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─市場崩落にツレ安の中小型・有望株を仕込む! (09/25)
  4. 【村瀬智一が斬る!深層マーケット】物色はテーマ性ある材料株での値幅取りに (09/24)
  5. 半導体関連の反転はいつ~利上げ・円安相場の攻め方<その2> (09/23)
  6. S&P500は円安で最高値更新、VIX30超えは好機~利上げ・円安相場の攻め方.. (09/19)
  7. 利益成長“青天井”銘柄リスト【総集編】第2弾 33社選出 <成長株特集> (09/25)
  8. まだ間に合う、9月配当【高利回り】ベスト30「プライム」編 <割安株特集> (09/24)
  9. 【高配当利回り株】ベスト50 <割安株特集> (9月22日現在)
  10. 【今週読まれた記事】変貌する市場で噴火を待つ! 個別株戦略に活路あり (09/23)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    ★本日の【サプライズ決算】速報 (02月07日) 注目
  2. 2
    明日の株式相場に向けて=圧倒的強気ならばそれは備える時 市況
  3. 3
    ★本日の【サプライズ決算】続報 (02月07日) 注目
  4. 4
    話題株ピックアップ【夕刊】(2):大ガス、三菱UFJ、オリックス 注目
  5. 5
    任天堂、今期経常を7%下方修正、配当も13円減額 決算
人気ニュースベスト30を見る
ログイン プレミアム会員登録
PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘または投資に関する助言をすることを目的としておりません。
投資の決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、JPX総研、China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
株探に掲載される株価チャートは、その銘柄の過去の株価推移を確認する用途で掲載しているものであり、その銘柄の将来の価値の動向を示唆あるいは保証するものではなく、また、売買を推奨するものではありません。
決算を扱う記事における「サプライズ決算」とは、決算情報として注目に値するかという観点から、発表された決算のサプライズ度(当該会社の本決算か各四半期であるか、業績予想の修正か配当予想の修正であるか、及びそこで発表された決算結果ならびに当該会社が過去に公表した業績予想・配当予想との比較及び過去の決算との比較を数値化し判定)が高い銘柄であり、また「サプライズ順」はサプライズ度に基づいた順番で決算情報を掲載しているものであり、記事に掲載されている各銘柄の将来の価値の動向を示唆あるいは保証するものではなく、また、売買を推奨するものではありません。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.